サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しんでくれた
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 取扱開始日:2014/04/18
  • 出版社: 佼成出版社
  • サイズ:25cm/30p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-333-02650-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

しんでくれた

著者 谷川 俊太郎 (詩),塚本 やすし (絵)

「いただきますって、なぜ言うの?」食べることは、いのちをいただくこと。谷川俊太郎詩の絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】うし。しんでくれた、ぼくのために。そいでハ...

もっと見る

しんでくれた

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「いただきますって、なぜ言うの?」食べることは、いのちをいただくこと。谷川俊太郎詩の絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】

うし。しんでくれた、ぼくのために。そいでハンバーグになった。ぶたも、にわとりも、さかなも、いっぱいしんでくれてる…。人間は他の生きもののおかげで生きているということを伝える、谷川俊太郎の詩の絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

谷川 俊太郎

略歴
〈谷川俊太郎〉1931年東京都生まれ。詩人。詩集「日々の地図」で読売文学賞を受賞。
〈塚本やすし〉1965年東京都生まれ。絵本作家。主な絵本に「このすしなあに」「おでんしゃ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

これぞ食育。

2015/09/30 05:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こにへい - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常にシンプルで、端的。
なかなか説明できないことを、感覚で理解できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

谷川俊太郎氏の清冽な言葉が心に刺さる

2016/02/01 12:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題である「しんでくれた」という言葉が端的に表現するように、
他者の死を贖って生きる、命の業を、「感謝」という美辞だけで
はなく、「死」を直視することで、改めて心に響かせた作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人にも

2017/01/18 08:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こりえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷川俊太郎さんの絵本を探していて、タイトルにひかれて(というかびっくりして)興味を持った本です。子どもだけでなく、大人の心にも響く絵本ではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しんでくれた

2017/02/27 07:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名にまずギョッとする。本屋で見かけたらつい手に取らずにはいられない。
私たちがよく言う「いのちをいただいているんだよ」=しんでくれた。
谷川さんの言葉は優しいけれどズバッと心に深く刻まれるなぁー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

命をいただく

2017/04/24 20:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キム - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふだん食卓にならんでいる食べ物が、どれだけのいのちを犠牲にしてここまでやってきたか、子どもにもわかりやすく伝わる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/09 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/18 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/21 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/30 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/25 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/18 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/15 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/10 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/24 06:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/21 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る