サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

赤毛のアン 愛蔵版
赤毛のアン 愛蔵版 赤毛のアン 愛蔵版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18cm/363p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-218970-5
  • 国内送料無料

紙の本

赤毛のアン 愛蔵版

著者 L.M.モンゴメリ (作),村岡 花子 (訳),HACCAN (絵)

1964年から長年にわたり、講談社から刊行されていた児童書版の村岡花子訳のアン・シリーズ。「腹心の友」「おばけの森」「歓喜の白路」…。その美しく、生き生きとした日本語訳そ...

もっと見る

赤毛のアン 愛蔵版

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1964年から長年にわたり、講談社から刊行されていた児童書版の村岡花子訳のアン・シリーズ。「腹心の友」「おばけの森」「歓喜の白路」…。その美しく、生き生きとした日本語訳そのままに、総ルビ、美しい挿絵で、子どもから大人まで読みやすい愛蔵版ができました。【「BOOK」データベースの商品解説】

村岡花子の生き生きとした日本語訳に、総ルビ、美しい挿絵を付した、子どもから大人まで読みやすい「赤毛のアン」の愛蔵版。作者モンゴメリ生誕140周年を記念した書。【「TRC MARC」の商品解説】

りんごの白い花が満開の美しいプリンスエドワード島にやってきた、赤毛の孤児の女の子。夢見がちで、おしゃべり、愛情たっぷりのアンが、大まじめで巻きおこすおかしな騒動で、だれもが幸せに--。
 100年を超えて、世界中で愛されている女の子、アンとあなたも「腹心の友」になって!
 おばあちゃんも、お母さんも読んだ村岡花子の名訳をクラシカルな装丁でお届けします。

<小学中級以上大人まで・総ルビ>

*底本は、講談社青い鳥文庫「赤毛のアン」です。【商品解説】

著者紹介

L.M.モンゴメリ

略歴
〈L.M.モンゴメリ〉1874〜1942年。カナダのプリンス・エドワード島生まれ。08年「赤毛のアン」を刊行し、一躍人気作家になる。著書は「赤毛のアン」シリーズ10冊をふくめて21冊と詩集1冊。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/03 18:05

投稿元:ブクログ

買う前に注意!!!!

これは子ども向けの抄訳です!!

素敵な装丁にうっかり買うとがっかりしますので、
しっかり見極めてください!!
(うっかり、がっかり、しっかりが韻を踏んでる!)

青い鳥の豪華版だと納得して買うなら五つ星だと思いますが・・・

2015/04/20 21:52

投稿元:ブクログ

懐かしい。マシュウの温かさが、泣けるレベル。これも、完訳版じゃなかったのが、残念。村岡花子の訳だと完訳版はないのだろうか。他の人の訳で読みたくないのに。

2015/02/22 23:50

投稿元:ブクログ

あまりにも有名な小説なのに、ちゃんと読んだのは初めて。
普段小説はあまり読まないが、引き込まれる不思議な魅力のある本だった。世界中で長い間読まれている理由がわかった気がする。

2016/06/25 16:14

投稿元:ブクログ

大人になってから読んだら、マシュウの気持ちに近くなってしまう。アンが面白くてカワイイ。輝く湖水とか、大げさなネーミングもいつの間にか馴染んでしまった。
欲を言えば、アンとダイアナの会話で、お互いをアンタと呼ばすのだけ、変わってくれれば……。「アンタ、◯◯◯◯◯してくれて?」とか、なんか違和感。

大人向けの訳は未読だが、装丁買いしても良いと思える満足度。
大人向けの訳も、他の人の訳も、読んでみたい。

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む