サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/01/15
  • 出版社: 合同出版
  • サイズ:21cm/95p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7726-1110-7
  • 国内送料無料

紙の本

「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」 (合同ブックレット eシフトエネルギーシリーズ)

著者 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) (編)

東京電力福島第一原発事故から3年、それぞれの地域で被災者支援を実践していく環が広がっている。活動にかかわってきた当事者たちが、3・11以降の避難と帰還、賠償、被災者支援を...

もっと見る

「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」 (合同ブックレット eシフトエネルギーシリーズ)

702(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京電力福島第一原発事故から3年、それぞれの地域で被災者支援を実践していく環が広がっている。活動にかかわってきた当事者たちが、3・11以降の避難と帰還、賠償、被災者支援をめぐる実情と、政策的な課題を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

2年たっても、放射能被害は終わらない!

この本を読むと、こんなことがよくわかる!
■ 放射能災害が起きたのに、なぜ避難する権利が奪われてしまったのかがよくわかる
■ いまもつづく「避難」の理由がよくわかる
■ 被災者への賠償と社会的支援の実態がよくわかる。
■ 被災者を支援する「原発事故子ども・被災者支援法」の役割と課題がよくわかる【商品解説】

目次

  • 1章:3.11後の福島と20ミリシーベルト問題   
  • 2章:見捨てられた「避難」という選択肢 
  • 3章:「避難の権利」と賠償問題
  • 4章:「原発事故子ども・被災者支援法」の制定と意義
  • 5章:「原発事故子ども・被災者支援法」の課題

収録作品一覧

「帰還」促進政策下での「避難の権利」 満田夏花 著 6−24
放射能の線量基準−1ミリシーベルト基準はどこへ? 阪上武 著 27−48
「避難」の選択肢を切り捨ててきた「避難政策」 満田夏花 著 51−73

著者紹介

eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)

略歴
脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/15 23:45

投稿元:ブクログ

この本を制作した「eシフト」は、福島第一原発事故のような事態を二度と繰り返さないようにと誕生した市民ネットワークで、自然エネルギーの活用に向けての提案活動の一環として出版事業を行っている。本書は、福島原発事故から3年の月日がたち、いまだに多くの人たちが政府の余りにも不誠実な対応によって被爆し続けたり、避難生活による経済的、精神的苦痛を受けている実情を、活動に関わってきた当事者たちが、賠償問題や被災者支援も含め、政策的な課題を中心に紹介したものである。中でも、何かと例として取り上げられる、手厚い国家の保護や被災者の権利、健康に対する配慮などを定めた、旧ソ連のチェルノブイリ法との格差の大きさに愕然とする。

2013/08/21 13:57

投稿元:ブクログ

↓を見て、暗澹たる気分に、、、

合同出版のPR
「2年たっても、放射能被害は終わらない!

この本を読むと、こんなことがよくわかる!
■ 放射能災害が起きたのに、なぜ避難する権利が奪われてしまったのかがよくわかる
■ いまもつづく「避難」の理由がよくわかる
■ 被災者への賠償と社会的支援の実態がよくわかる。
■ 被災者を支援する「原発事故子ども・被災者支援法」の役割と課題がよくわかる 」

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む