サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クリオネのしっぽ
クリオネのしっぽ クリオネのしっぽ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生
  • 発売日:2014/04/25
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/187p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:978-4-06-218848-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

クリオネのしっぽ

著者 長崎 夏海 (著),佐藤 真紀子 (絵)

「スナフキンの歌の『小さな動物はしっぽに弓を持っている』って、どう思う?」「リボンをつけなくちゃっていうのもあったよ」「リボンならなんとなくわかるけど、弓っていうのはなん...

もっと見る

クリオネのしっぽ

1,404(税込)

クリオネのしっぽ

1,134(税込)

クリオネのしっぽ

ポイント :10pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「スナフキンの歌の『小さな動物はしっぽに弓を持っている』って、どう思う?」「リボンをつけなくちゃっていうのもあったよ」「リボンならなんとなくわかるけど、弓っていうのはなんか理解できなくて。武器?狩りの道具?」―中2の6月。学校は公共塾だと思うことにしてる。日本児童文学者協会賞受賞作家の最新作。【「BOOK」データベースの商品解説】

学校は公共塾なのだと考えることにしている-。他人を拒絶する美羽、喧嘩上等タイプの幸栄。中2の6月。浮いた者同士が出会い…。それぞれの現実を確かに生き抜く少女たちを描く。『朝日中学生ウイークリー』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

『バッテリー』のあさのあつこ氏が絶賛の青春小説。

中2の6月、美羽は、学校というところは友だちをつくったり、楽しく過ごすための場所ではなく、「公共塾」だと考えることにした――。

いじめの首謀者である水泳部の先輩に逆らい、暴力を振るったことで、浮いた存在になってしまった美羽は、転校してきたオールドファッションなヤンキー娘・幸栄に対し、「かかわりたくない」と強く意識しながらも、まるで空気を読まずにからんでくる幸栄との接点が、どんどん増えていく自分に気がつく。

夫から「お姫様扱い」されながらも、浮気され、家を出て行かれた母親が徐々に自立していく過程や、病弱な弟の世話に明け暮れるクラスメート・唯のむき出しの本心に触れながら、美羽自身も、自分だけの世界にとどまらず、世界と自分とのつながりに目を向けはじめ、そここそが輝いていることに気がついていく。

中学2年生特有の、あのもやもやとした時期を切り取った、どこかドライで、どこかリアルな青春小説。

『バッテリー』のあさのあつこ氏が絶賛!(以下、推薦文)
ここには、少女たちの生身がある。
彼女たちは脆くも美しくも繊細でもない。
それぞれの現実を確かに生き抜いている。それだけだ。
それだけなのに、美羽の唯の幸栄の存在が
荒々しく迫ってくる。想いがゆっくりと染みてくる。
こんなにも静かで激しい物語に初めて触れた。【商品解説】

著者紹介

長崎 夏海

略歴
〈長崎夏海〉1961年東京都生まれ。都立城北高校卒業。「トゥインクル」で第40回日本児童文学者協会賞受賞。他の著書に「長崎夏海の直球勝負」「ライム」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/12/09 18:14

投稿元:ブクログ

中1の時のある事件以来、中2の今もクラスで浮いた状態の酒井美羽。
教師たちを信頼することは出来ないし、友達だと思っていた子たちとは今は話もしない。まわりからは危険人物と見られているが、本当は静かに過ごしたいだけだ。唯一の友達の唯ちゃんはおっとりとマイペースの女の子。美羽の今の状態でも、態度は何も変わらない。
そんな状況で、しかも変な時期に、同じクラスに転入してきた小宮山幸栄(サッチ)。どうやら、近隣の中学で暴力事件をおこして、むこうの学校にいられなくなったから転入してきたらしい。そして、そういう喧嘩上等みたいなタイプに、美羽は目をつけられやすいのだ。


帯に、あさのあつこさんが「ここには、少女たちの生身がある。」と書いている。坪田譲治文学賞受賞。

2014/09/01 01:41

投稿元:ブクログ

危険人物扱いに慣れ、静かな学校生活を送る美羽。そこに、近隣の中学から不良少女サッチが転入してくる。
関わりたくないのに何故か気に入られているようで…

不器用に他人との距離を近づけていく美羽、宝塚っぽい容姿のためか、凛としたかっこいい少女の印象が強い。また、繊細で感受性豊な子でもあることが魅力。

2015/03/11 21:07

投稿元:ブクログ

坪田譲治文学賞受賞作品。

周りになじめず、クラスから「浮いた」存在である少女たちの友情物語。
問題児扱いされる美雨と、転校してきた不良少女のサッチーと、全然タイプの違う地味めな唯ちゃん。私は中学生のときこんなふうに孤高に生きられなかったなぁ。ちょっと羨ましい。

「みんな小さい生き物はしっぽに弓を持っている」
弓とは、誇り、希望、夢などの象徴。

2014/09/30 11:11

投稿元:ブクログ

手にとって読みたいと思う子どもが少ないであろう表紙、装丁が残念でならない。
人との距離の取り方って難しい。今の中学生はどうなんだろう。無理して何となくあてられた役を演じていたりしているのだろうか。
人は見かけとは違う。言葉にはできない心のなかで考えていること、行動のうらにある行動を起こす理由になったこと。ああ、そんなふうに感じていたんだあ、そうなことがあったんだあ、と少しずつわかりあえていく友だちがいるといい。すべてわからなくていいし、みんななかよしでなくていいから。

2016/02/14 23:48

投稿元:ブクログ

そうだ、中学生の頃の気持ちって、こんな感じだった。
目立ちすぎても地味すぎても苦しい。
鬱屈した日々の中にも、曇天の中から光差す神々しい景色に、
生きる希望を見出すような、女子中学生のリアルな気持ちの物語。

主人公は、中学2年女子中学生・美羽(みう)。
見た目の印象から、ケンカを売られやすく、いじめに耐えかねて、
ついに切れて、暴力事件を起こしてしまう。
たった1回の事件を機に、みんなに避けてしまわれた。

終始、美羽の冷めた視点で物語が進む。
鬱屈した感じの中にも、彼女の素直な気持ちが読み取れて、
暗さを感じず、するすると読み進めれる。

無垢、あどけなさ、素直さで、過ごせた小学生時代とは異なり、
他人のとの距離感が、苦しい中学生時代。
浮くか浮かないか、ボッチにならないか。
正義とか悪とかではなく、クラスの自分の存在場所が一番なのだ。
そう、多数決の論理。

経済的に、独り立ちできない年頃。
まして、最近の複雑な家族事情。
離婚、片親、兄弟姉妹、暴力、食生活。
多感で、純粋で、異性に興味が湧き、なおかつ、食欲旺盛な時期に、
どれだけ、中学生に寄り添えられるだろうか。

それは、やはり、同年代の友達しかできないのだ。
何か行動するでもない。
たった一人でも、聞いてくれる友達がいれば、立っていることができる。

地味な唯ちゃんとヤンキーなサッチ。
性格や行動、趣味も違うけれど、波長合う3人の結末が微笑ましい。
そして、破滅したと思われた真帆との交友再開の予感。

体調わずか2ミリメートルの、小さな小さなクリオネ。
見た目はかわいい。
けれど、小さくても獰猛。
凶暴な天使。

まさに、中学生みたいだ。
見えないしっぽ、それも弓という、威嚇しているみたいに。
そんな些細なことを話せることができたら、きっと光が差しくるんだ。
天使のはしごみたいに。

第30回坪田譲治文学賞受賞作

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る