サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 旅行・地図
  4. 絶対行きたい!日本の島旅 日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が教える

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

絶対行きたい!日本の島旅 日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が教える

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/18
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:24cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-81829-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
ガイド

紙の本

絶対行きたい!日本の島旅 日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が教える (PHPビジュアル実用BOOKS)

著者 加藤 庸二 (著)

今すぐ旅に出たくなる! 伝説や神々が息づく島、異国情緒あふれる島、日本の原風景が残る島…。日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が、個性豊かな島々をビジュアルに紹介する。M...

もっと見る

絶対行きたい!日本の島旅 日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が教える (PHPビジュアル実用BOOKS)

1,404(税込)

日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が教える 絶対行きたい! 日本の島旅

1,101 (税込)

日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が教える 絶対行きたい! 日本の島旅

ポイント :10pt / 紙の本より303おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今すぐ旅に出たくなる! 伝説や神々が息づく島、異国情緒あふれる島、日本の原風景が残る島…。日本の有人島をすべて訪ね歩いた写真家が、個性豊かな島々をビジュアルに紹介する。MAP、アクセス情報つき。【「TRC MARC」の商品解説】

豊かな自然、独特の伝統行事、とれたての味……、島旅のプロが個性あふれる島々を紹介。豊富な写真で見ているだけで楽しめる。
【商品解説】

著者紹介

加藤 庸二

略歴
〈加藤庸二〉フォトグラファー。わが国の「島」をテーマとする分野のスペシャリスト。クルーズ船、旅行会社の島旅講師等を務めるほか、TV、ラジオ番組等に出演。雑誌、新聞等でエッセイや写真を発表。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/10 17:54

投稿元:ブクログ

島が好きなので、タイトルと表紙に惹かれて。
行ったことのある島、行きたくなる島がたくさん!
次行く場所のヒントに。

2014/11/08 11:37

投稿元:ブクログ

同じ著者の「日本島図鑑」が有人島すべてをざっくりと紹介して「その存在を知る」手助けとなるのに対して、こちらは紹介数を絞り、複数の写真とそこに絡めた短めの文章で「島のイメージを膨らませてくれる」一冊だと思います。
一番印象に残ったのは与論島。
小さい頃、航空会社のCMでみた与論島はまさに絵にかいたような眩しいばかりのリゾート地でした。
そのキラキラした海辺の様子と、島の葬制や今もまだ残っているという風葬地、そのギャップのようなものに関心を抱きました。
昔、別のとある島で葬儀に参列する機会があって、そこでのしきたりにも面くらいましたが、「島」というところはそういう根付いた慣習が風化しづらい環境なのかもな…と思った次第です。

以下、今回読んでいて気になった島々。
★知夫里島(島根)→赤壁の断崖、見てみたい!
★佐久島(愛知)→一色地区の黒壁の家が立ち並ぶ町並みが美しい。塩害から守るためにタール塗りしているとのこと。
★黒島(長崎)→黒島天主堂(国指定重要文化財)!
★口永良部島(鹿児島)→温泉も気になるし、廃校を使った民宿に泊まってみたい!種子島や屋久島からも近いからそのうち行けるかな。
★硫黄島(鹿児島)→噴気で色づいた茶褐色の海!そしてやはり温泉。

2014/07/17 18:12

投稿元:ブクログ

日本の島々で暮らす人々の生活や文化、風景を旅人としての視点で見所を集めたガイド本。宮城県の田代島は、ネコの楽園。猫神様を祀る神社がありネコ好きとしては一度は訪れたい。香川県の直島は今個人情報漏れで話題のベネッセが生み出した現代アートの島。香川県の塩飽本島は水軍、海賊が住んだ島で船大工・宮大工・豪商の家々の建築の風情を見たい。長崎の五島列島の教会群、沖縄諸島や北海道など自然満載の写真を見てるだけで癒された。

国内旅行ガイド ランキング

国内旅行ガイドのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む