サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. スゴイカラダ あなたの健康を保つ驚くべきしくみ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スゴイカラダ あなたの健康を保つ驚くべきしくみ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/19
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:15×15cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5010-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

スゴイカラダ あなたの健康を保つ驚くべきしくみ

著者 北村 昌陽 (著)

あくびは何のためにある? 耳が遠くなるのは耳の中がハゲるから!? 日本を代表する46人の医学研究者とともに、カラダのスゴさ、奥深さを解き明かす。『日経ヘルス』掲載コラムを...

もっと見る

スゴイカラダ あなたの健康を保つ驚くべきしくみ

1,512(税込)

スゴイカラダ

1,512 (税込)

スゴイカラダ

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あくびは何のためにある? 耳が遠くなるのは耳の中がハゲるから!? 日本を代表する46人の医学研究者とともに、カラダのスゴさ、奥深さを解き明かす。『日経ヘルス』掲載コラムを単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

今私たちの身の回りは、ものすごい量の「カラダにいいこと」を伝える情報であふれています。
テレビ、新聞、雑誌、ネットメディアなどで、「驚きの○○効果」「△△で××を防ぐ」といったフレーズを見ない日はありません。
健康づくりの手だてに困ることはないわけで、ありがたいことではあります。
ただ、こんなふうに「カラダにいいこと」の情報が増えたことで、ちょっと困ったことも起きているように思えます。
情報があふれるほど、主役である「カラダ」の価値が、かえって実感しにくくなっているからです。
「カラダにいいこと」が真の効果を発揮するのは、その背後に「カラダを大事にする気持ち」があってこそです。
そして、なぜカラダが大事なのかを理解するには、カラダ自身に尋ねてみるのが一番です。
本書は、5年以上にわたって、日本を代表する46人の医学研究者などの専門家に取材を重ね、まとめました。
カラダは、自分自身をとても大切な、価値あるものとして扱っています。その姿勢が、内臓や神経、
ホルモンなどの働きぶりとして表れています。カラダのしくみそのものが、「カラダは大事だよ」と語っているのです。
どうぞ、カラダのすごさ、知恵深さをじっくりと味わってください。【商品解説】

目次

  • PART1食べるしくみ
  • 胃空腹のときにこそ胃は働く
  • 味覚お腹が空くと甘いものがおいしいワケ
  • おいしさ味の嗜好を決める四つの「おいしさ」
  • PART2調節のしくみ
  • 自律神経緊張するとドキドキするのはどうして?
  • ストレスストレスを感じると増えるホルモン
  • 体温調節最もコストのかからない暑さ対策は何?

著者紹介

北村 昌陽

略歴
〈北村昌陽〉1963年北海道生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。医療・健康ジャーナリストとして活躍。著書に「カラダの声をきく健康学」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

(о´∀`о)

2016/12/29 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルが『スゴイカラダ』で、インパクトがすごかったので、気になって読んでみました。(*´-`)中身は分かりやすく説明してあってよかったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ためになった

2016/09/22 08:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後まで「ほー!」と感心し通し。項目ごとにある図もすごくわかりやすくて楽しいです。自分の体と向き合って、動くこと、食べること、ひとつひとつ意識するようになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/24 21:32

投稿元:ブクログ

内容は悪くないんだけとな

字が小さい
あと先をめくりたいと思えない
興味がない訳じゃないんだけどな

これの子供向け絵本が出たらいいな〜

2014/12/25 23:04

投稿元:ブクログ

【Health】スゴイカラダ/北村昌陽/20141224(102/276)
◆きっかけ
・日経広告

◆感想
・体は働き者、高度なしくみが体内にはあることを実感。胃腸と睡眠の関係重要。

◆引用
・お腹がぐーっとなるのは胃腸の大掃除のサイン。強収縮。お腹の働きと良い睡眠は密接に関連。その鍵は胃を空にして寝ること。
・体の要求に耳を澄ませば、必要な栄養が美味しく食べられる。空腹は最高のソース(空腹でエネルギー不足のときには、脳内物質が作用して甘みの感受性が高まる。美味しく感じられ、食が進む。満腹になると、レプチンというホルモンが働き感受性が鈍る)

2014/07/28 16:57

投稿元:ブクログ

・人間の食嗜好には 生きる 動物共通の目的だけではなく 楽しむ 側面もある。 生理的、文化的、情報による、病みつき(人為的甘さで厄介)
・ストレスには、感謝とユーモアがきく。

2014/06/12 15:13

投稿元:ブクログ

人体は小さな宇宙であるって昔聞いたことが有りますが、まさしく神秘の世界。
その微妙なバランスの上に成り立っている仕組みの一端を垣間見せてくれます。専門家の話とイラストで分かりやすい説明です。
それにしても、本人の全くあずかり知らぬところでこんなに機能的に効率よく働いているなんて!カラダは偉い!

2017/05/11 15:16

投稿元:ブクログ

この本は健康情報誌『日経ヘルス』で2008~2013年の間連載されていたコラムをまとめたものです。人間のカラダのすごさを6つのパートに分け、胃や味覚、ストレス、心臓、唾液、しゃっくり、あくび、痛み、眠りなどカラダのしくみを、細かく47項目にわたってその
メカニズムを説明。イラスト付きで分かりやすい。
例えば「ミラーニューロン」について。何、それ?
これは脳の中にある「ものまね神経」とのこと。スポーツ観戦に夢中になっていると、無意識のうちに選手と同じように自分のカラダを動かしていることがありますよね。そんな〝なりきり状態″を作り出すのがミラーニューロンなのだとか。なぜ、そんな機能が必要?
どうやら私たちは、相手の表情や動きを自分に重ね合わせることで、相手の内面を読み取ろうとしているらしい。さまざまな人間関係のやりとりが、ミラーニューロンのような神経活動を介して、身体感覚をベースに成り立っている。私たち施術者にも活かせそうですね。
 健康になる最も重要なステップは、自分のカラダに関心を持つこと。細胞レベルで「カラダって、すごい」と教えてくれる一冊です。

医学読みもの ランキング

医学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む