サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 「幸せ」の決まり方 主観的厚生の経済学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「幸せ」の決まり方 主観的厚生の経済学
「幸せ」の決まり方 主観的厚生の経済学 「幸せ」の決まり方 主観的厚生の経済学
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/19
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-13449-5
  • 国内送料無料

紙の本

「幸せ」の決まり方 主観的厚生の経済学

著者 小塩 隆士 (著)

他人の所得、格差意識、夫婦の役割分担、結婚、地域の所得水準、雇用、子供時代の貧困・虐待…。何が日本人の幸福感、健康感、生活満足度を決めているのか? 伝統的な経済学を超えて...

もっと見る

「幸せ」の決まり方 主観的厚生の経済学

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

他人の所得、格差意識、夫婦の役割分担、結婚、地域の所得水準、雇用、子供時代の貧困・虐待…。何が日本人の幸福感、健康感、生活満足度を決めているのか? 伝統的な経済学を超えて、日本社会の特異性と病理を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小塩 隆士

略歴
〈小塩隆士〉1960年生まれ。大阪大学博士(国際公共政策)。経済企画庁(現内閣府)等を経て、一橋大学経済研究所教授。著書に「効率と公平を問う」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/15 06:54

投稿元:ブクログ

レビューはブログにて
http://ameblo.jp/w92-3/entry-11849553126.html

2014/09/04 10:18

投稿元:ブクログ

人間は自分を他人または過去の自分と比較する事で幸せになったり、つらくなったりする。要するに、幸せは他人や過去の自分に対する嫉妬や優越感と裏腹の関係にある。本当に幸福になりたいなら、この比較をやめる事から始めるしかないのだろう。
何をもって幸せと感じるかは個々人によって異なるので集計には意味はない。が、主観的厚生分析には不公平を明らかにし、社会の病理を浮き彫りにする事が可能なので、政策にいかせるらしい。この「幸福を科学する」事には賛否両論があり、決着は永遠につかないような気はする。
全体的に感じるのは男より女の方が幸福度は高いという事かな。男は許されないが女は許される事が多い社会という事だろう。まさに「男はつらいよ」。結局は、隠遁生活がイチバンなんじゃないの?って気もしてくるが。
女性の場合、フルタイム<パート<専業主婦と幸福度が高い。というのは少々イガイ。これでは女性の社会進出は進まないだろうなとは思う。もはや働かなくてもよい相手と結婚するのは殆ど無理だし、だから結婚もしないし少子化も進む。
<本書で明らかになった事>(イガイ性はないかな)
 ・仕事が非正規雇用だと、不利になるのは所得だけではない
 ・卒業後に初めて就く職が、その後の人生に大きな影響を及ぼす
 ・貧乏な家に生まれると、その後の人生がかなり決まってしまう
 ・子供時代の虐待やいじめなどのつらい経験の影響は、大人になってからも消えない
 ・所得格差の大きな地域に住んでいるほど、幸せを感じにくい
 ・所得が低いほど、また所得が低下するほど、所得格差で気が滅入る

2014/09/09 19:04

投稿元:ブクログ

主観について社会学として評価するのが新鮮だった。女性の感覚についてはなんとなしに納得がいくところが怖い。定量化のアプローチは色々あるのだなと感心。

2016/04/20 19:48

投稿元:ブクログ

■自分が幸福だと思う度合いに、一体何が影響しているのかを調査データから明らかにしようとする経済学。統計的扱い含めてたいへん勉強になりました。

■主観的な相対所得と幸福度の関係がよみどころ。
男性は同窓生と比べて自分が裕福と思うよりも、貧しいと思うほうが幸福度への影響力が大きい。つまり優越感よりも劣等感のほうがつよく幸せに作用してしまう、ということですね。

■あとおどろきだったのは、日本の女性は、夫婦の所得のうち自分の所得割合が高いほど、結婚満足度が下がること。「パート主婦」という特殊なカテゴリがある日本は伝統的な役割分業を望ましいと考えているのかもしれません。

ちなみに、男女共働きが共産主義政策によって広まっている中国は逆。個人志向のつよいアメリカでも逆の相関です。
(小林)

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む