サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 最後の撃墜王 紫電改戦闘機隊長菅野直の生涯 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最後の撃墜王 紫電改戦闘機隊長菅野直の生涯 新装版(光人社NF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/29
  • 出版社: 潮書房光人社
  • レーベル: 光人社NF文庫
  • サイズ:16cm/492p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7698-2542-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

最後の撃墜王 紫電改戦闘機隊長菅野直の生涯 新装版 (光人社NF文庫)

著者 碇 義朗 (著)

最後の撃墜王 紫電改戦闘機隊長菅野直の生涯 新装版 (光人社NF文庫)

1,037(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/10/31 06:27

投稿元:ブクログ

 その正確は豪放磊落、清廉潔白、腕白小僧。小さい頃は軟派ものといわれていたが、大戦末期には紫電改に乗り、三四三空のエースパイロットであった。
 周りの人からの逸話が、彼の外郭をつくっていくが、その内面は幾分かかけ離れたものであったようだ。敵機を撃つ為にギリギリまで肉薄するその特攻にも似た精神は、実は文学を愛し、平穏を好む青年だった。
 終戦の二週間前に亡くなった彼を思うと、目頭が思わず熱くなる。

2013/09/03 22:28

投稿元:ブクログ

菅野隊長がすごい人だったというのは分かるけれども。

戦争の犠牲者にでも仕立てたいのだろうか、この著者は。

私はそうは思わない。
菅野は自分でこの道を選んだのだ。

今の社会でも、こういう人はいくらでもいる。
戦争のせいではないのだ。私はそう思う。
だからこの隊長はすごいのだ。

2012/05/31 19:04

投稿元:ブクログ

太平洋戦争での海軍航空隊343空の菅野直氏の生涯を綴りながら、とりまく戦友達との青春を描いています。前半は、学生生活での交流、卒業時での開戦に伴い、一気に戦争色に変わり、紫電改を駆り終戦の匂いを感じつつ出撃していきます。戦争のノンフィクションでありながら、清々しさを感じます。

2012/07/25 23:44

投稿元:ブクログ

われらが角田市出身のエース。大胆不敵、傍若無人な軍人としての姿、中学時代では文学に傾倒する「軟派」な姿このギャップは面白い。某マンガでインパネを「バカヤロウ」と蹴飛ばし紫電改を生き返らせるシーンもあるが軍人としての姿はまさにそうだったのだろう。過酷な戦争という時代にありながらもさわやかさを持っているそんな人物であったのだろう。機会があればお墓へ伺いたい。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む