サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 小説外務省 1 尖閣問題の正体

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小説外務省 1 尖閣問題の正体
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/08
  • 出版社: 現代書館
  • サイズ:20cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-5730-6
  • 国内送料無料

紙の本

小説外務省 1 尖閣問題の正体

著者 孫崎 享 (著)

日本の政治家・官僚は真の国益を考えているのだろうか。尖閣諸島をめぐる日中の内幕を、実在の人物を数多く登場させながら、これほど鮮明に分かりやすく読ませた本は、これまであった...

もっと見る

小説外務省 1 尖閣問題の正体

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の政治家・官僚は真の国益を考えているのだろうか。尖閣諸島をめぐる日中の内幕を、実在の人物を数多く登場させながら、これほど鮮明に分かりやすく読ませた本は、これまであったろうか!!【「BOOK」データベースの商品解説】

2022年、外交官・西京寺大介は、尖閣諸島の扱いで外務事務次官に真っ向から反対し、外務省から追い出されるか否かの瀬戸際にいた…。外務省元官僚によるノンフィクション・ノベル。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

孫崎 享

略歴
〈孫崎享〉1943年旧満州国生まれ。東京大学法学部中退。外務省入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002〜09年まで防衛大学校教授。著書に「独立の思考」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

小説 外務省

ジュンク堂書店那覇店さん

大反響を呼んだ「戦後史の正体」から2年、この本もやはり「みんな知っている」と思われていることを別角度から映し出すという意味で、事実を立体的に描き出しています。政治的に邪魔な人間を排除する「人物破壊」という驚くべき手法や、「ジャパン・ハンドラー」というものの存在など、表には出てこないけれど知っておきたい、一歩踏み込んだニュースの読み方が身につく良書です。

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

純粋な小説としてはちょっと

2016/03/13 23:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

孫崎氏のフォロワーとして彼の著書も何冊か読んでます。尖閣問題もなぜこの時期に突然出てきて騒がれているのか妙にうさん臭く感じていたので興味があり、小説という形態をとるこの本を手に取ってみました。色々とすっきりと納得のいく観点、すなわち『戦後史の正体』ですでにおなじみの「従米」か「自主路線」かの対立軸があり、尖閣問題再浮上は「従米」で、日米軍事同盟推進のための駒に過ぎないという位置づけで説明されており、理解しやすかったです。孫崎氏自身も登場し、割と重要な役割をはたしているところなどは笑えますが、その辺は「ご愛敬」ということで許せる範囲だと思います。
ただ、ドキュメンタリーではなく、小説という形の良し悪しには議論の余地があると思います。外務省の異端児、左遷を怖れず自分の意見を述べる主人公西京寺大介というキャラは魅力的で、一種のカタルシスを読者に与えるのですが、純粋に小説としてみた場合、ストーリー展開は今一だと思うし、結末も中途半端な終わり方のように感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ごっちゃ

2016/05/26 11:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは小説なのか?小説であってほしい。フィクションなのかノンフィクションなのかごっちゃになってしまう。
元外交官だったからこそかけた一冊であり、多くの大手出版社が出版を断ったからこそ現実感みたいなのを感じてしまう。
小説としては、筆者が作家ではないので拙さみたいなものは感じたが、内容は面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/04 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/10 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/25 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/20 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/11 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/26 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/05 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/10 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/01 06:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/13 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/29 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/20 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/21 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る