サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

落書きに歴史をよむ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/20
  • 出版社: 吉川弘文館
  • サイズ:19cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-642-05775-2
  • 国内送料無料

紙の本

落書きに歴史をよむ (歴史文化ライブラリー)

著者 三上 喜孝 (著)

今も各地の古寺に残る、参詣者や武士らの「落書き」。彼らはその文字にいかなる思いを込め、なぜそこに書き記したのか。山形県・若松寺観音堂などの「落書き」から、社会と向き合う人...

もっと見る

落書きに歴史をよむ (歴史文化ライブラリー)

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今も各地の古寺に残る、参詣者や武士らの「落書き」。彼らはその文字にいかなる思いを込め、なぜそこに書き記したのか。山形県・若松寺観音堂などの「落書き」から、社会と向き合う人々の心のありようを歴史的に考える。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 落書きは歴史資料になりうるか―プロローグ/落書きへのまなざし―歴史資料としての落書き(落書きを歴史資料として活用する/落書きを調査する 若松寺観音堂の落書き調査/「かたみかたみ」「あらあらこいしや」―落書きにみられる定型表現)/かたみとなれや筆のあと―落書きされた歌を追って(歌を書き付ける、ということ/「かたみの歌」の発見―落書きで広まった歌/ひとり歩きする「かたみの歌」―「かたみの歌」の展開/石に刻んだ「筆のあと」―「かたみの歌」の変容)/落書きにこめられた「祈り」と「巡礼」―落書きと信仰(仏堂に落書きされた「巻数」/落書きは海を渡る/落書きはなぜ書かれたか―巡礼と落書き)/人はなぜ落書きを書くのか ―エピローグ

著者紹介

三上 喜孝

略歴
〈三上喜孝〉1969年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。国立歴史民俗博物館准教授。博士(文学)。著書に「日本古代の貨幣と社会」「日本古代の文字と地方社会」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/03 13:16

投稿元:ブクログ

落書きは史料になりうるのか?という問いから始まり…。
いろいろ勉強になったんですが、
・落書きには型があるようだ
(現代でいう相合傘のマーク)
・和歌をお堂の壁に書きつけるのは結構一般的
(楠木正行が書きのこしたのって何で?って思っていたけど、武士には一般的だったらしいと分かり、納得した)
・紙に残されていない和歌も一般で伝えられていたものがあったらしい
などなど、新しいことを吸収できた。
文体も読みやすく、すらすらと読めた。

文献を参照、政治史や制度史という王道とは全く違う分野だけれど、落書きは文献と同等の「史料」であることは間違いなく、それを扱う研究者の姿勢が問われているというあとがきにはなるほどと納得させられた。

2014/09/28 16:03

投稿元:ブクログ

書きおくもかたみとなれや筆のあと我はいずくのつゆとなるとも
 作者不明

 唐突ながら、「プレカリアート」という言葉をご存じだろうか。「不安定な」を意味するイタリア語「プレカリオ」と、プロレタリアート(賃金労働者)を組み合わせた新語で、イタリアの路上に「落書き」されたことから広まったという。
 そんな逸話もあって、「落書きに歴史をよむ」という書名を見た瞬間、迷わず購入。話題は日本の中世と近世だが、落書きを歴史資料として活用し、当時の生活者の「心性史」をさぐる試みに共感した。
 当時の落書きは、仏堂や寺院から多く発見されている。しかも定型句があり、一つは、「かたみかたみ」。「かたみ」は記念のことで、掲出歌にもこの語がある。参詣の記念や祈りのほか、改修工事を担当した職人たちが、屋根裏などに自分の住所と名前を記念に書き付けていたのだ。
 さて、もう一つの定型句は、「あらあら恋しや」。「若もし(美少年)様」とセットで書かれることが多く、ここから、仏堂空間での男色の傾向が読み取れるらしい。
 また、和歌の落書きが多いことも特徴で、恋歌やお祝いの歌などが土器の内面に書き付けられていた。内側に書くことで、呪文のような役割も果たしていたらしい。
対照的に、よく見られる「いろは歌」は、土器の外面に書かれており、手習いや筆ならしであったこともうかがえるとか。
 ところで掲出歌は、各地で同時多発的に落書きされ、「つゆ」は「土」の例も見られている。作者は謎なので、これで新作ミステリーが書けるかもしれない。

(2014年9月28日付)

2014/05/27 08:32

投稿元:ブクログ

古くからの落書きは、特に16世紀後半から17世紀初めに33か所などの寺院巡礼をしていた人の大量の落書きがあるらしい!この落書きを通して当時の世相を知るということは知的好奇心を感じる。「かたみかたみ」「あらあらこいしや」の意味するものは・・・。そして詠み人知らずの歌が落書きを通して広まっていったようだ。それは単なる落書きではなく、時(年月日)、出身地、氏名を残す祈りの言葉でもあり、それが「かたみの歌」※を広めた理由でもある。一方「あらあらこいしや」は今でいう相合傘!人の本性は時代を経ても変わらない!また違醍醐寺の天井板に951年10月の竣工の直前の画工たちの落書きが多いというのも同じ目的なのだろう。
※「書きおくも かたみとなれや 筆のあと 我はいつくの つゆとなるとも」

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む