サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. やり直し・間違いゼロ絶対にミスをしない人の仕事のワザ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

やり直し・間違いゼロ絶対にミスをしない人の仕事のワザ
やり直し・間違いゼロ絶対にミスをしない人の仕事のワザ やり直し・間違いゼロ絶対にミスをしない人の仕事のワザ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/04
  • 出版社: 明日香出版社
  • サイズ:19cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7569-1689-1
  • 国内送料無料

紙の本

やり直し・間違いゼロ絶対にミスをしない人の仕事のワザ

著者 鈴木 真理子 (著)

メールを書く前に作戦を立てる、デスクを物置にしない、連絡メモに優先順位を書く、名刺は絶対切らさない…。仕事のトラブルや失敗を防止する77のノウハウを紹介する。【「TRC ...

もっと見る

やり直し・間違いゼロ絶対にミスをしない人の仕事のワザ

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メールを書く前に作戦を立てる、デスクを物置にしない、連絡メモに優先順位を書く、名刺は絶対切らさない…。仕事のトラブルや失敗を防止する77のノウハウを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

仕事をしていると、単純ミス、ケアレスミス、人為的ミスなどが多発する。そのため本当は簡単に短時間で終わる作業も、やり直したり、新たに作業が増えたりして全然仕事がはかどらない。そうらないようにするためのTips集。【商品解説】

著者紹介

鈴木 真理子

略歴
〈鈴木真理子〉1968年東京都生まれ。共立女子大学卒業。株式会社ヴィタミンM代表取締役。著書に「ビジネス文書&メールの基本」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

新社会人にオススメ

2015/09/29 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サンサン - この投稿者のレビュー一覧を見る

似たような本はたくさんありますが、この本は中々オススメです。心構え等が書かれている他の本に比べ、明日からでも使える日頃業務を行う上でのテクニック的なことがたくさん書かれています。新社会人の方にオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

受信トレイは5通まで

2014/09/28 09:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

この手の本を、本来なら読みたくはないのだが、少しでも効率
良くなるのであればという切実?なる思いが購入へと導いてしまった。

冷静に考えてみれば、ごく当たり前のことを順序立てて、丁寧に
教えてくれているだけのことなのだが、こういう基本的なことを
学ぶところが皆無になってしまっている現状では、貴重な存在
であると思う。

1.受信トレイは5通まで。
2.添付ファイルは本文を書く前に。
3.収納ポーチを活用する。
4.会話のネタは付箋に書く。
5.指示は6W3Hで聞く。

私が、即実行に移しているのは、上記の1~4(4はこれまでから
実践済)であるが、1,400円(税別)の投資の見返りとしては、
これだけあれば良しとしておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/21 14:35

投稿元:ブクログ

【No.186】「長文メールは読んでもらえない。メールの分量はスクロールしないで一度に画面に表示される程度に」「受信メールのトレイは5通まで」「デスクを物置にしない」「旬を過ぎた書類は捨てる」「言いにくいことは声で伝える」「自分の行動を見える化する」

2016/06/15 23:43

投稿元:ブクログ

添付ファイルは本文を書く前に添付してしまう、
ファイルは最初にコピーして、コピー先のファイルを開いて名前を変えてから作業することで元のファイルをうっかり上書きすること防ぐ、など、細かいけれど必ず役に立つアイデアがあるでしょう。
「やり直し・間違いゼロ」や「絶対にミスをしない」まではこの本の内容では無理だと思いますが、無理だからと読みとばしてしまうこと自体が「ミスは合ってもしかたない」と思っている甘さでもあります。
サラリーマンとしてではなく、フリーの研修インストラクターとして日々のミスに向き合う筆者らしい視点で書かれています。

2015/11/06 15:48

投稿元:ブクログ

システムエンジニア系の人が、アマゾンのレビューで結構酷評していた。
自分もその人の言う事は非常にもっともだと理解できるが、営業や一般事務的な業務には有効な対処法だと思った。

また、ミス防止をはじめてみると、仕事だけではなく考え方や生活スタイルまで変わります。
なぜなら何が問題が起きたとき、自分で下記決する力が着き、問題の原因を他責ではなく自責として捉えることができるようになるから。という言葉は耳が痛い。

指示は6W3Hで書け(When, Where, Who, Whom, Why, How, How much, How many)Tips36 
他人のチェック任せでは限界があり、厳しいビジネス社会を生き抜くことはできない Tips71
一度立ち止まって「なぜミスをしたのだろう」と要因を分析しなくてはきっと同じ失敗を繰り返す Tips72
ミスを防ぐには時間を作ることでもある。できた時間を本当に大事なことに使う Tips74
当たり前のことが強みになる Tips76
ミスをなくせばチャンスも神様がやってくる Tips77

2015/04/04 09:29

投稿元:ブクログ

書かれている内容は基礎的なことばかり。
そのレベルのことは実践していて当たり前。それでもミスがなくならないのは何でだろうという状況なので、少々期待外れ。
6W(Why, What, Where, When, Whom, Who)3H(How, How much, How many)は意識したい。

2015/07/25 09:36

投稿元:ブクログ

やりたいと思ったこと
42 自己判断すると危ない
57 10分前行動主義

鈴木真理子
http://www.vitaminm.jp/

2014/12/13 16:24

投稿元:ブクログ

当たり前のことが強みになる。当たり前とは、仕事を安心して任せられること、客先から信頼されること。
それには、少しでもミスを減らすことだ。
ミスを防ぐには、時間に余裕を持つこと。そのためには、やるべきことの優先順位を間違えないこと、集中すること。
すぐに着手できるもの、すぐに効果がでるものを優先すること。

2014/06/15 09:01

投稿元:ブクログ

ヒューマンエラーは発生すものという前提にたち、それをいかに発生させない仕組みを作るかに力点を置いた一冊。また、ミスの傾向は個々人によって異なることから、それぞれの傾向をつかみ、それにあった対策を取ることが必要と書かれている。

以下参考になった点

・メールは長文にすると読んでもらえないため、極力短文を心掛ける。

・書類は重ねずに立てる

・書類やものの住所を決め、出したら戻す

・文房具は一つずつ

・一週間に一日予備日を作る

・10分前行動

・優先順位の低い仕事は切り捨てる

以上

2014/06/15 23:22

投稿元:ブクログ

5〜10分で読めました。Tipsのタイトルを見れば分かるので読み易いですが、常識的なことばかりで。。。新入社員が読むビジネスマナー本としては良いのかも。

2014/08/20 17:08

投稿元:ブクログ

当たり前のことを当たり前に書いてあり、わたしが求めていた内容からは少し外れてしまっていた。反省。。
が、「当たり前のこと」を振り返るいい機会にはなったかな、と思う。

2014/07/05 22:48

投稿元:ブクログ

コピペで修正する時は印つける。

添付ファイルは先に添付。

書類の断捨離は小まめに。

日をあけて見直す。

とにかく見直す。

メモはとりまくる。

ときには出来ないと言おう。

早い段階での経過報告。

スキマ時間にやることリストを。

雑談も適度に。

ミスった時のリスクを把握する。

2015/02/28 21:11

投稿元:ブクログ

本の最終章に書かれている「ミスしない人の心構え」が最も重要。


ミスしない人はいない。
自分がどんなところでミスをするのかフィードバックをつける習慣が大切って言うのを最初に伝えれば良いのに。


細かいことがいろいろ書かれていますが、どれも小手先の話。


著者の経歴や経験もあまり書かれていません。
あくまでその著者が生み出した「ミスを失くす方法」です。


立ち読み程度で良いと思います。

2017/01/11 23:31

投稿元:ブクログ

指示した側もメモをする。
マネジメントということだろうか。

駅で待ち合わせをしない。ではどこで?

2017/02/12 20:00

投稿元:ブクログ

はがきや封筒をポストに投函し忘れることは多々あるため、「郵便物はポストまで手でもっていく」は、納得感のある対策と思いました。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む