サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0217-23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 国語教科書にでてくる物語 1年生・2年生

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国語教科書にでてくる物語 1年生・2年生(ポプラポケット文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/04/01
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラポケット文庫
  • サイズ:18cm/284p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-591-13916-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

国語教科書にでてくる物語 1年生・2年生 (ポプラポケット文庫)

著者 齋藤 孝 (編著)

国語教科書にでてくるお話を、物語を楽しむためのヒントとなる解説を付けて紹介。1年生・2年生は、「いなばの白うさぎ」「まのいいりょうし」「きいろいばけつ」「きつねのおきゃく...

もっと見る

国語教科書にでてくる物語 1年生・2年生 (ポプラポケット文庫)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国語教科書にでてくるお話を、物語を楽しむためのヒントとなる解説を付けて紹介。1年生・2年生は、「いなばの白うさぎ」「まのいいりょうし」「きいろいばけつ」「きつねのおきゃくさま」などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

タヌキのじてんしゃ 東君平 著 9−14
おおきなかぶ トルストイ 再話 15−22
サラダでげんき 角野栄子 著 23−36

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/27 19:50

投稿元:ブクログ

この本は児童向けに国語力を高めるには授業が始まる前に教科書に載っている話を先に読んでしまってもいいし読めるなら他の学年の話を読んでしまってもいいというコンセプトで編まれたオムニバスです。自分は単に子供の頃読んだことある話が読めるかなと軽い気持ちで読みはじめた所、それ以上、予想外の読後印象を受けました。
まず、ひらがな中心の大きい文字で印刷されたシンプルで短い話ばかりなのでサッと読み終えるだろうという予想に反して読み進めるのに時間がかかってしまった。その理由はというと大人になって普段触れている重厚かつ詳細な物語群(小説、映画、マンガ、アニメ、あとすべらない話とか)に慣れすぎてしまいここに収められてる話の数々がシンプルすぎてゴリッと骨太、過激に感じ、こんな事が話になるのかと構造を隅々まで観察したくなってしまったというのがひとつ。(例えば笠地蔵で笠地蔵は6体なのに傘こが5個しか無かった時のドラムロール的ピンチ感を感じたりとか)

もうひとつはこの話、一年生が本当に理解出来るのか?この話のこの部分を読んで子供はどう感じるんだろう?という想像に時間をとられるという部分。
実際民話だったり童話だったりの超展開に俺がついていけず、は?何これ…というのを子供も飛ばされるのかいきなり受け容れるのか想像するのも面白く。
また、一年生向けの文章では平仮名中心なんだけど単語と単語や接続詞なんかの間をいちいち空けて記載する感じとか、まだ平仮名内のここからここまでが一つの言葉という知識がない前提の知能に対する気遣いを感じつつ、二年生向けの文章ではかなり普通の文体になっていながらここまでは漢字だけどこのレベルの言葉の漢字は使わないんだなー等と感じる所が多くゆっくり楽しめる本でした。
また、各お話の後に読み方のヒントを示す解説があって、「この話の意味は○○で○○の所が面白いですよね!」とバッチリ解説キメてくれる所も楽しかったです。

2015/03/28 18:18

投稿元:ブクログ

【図書館本】小学1・2年生の教科書に載っている話なのであっさりスッキリ。そして読みにくいwww
とても素直で綺麗でメッセージが直接的で、居心地が悪かった。リズム感のある話も多く、音読しても楽しそう。
懐かしい気持ちになった。

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む