サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 野武士のグルメ 漫画版 1st

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

野武士のグルメ 漫画版 1st
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/19
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:21cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02553-0
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

野武士のグルメ 漫画版 1st

著者 久住 昌之 (原作),土山 しげる (画)

定年後の男が探し続ける“ひとり飯”“ひとり酒”の楽しみ。“食”への飽くなき欲求が詰まった垂涎のグルメコミック。『幻冬舎plus』連載に描き下ろしを加えて書籍化。【「TRC...

もっと見る

野武士のグルメ 漫画版 1st

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「野武士のグルメ 漫画版 1st」が含まれるセット商品

野武士のグルメ 2巻セット

野武士のグルメ 2巻セット

  • 久住昌之 原作
  • 税込価格:2,59224pt
  • 発送可能日:24時間

商品説明

定年後の男が探し続ける“ひとり飯”“ひとり酒”の楽しみ。“食”への飽くなき欲求が詰まった垂涎のグルメコミック。『幻冬舎plus』連載に描き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

久住 昌之

略歴
〈久住昌之〉1958年東京都生まれ。マンガ家、ミュージシャン。マンガ原作者、エッセイストとしても活躍。
〈土山しげる〉1950年石川県生まれ。漫画家。「喰いしん坊!」で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

野武士のグルメ

2015/08/11 15:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむりねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「孤独のグルメ」が好きな人ならきっと楽しめる、庶民が主人公のグルメ漫画。チェーン店のコーヒーショップではお目にかからないであろう不思議なメニューが取り上げられていたりして面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

孤独のグルメが好きならオススメ

2015/07/14 04:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kg - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ原作者の孤独のグルメとフォーマットは近いものの
孤独のグルメでは避けられてきた酒の要素が加わることで
食べるメニューの方向性も少し異なり新鮮さもあり
土山しげるの絵も作風にマッチしておりとても良かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待望の「孤独のグルメ」外伝

2014/03/30 18:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おおさか歩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久住昌之と土山しげる、という食の漫画最強の二人がタッグを組んだ「孤独のグルメ」の高年期編ちょいうべき一冊。いつも通りの食欲をそそる食べ物との出会いもさることながらリタイアした男の哀歓がにじむところは流石。座右におきたい漫画。次が読みたくて仕方ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みやすいけど・・・

2015/09/30 00:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケンジ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「孤独のグルメ」ファンとしては読んでみなければと思い購入。
ただ、やっぱり主人公のキャラとして、定年後のおじさんよりかは中年の井の頭五郎の方が共感というか、マンガに入っていけるかなー。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

イラッとする

2015/09/10 12:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の煮え切らない態度が読んでいてイラッとすることがある。
 しまいには「そこまで思っているなら直接言えば?」と言いたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/27 21:17

投稿元:ブクログ

「おかわり」という言葉が生まれたのは1800年代後半だし、御という美称をつけた言葉を、野武士が使ったとは思えないなあ。

2014/04/13 04:16

投稿元:ブクログ

タンメンは身体にいいのか…? ^^;

「おいしいと平仮名で書きたいおいしさ」というセリフがあるが、「うまい」「ウマい」「美味い」「旨い」も美味しさが違うだろうか。私の国語力では使い分けられそうにない。

2014/08/04 00:00

投稿元:ブクログ

孤独のグルメより枯れた感じが、またいい感じのグルメ漫画。ゴローちゃんと違ってお酒飲めるので食べる好みもまた違うってのも面白い。しかし土山しげる先生はダイナミックな食事シーンのイメージがあったけど、こんな風にも描けるのかと驚かされました。

2015/06/25 23:58

投稿元:ブクログ

「食の軍師」のようなコメディ路線かと思って手を出さずにいたが、さにあらず。「孤独のグルメ」路線で大満足のグルメ漫画でした。
普通の食べ物をこんなに味わい深く書けるってすごいです。

2014/04/14 00:05

投稿元:ブクログ

なつかしい感じの絵だったのと、なんだか話題になっている風だったので買ってみた。
完全におっさん漫画である。いや、おっさんエッセイをおっさんが漫画にしたというのが正しい。それなりにおもしろいと思う。
美味しかった!で終わるのが半分、物足りない、微妙、みたいなのが半分で、それには好感が持てた。なにより、店員や料理との心理戦、というかおっさんあるあるを描いているのがいい。そのおっさんあるあるに共感してしまうあたり、自分もおっさんなのかとちょっとヘコむ。
たぶん、原作のエッセイの方がおもしろいんだろうな、と思った。

2015/04/07 00:14

投稿元:ブクログ

孤独のグルメと違って過去の思い出話がメインの回もあるが基本的なモノローグは変わらず。
ヌルいラーメンのくだりは同情したくなる。

2014/11/24 22:22

投稿元:ブクログ

定年サラリーマン版孤独のグルメ。一人言や心の中での呟きが五郎ちゃん風。孤独のグルメ原作者✖︎極道めしの作画とうのが個人的にはツボ。

2014/10/26 12:02

投稿元:ブクログ

平日昼間のビール!!
うらやましい。

常に勝つわけではないのがいいですね。
トースト定食…実際にあるんやろうか。

2014/04/06 10:55

投稿元:ブクログ

原作:久住昌之、画:土山しげる漫画版野武士のグルメ を読んでみた。35年務めた会社を定年退職した主人公「香住 武」が、肩書きのなくなった第二の人生を自称「野武士」として「食」と対峙するという物語。

9月のとある平日に街中の公園側にある小さな食堂で夏の名残を感じながら食べる「焼きそば」と「ビール」。千葉の碁仲間との集まりの帰りに衝動的に泊まった駅前の民宿で食べた朝食のアジの干物。無性に食べたくなった何気ない街の中華屋さんのタンメン!などなど!!

タンメンなのであります!!!

定年後の男が探し続ける「ひとり飯」「ひとり酒」の楽しみが魅惑的に語られていく。原作の「久住昌之」はTV番組でも大ヒットした「孤独のグルメ」の著者としても知られているが、定年退職後の男を野武士とみたてて独特の食の楽しみの在りようを見事に表現してくれていますね。

「俺は今、タンメンが食いたいんだ!!」「最高、焼きそば&昼ビール」「スキヤキには白い飯が欲しくなる!!」(本著より抜粋)

本著を片手にひとり酒を飲みながらパラパラと第二の人生に思いを馳せるのも中々おつなものだなあ。

【Dance1988の日記】
http://d.hatena.ne.jp/Dance1988/20140404

2014/04/11 11:18

投稿元:ブクログ

同名エッセイのマンガ化?
(主人公のキャラクターは違う)

最後のトースト定食はなかった気がします。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む