サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文楽へようこそ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/18
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:21cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-310824-9
  • 国内送料無料

紙の本

文楽へようこそ

著者 桐竹 勘十郎 (著),吉田 玉女 (著)

人形浄瑠璃文楽の人形遣い、桐竹勘十郎と吉田玉女が贈る文楽ガイド。2人が解説する「私が好きな演目ベスト10」、文楽ゆかりの地案内、太夫・豊竹呂勢大夫と三味線・鶴澤燕三のイン...

もっと見る

文楽へようこそ

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人形浄瑠璃文楽の人形遣い、桐竹勘十郎と吉田玉女が贈る文楽ガイド。2人が解説する「私が好きな演目ベスト10」、文楽ゆかりの地案内、太夫・豊竹呂勢大夫と三味線・鶴澤燕三のインタビューなどを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

勘十郎&玉女の「文楽」案内本

文楽は、太夫、三味線、人形遣いが三位一体となって創られる舞台です。伝統芸能だから難しいと敬遠することはありません、とくに、まるで命が宿ったかのような人形の表現力には初心者でも自然と引き込まれていくことでしょう。
これは、その人形を遣う、桐竹勘十郎さんと吉田玉女さんという、良きライバルであり友人でもある人気のお二人が案内する今までにない文楽本です。
そのほか、太夫の豊竹呂勢大夫さん、三味線の鶴澤燕三さんといういまもっとも注目される技芸員のインタビューや、鶴澤清志郎さん(三味線)、吉田一輔さん(人形遣い)が案内する文楽ゆかりの土地案内、豊竹咲寿大夫さん(太夫)作の舞台裏コミックまで、まさに文楽初心者から文楽ファンも納得する、贅沢な内容。
また、文楽に関するニュースとして、玉女さんが2015年に二代目吉田玉男を襲名することが発表され、人間国宝で最長老の竹本住大夫さんが2014年春に引退することが話題となっています。これを機会に何かと注目されている文楽の世界をのぞいてみませんか。


【編集担当からのおすすめ情報】
人気を二分する勘十郎さんと玉女さんの出会いはなんと中学生時代。もう40年以上のつきあいになります。収録されたふたりの対談は、ライバルでもあり友人でもあるふたりの特別な?関係や厳しい修業時代を知ることができる貴重なものです。【商品解説】

著者紹介

桐竹 勘十郎

略歴
〈桐竹勘十郎〉昭和28年大阪府生まれ。平成15年に、三世桐竹勘十郎を襲名。日本芸術院賞受賞。
〈吉田玉女〉昭和28年大阪府生まれ。吉田玉男(人間国宝)に入門、吉田玉女と名乗る。国立劇場文楽賞文楽大賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

次代を担う2人

2015/11/17 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:円月堂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在を代表する人形遣いの両氏が、文楽との出会いから今までの歩み、そして芸論を語ってくれています。
それぞれがお気に入りの作品をランキング形式で示してあったりして、それもまたうれしい。
文楽入門書には最適です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/20 23:27

投稿元:ブクログ

文楽好きな人には宝物のような一冊。勘十郎さんと玉女さんの対談、そして呂勢大夫さん・燕三さんのインタビューには本当に痺れる。まだ文楽の魅力に触れたことのない人にはとっかかりにおすすめ。知らないなんてもったいなさすぎる!

2014/03/10 07:55

投稿元:ブクログ

吉田玉女さんが玉男襲名へ 文楽の人形遣い - 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020401001998.html

小学館のPR
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093108249

2014/06/20 00:04

投稿元:ブクログ

人気の人形遣い桐竹勘十郎が同い年の吉田玉女と共著で文楽の世界を紹介します。二人があげる演目マイベストテンがオススメです。演者の目線で好きな演目の見所や難しさを語っておられるのが新鮮で、とても参考になりました。今後の抱負を聞けたのもよかったですね。

2015/03/15 00:35

投稿元:ブクログ

歌舞伎だけでなく文楽をもっと見たい。
義太夫と三味線、足左主の連動!
ゆかりの名所情報、大阪出張多い時期に知りたかったな。

伝統芸能 ランキング

伝統芸能のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む