サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. うた恋い。 1 超訳百人一首

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うた恋い。 1 超訳百人一首

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:21cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-066475-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

うた恋い。 1 超訳百人一首

著者 杉田 圭 (著),渡部 泰明 (監修)

31文字の和歌に込められた究極のラブ・ストーリー! 紫式部や在原業平、藤原定家らが詠んだ恋歌を、マンガやショートショート、超訳で紹介する。平安マメ知識付き。【「TRC M...

もっと見る

うた恋い。 1 超訳百人一首

1,026(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

超訳百人一首 うた恋い。

1,026(税込)

超訳百人一首 うた恋い。

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

31文字の和歌に込められた究極のラブ・ストーリー! 紫式部や在原業平、藤原定家らが詠んだ恋歌を、マンガやショートショート、超訳で紹介する。平安マメ知識付き。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

これはいい!

2015/10/30 15:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間関係から歌の意味をわかりやすく表現されています。
貞明夫婦が大好きです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良いと思います

2016/02/12 22:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honko - この投稿者のレビュー一覧を見る

きれいな絵の漫画なので読みやすいし楽しいです。百人一首を学校で習い始めるときにこれを読むことができたら良かったのになと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陽成院のキャラがいい。

2016/12/29 11:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

式子内親王と定家とか、紫式部の歌は有名だが、陽成院は百人一首の歌人の中でも、なかなかスポットライトのあたらない存在なだけにおもしろい。
藤原義孝も、日本史上も日本文学史上も重要な位置にある道隆よりマイナーなだけに、いい人物に目をつけてるなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/15 23:44

投稿元:ブクログ

短い歌の中にしっかりとドラマや情景が溶け込んでいる。短歌の世界を漫画にすることで親しみやすくなっている。百人一首やりたくなった。

2016/03/24 20:34

投稿元:ブクログ

この表紙、かなり恥ずかしいんですけど!
内容も表紙の期待通り。
百人一首をここまでしちゃうかとニヤニヤしてしまう。
イケメンの若者と美女たちが艶っぽく歌を贈り合う。
やんちゃな定家
策士の業平
捻くれ陽成院
儚げな義孝
無骨な道雅
少女漫画の王道ともいうような素直になれない彼彼女あり、身分差、立場での悲恋あり。
そして秘めたる想いも。
巻末のちょー訳の百人一首も楽しい。
やや大人しい訳だけど。
10代のころ、けっこう苦しんで覚えた百首。
でも、こうして訳を読んでニヤニヤできるなら頑張った甲斐あったな。

2015/05/10 17:55

投稿元:ブクログ

某デザイン系に強いマニアックな書店で、万葉集の英訳ピクチャーブックを見てから、百人一首が読みたくなってたところに、ちょうど出会いました♪

あっちにも、こっちにも、ありえな~いくらいのイイ男が出てきて、せつない歌を読みかけてくれちゃって、もう困っちゃいます(笑)

はるか昔の高校時代、あんなに苦労した百人一種の暗記も、このマンガがあればどんなに楽だったろうと思った、ふわふわさせられる一冊です。

2016/04/28 10:44

投稿元:ブクログ

百人一首の恋の歌を漫画にしたらこうなったという本。

ドキドキしながらいつも読んでいます。
個人的には道雅の話が一番好きです。
道ならぬ恋の物語はいつも美しいと思うもの。
現実ではこんな恋は出来ないですが、心の中では
そんな恋をしたいと思っています。

2016/05/14 08:47

投稿元:ブクログ

どの歌も素敵なものがたりに仕上がってますが
藤原義孝・源保光の娘の話が特に好きです
うたのやり取りだけで伝わらないこともある(ほんとにわたしのこと好きなの?)
人生にやり残したことがなく、悔いをなくしておきたい(自分の死期をわかってはったのかしら…)
中学の時、もっとがんばって百人一首の勉強しておけばよかったと思う漫画です

2016/02/09 07:57

投稿元:ブクログ

百人一首好きの子に「分かりやすいけど、百人一首をこんな風にしてほしくなかった…」と言われて読んだので、あんまり期待していなかったのですが…

実際読んだらとても良かったです。きゅんとしました。
1話1話は短いですが、設定や詠まれる和歌に歴史的文学的な深みがあり、切なくて心に残る話ばかりです。
歌人達についての知識も得られ、勉強にもなりました。

切ない系の読み切りの少女漫画がけっこう好きなので、私にはどんぴしゃりだったのかも。
でも色んな方におすすめです。

2016/09/19 09:49

投稿元:ブクログ

め・・・っちゃくちゃ、面白かった・・・!
もうなんやろう、買うて手元に置いておきたいくらい、面白かったーーー! 泣けるー!!!

(なんで泣くん)

一昨年くらいから娘が学校で百人一首をやりはじめて、また、去年の担任の先生が、毎日百人一首かるたを空き時間にやってくれてたのね。
そこで上位を目指したい娘は家でも練習を始めたのだけど、いつの間にか私も付き合っております。
娘がやっているのは百首ではなく五十首なんやけど(しかも学校から配布されたのは100均で売られているかるたやった・・・)(べつにかまわんけど100均で見かけたときはちょっと驚いた)、毎日一度は百人一首を読んでいると

「これ、おもろいなー・・・」

と、思っておりました。
娘と二人でやるので、どうしても私が歌を読んで娘が下の句を取る、ちゅう図式なんやけど、途中からどうしても参加したくなってくる・・・。

でも、読み終わってから取っても間に合わない。

誰かもう一人読んでくれたらいいのに・・・、と、思いつつ、お互いに歌をそこそこ覚えてきたため、最近は上の句の五文字だけを(私が)読んでお互いに取る、ちゅう方法になっております。
それでも娘には勝てない。

私は、歌が面白いなと思うだけで、かるた勝負に関してはあんまりなんも思わんからなァ・・・(笑)。かるたも神経衰弱も苦手

(ちなみに息子の学年はまったくやっていない)



ところで私は学生時代に百人一首を覚える機会も、かるた大会に参加する機会もなかったため(息子の学年を笑えないな)、ほんまにあの有名どころの歌を授業でチョロっと習ったくらい。

春過ぎて~、とか、ひさかたの~、とか、みかの原~、とか。

でもこうやって読むと、
「これってどういう意味なんかな?」
と、思う歌もあれば、
「すごい音がきれいやなあ」
と、思う歌もある。

後者に、特に惹かれる。
音というか、五・七・五・七・七で読んだときに、(素人目にも)すごいリズムちゅうかテンポがいいねん。
いわゆるミュージックと違って、音程やらはないはずなのに、歌うってこういうことか~、と、思ってしまう。
私は自分では絶対にこういうのは詠めないので、せめて「いい歌」と、されるものにどんどん触れていきたいな、と、思った。

ちなみに、私が現在百人一首をしていて、意味やバックグラウンドに関係なくリズムとして
「いいなあ」
と、一番思ったのは

「筑波嶺の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて ふちとなりぬる」

やったのだけど、たまたまこの本にこの歌に関する話が載ってて、めっちゃテンションあがったよー!
そうかー、こんな感じやったのかあ・・・! 一説やろうけどさ


まあ、要はさー、恋しいという気持ちがたくさんありすぎてどうしようもないから、川に乗って流れていっちゃって~、みたいな意味かと思ってたら、ちょっと違うみたい(笑)?

ちなみにどこらへんが好きかというと、やっぱり、「恋���つもりて」ってところ!?
「恋」とかいう言葉ってわりと新しいものかと思っていたので、へえ~、こんな昔からあったのか・・・、ちゅうのがファーストインパクトやったかな。

(ことごとく無知で恥ずかしい)

おそらく今、使っている「恋」と、この歌のそれは意味合いがいっしょやろうから、その「恋」がつもるっていう表現も

「く~~~!! 積もったか!!」

と、なるよねー。
溺れたり落ちたりするよりも、深いものを感じるー!
片思い臭がぷんぷんするー!!

さらに最終的には「ふちとなりぬる」っていうこのまとめ方! こまかい文法とか全然わかってへんけど、この終わり方好きなんだよな~! 「ぬる」っていうのが!!
もう、イマジネーションの話ね? むつかしい話は抜きでお願いね(笑)!?


そんなこんなで、この本も、百人一首も、めっちゃくちゃ面白い。
巻末の「超訳」も、もちろん面白かった。
個人的には「知るも知らぬも逢坂の関」の訳が

「軽っ!!」

と、爆笑してしまった。こんな、なんちゅうか、意味合いが薄い(失礼)ものに見えるような感じでも(ほんまスイマセン)、ここまで「それっぽく、高貴に」仕上げるなんて、それこそ技だよな~! やるなー、蝉丸・・・(笑)。

他にもその手の
「そんな意味合いのことを、わざわざ和歌にすんの!?」
ちゅうような歌もあって、それらの超訳はもれなく面白かった。

あのぅ、「ふくからに」ってのも・・・!
軽っ! っていうか、そんなノリで超訳!? ちゅう具合に、爆笑した。

かるたをやっているときからこの歌も読んでいていいリズムやなァ、なんて最初は思っててんけど、ハタと、

この
「むべ山風をあらしというらむ」
って、アレちゃうの。
嵐という字を山と風にわけて詠むっちゅうやつか。
へんとつくりに分けるなんやらいう技法・・・。

そんなん、漢詩になかったっけ!? ひー。ウロ覚え

漢詩 へんとつくり わける

とかって、グーグル先生に聞いても特にヒットしなかった・・・。笑
違うかったかなあ・・・。なんか、やった気がするんやけどなあ・・・。

まあいいや。

だってもう、まんがとしても大変大変大変大変、面白かってんもんー!
この、通い婚で一夫多妻制のこの文化、私は憧れるわ~!!

この時代は女性にとっては自由のない世界なのかもしれへんけど、それは千数年経った今でもさほど大差ないで。
それよりこのころは「通い婚」が主流なだけに、女性はそれまでのライフスタイルをさほど変えなくてもいいのでは? と、思ってしまう。

いつから、結婚したら夫の家に入らなあかん、世話をして当然って文化になっていくんやろう?


この時代は、(ただ思うだけの)恋愛が文化、と、書かれていたけれど、こんなの(失礼)が文化で雅な扱いになるなんて、さぞ他にすることがなかったんやろうね・・・(失礼)。
だから、待たされるばっかりの恋愛がつらくってつらくって、しょうがなかったんやろうなあ・・・。

たしかに、それは、イヤだ・・・(笑)。

恋愛は大事やけど、それが生活のすべてやったら困るわー。
あくまで生活していくための活力剤程度に恋愛したい。そう思うと、やっぱり現在の世の中のほうが幸せやな!

まあ、これはあくまで貴族だけの話なので、きっと私ら庶民の間では、このころも今も大差ない結婚生活やったんやろうけどな!

いかんせん直前に読了したのが「日暮旅人」シリーズで、やっぱりこっちでも「愛」について考えるところがあったので、この百人一首のように

「恋愛こそ、文化!」

と、どーんと前面に押し出しちゃう堂々とした感じが、すっごい、よかったわ。

ほんま、人でも物でも好きになるのにこ難しい理論とか、いらんやろ。


たまたまか、この巻には「振り回される男」が多く登場したので、そんなにイライラせずに読めた。
(源氏物語は大概イライラして読んだ口)

もちろん次巻もリクエスト済みですよ!
早く読みたい~!!


そんなこんなで、百人一首をやっているというたら、姉が教えてくれた本でした。
めちゃくちゃ面白いー。 何回いうねん
しかし姉は、いろんな面白い本を知ってるなあ・・・。

(2016.05.08)