サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

紫匂う
紫匂う 紫匂う
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/16
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218891-3
  • 国内送料無料

紙の本

紫匂う

著者 葉室 麟 (著)

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。藩校の秀才と謳われ、側用人にまで出世した笙平。澪と笙平は、かつて一度だけ契りをか...

もっと見る

紫匂う

1,674(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。藩校の秀才と謳われ、側用人にまで出世した笙平。澪と笙平は、かつて一度だけ契りをかわした仲だった。黒島藩を揺るがす政争の嵐の中、三人の想いは交錯する…。日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。直木賞作家の新たな代表作!【「BOOK」データベースの商品解説】

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太と、その妻・澪。そして、澪とかつて一度だけ契りをかわした、側用人の笙平。黒島藩を揺るがす政争の嵐の中、3人の想いは交錯する…。『室蘭民報』等連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

人妻の恋は罪でしょうか?

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。
二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。
すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。
側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。
今、ここで、心のままに生きられたなら――。

紫のにほへる妹を憎くあらば 人妻ゆゑに吾恋ひめやも

直木賞作家が描く、人妻の恋。
日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。
時代小説の新たな代表作。
全国17紙に掲載された大人気連載、ついに単行本化!【商品解説】

著者紹介

葉室 麟

略歴
〈葉室麟〉1951年北九州市生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者などを経て、2005年「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞しデビュー。「銀漢の賦」で松本清張賞、「蜩ノ記」で直木賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

惚れてまう

2014/07/31 13:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぶたろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

心がざわざわする始まりからの穏やかな夫のあたたかな心。それぞれの男のそれぞれの立場や性格が上手に対比されていて、終盤にはいつの間にかこちらも柔らかく包まれてしまっている。懐が大きい男の色気も感じるし、女性にオススメかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/29 02:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/07 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/07 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/14 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/05 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/23 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/07 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/27 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/11 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/02 03:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/02 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/27 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/06 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/05 08:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る