サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 子連れ防災手帖 被災ママ812人が作った

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子連れ防災手帖 被災ママ812人が作った
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/03/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:18cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-066621-1
  • 国内送料無料

紙の本

子連れ防災手帖 被災ママ812人が作った

著者 つながる.com (編)

震災に直面したとき、どうやってわが子を守ったか? 東日本大震災で被災したママたちの体験談を紹介し、それらをもとにした親子の防災対策をまとめる。支援プロジェクト「つながる....

もっと見る

子連れ防災手帖 被災ママ812人が作った

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

震災に直面したとき、どうやってわが子を守ったか? 東日本大震災で被災したママたちの体験談を紹介し、それらをもとにした親子の防災対策をまとめる。支援プロジェクト「つながる.com」の活動も紹介。〔「子どもを守る防災手帖」(2016年刊)に改題,増訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/23 21:09

投稿元:ブクログ

旦那と連絡がつかない。
水の確保に手を焼く。
避難生活では、栄養分が不足し、唇が割れる。
(↑栄養補助剤の準備を)
抵抗力の低下による感染症にも注意したほうがいい。

2015/02/09 22:42

投稿元:ブクログ

避難所は生きる最低限のものしかないっていうのはなってみるとストレスだらけなんだなと思った。生理用品やオムツが無い状態じゃまともに行動できないどころか健康が脅かされるレベル。。コップがなくて困るとか、子供連れだとまわりの人から迷惑がられて居場所がないから車の中で寝泊まりしたとか…。体験した母たちからの意見。

子供が亡くなったエピソードはあえて載せてないし、かわいいイラストでかいてくれてるから必要以上に重たくならないようにしてるとはおもうけど、体験談はやっぱおもい。。生後18日と1歳の2人かかえて雪が降る中避難とか…0歳児おんぶして2歳児を抱っこひもにいれて逃げたとか、生きた気がしない話ばかりだった。でも生きてらっしゃるのよね。。

2016/09/27 05:57

投稿元:ブクログ

東日本大震災を体験した子連れのお母さん812人の体験談を中心、震災が起こるとはどういう環境に追い込まれるのか、用意しておけばよかったものとは、等々がリアルな言葉で綴られた一冊。
気付けば東日本大震災から5年が経ち、熊本地震からも半年が経ち、震災そのものが取り上げられる頻度は格段に少なくなってきているけど、だからこそ自らの意識で気持ちを風化させないことが大事だなーと思います。”まさか”は自分にも降りかかる可能性があることを理解し、出来得る限りの備えをしておこうと思うのでした。

2016/02/11 00:35

投稿元:ブクログ

子連れで避難生活をすることになったら?
1歳の子どもがいるので気になって読んでみました。

防災対策、やらなきゃやらなきゃと思いつつ
実はほとんど何もできてませんでした。
この本を読んでしっかりと備えをしようと思った。
地震発生からライフラインの復旧までが分かりやすくまとめられています。
知ってるのと知らないのでは大違い。
自分の想像よりも遥かに過酷な環境におかれるのです。

もうすぐ3.11から5年。
防災対策をしっかり行い、子ども・自分・家族をしっかり守りましょう。

2014/12/16 12:34

投稿元:ブクログ

被災したママたちのリアルな声が詰め込まれています。
直近で役に立つかといわれると「?」な感じ。

でも、防災意識を忘れかけたころに、再度、読む必要がある本だと思います。
3.11のいろいろな姿を知りたいと思う方は、ぜひ読んでみてください。

育児 ランキング

育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む