サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. オチビサンのひみつのはらっぱ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

オチビサンのひみつのはらっぱ(講談社の創作絵本)
オチビサンのひみつのはらっぱ(講談社の創作絵本) オチビサンのひみつのはらっぱ(講談社の創作絵本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/05/28
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社の創作絵本
  • サイズ:24cm/32p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-132575-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

オチビサンのひみつのはらっぱ (講談社の創作絵本)

著者 安野 モヨコ (原作・絵),松田 素子 (文)

季節の変化を見つめ、小さな日常に耳をすませる―人気漫画「オチビサン」の世界が、絵本になりました。【「BOOK」データベースの商品解説】何もなかった空き地に、いつのまにか草...

もっと見る

オチビサンのひみつのはらっぱ (講談社の創作絵本)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

季節の変化を見つめ、小さな日常に耳をすませる―人気漫画「オチビサン」の世界が、絵本になりました。【「BOOK」データベースの商品解説】

何もなかった空き地に、いつのまにか草が生え、花が咲きました。でも忙しい人たちは、誰も立ち止まって見ようとしなくて…。人気漫画「オチビサン」の世界が絵本に。近くにある、小さな喜びに気づかせられる優しいストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

季節の変化を見つめ、小さな日常に耳をすませる--。
人気漫画「オチビサン」の世界が、絵本になりました! 

 ふるい ビルが こわされて、ちいさな あきちが できました。
 そのうちに、いろいろな 草が 出てきて、小さな 花が さきました。
 でも、いそがしい 人たちは、たちどまって 見ようとしません。
「それなら、きょうから ここは 〈オチビサンの はらっぱ〉だ!」

豊かな色彩で安野モヨコが描き下ろします。
NHK Eテレ「てれび絵本」でも放送(語り・安田成美)。【商品解説】

著者紹介

安野 モヨコ

略歴
〈安野モヨコ〉1971年東京都生まれ。漫画家。作品に「働きマン」「シュガシュガルーン」など。
〈松田素子〉山口県生まれ。編集者、作家。『月刊MOE』の編集長を務めた後、フリーランスとして絵本を中心に活動。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/14 14:46

投稿元:ブクログ

オチビサン、漫画をまだちゃんと読んでいなくて、とりあえず図書館にあった『オチビサンの ひみつの はらっぱ 』を。
ほんわかしていいなあ。久々にじっくり見た安野モヨコさんの絵、以前に読んだ漫画の華やかな雰囲気とはちょっと違って、それがまたこのお話と松田素子さんの言葉にぴったりな感じ。
ひみつのはらっぱ、そこら中にいっぱいある気がしてきました。
そしてやっぱり、漫画のオチビサンを読みたくなったな。
安野さんの世界、好きです。

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む