サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 月光条例 29 (少年サンデーコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月光条例 29 (少年サンデーコミックス)(少年サンデーコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

月光条例 29 (少年サンデーコミックス)

著者 藤田 和日郎 (著)

“藤田版”御伽草子、ここに完結!! 異界の姫カグヤ=エンゲキブを巡る戦い、ついに完結! 自らの存在を賭して戦い、消えていった「おとぎばなし」の活躍により、「月の客」軍に...

もっと見る

月光条例 29 (少年サンデーコミックス)

500(税込)

月光条例 29

432 (税込)

月光条例 29

ポイント :4pt / 紙の本より68おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「月光条例 29 (少年サンデーコミックス)」が含まれるセット商品

月光条例(少年サンデーコミックス) 29巻セット(少年サンデーコミックス)

月光条例(少年サンデーコミックス) 29巻セット

商品説明

“藤田版”御伽草子、ここに完結!!

異界の姫カグヤ=エンゲキブを巡る戦い、ついに完結! 自らの存在を賭して戦い、消えていった「おとぎばなし」の活躍により、「月の客」軍に大打撃を与えた月光たち。だが、残された軍の総力を結集し、敵も最後の牙を向く! さらに大将・オオイミの絶大な力を前に月光は…!? 6年にわたる“藤田版”御伽草子、壮大なクライマックスは必見です!!

【編集担当からのおすすめ情報】
最終巻となるこの巻は、なんと256ページの大ボリューム! 少年サンデー掲載時からの加筆・修正に加え、描きおろしのエピソードも収録! “藤田節”全開の最終回を、ぜひご覧ください!【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

2014/08/20 00:09

投稿元:ブクログ

兄から借りて一気読みです。漫画初レビュー。
「物語」に並々ならぬ思い入れを持つ筆者が、メタ構造を駆使して真っ向から「物語る」ことを描いた怪作(誤字ではないです、念のため)。

モチーフはおとぎ話。数十年に一度、青き月光でおとぎ話の登場人物がおかしくなってしまいます。おとぎ話の長老たちが決めたただ一つの条例「青き月光でねじれた『おとぎばなし』は猛き月光で正されねばならない」=「月光条例」に従い条例執行者たる主人公がおとぎ話を正していくお話。

序盤は作者自身がおとぎ話に抱いている不満が「おかしくなる」という形で現れます。要はおとぎ話をDisってます。一番分かりやすいのがシンデレラでしょうか。「ただ魔女に会い、魔法をかけられお城に行き、王子に見初められただけ。私は一体何をしたの?パレードで私を見つめるあの貧しい女性と私は何が違うの?」…って感じです。

後半は長編、主人公・ヒロインの秘密が徐々に明らかになる少年漫画的な謎解きから、果てはメタ構造に至り「物語」が存在することの意味まで幅広に言及しています。

巷ではラスボスがしょぼすぎるという批判があるのですが、「月光条例」という物語を成立させるための必須の敵役、というポジションを考えるとあの描写は仕方なかったのかなとも思います。もうちょっとうまいやり方はあったかもしれませんが。

見せ場の描き方、収束の上手さはさすがの一言。ただ「うしおととら」「からくりサーカス」よりは少し(あえて?)放り投げるような終わり方になっています。最終話もあれはあれでありだと思いますが、個人的には「死なせて。」というセリフが一番心に残ってます。

惜しむらくは、著作権の問題で最も肝要な設定を変更せざるを得なかったこと。本来、○○は「○○○○○」の○○という設定だったみたいです。こちらだったら間違いなく名作になってたと思います。

色々チャレンジングで好きな作品ですが、キャラの魅力が弱いのと、上記記載の理由で★4つ。

なお、かの名作「うしおととら」1巻の口上で作者藤田和日朗は以下のように述べています。
「小さい頃寝る前にオヤジやオフクロによく読んでもらった「マッチ売りの少女」が気に入らなかった。なんでかわいそうな女の子がかわいそうなコトになっちまうんだよ!!だけど本のさし絵に正拳を叩き込んでもムナしいだけだ。だから僕はそのパンチを代理のヤツにぶちかましてもらうことにした。うしおととら、こいつらはつまり・・・そういうヤツらなんだ。」

うしおととら最終巻にて、一旦はその感情に決着をつけたかのように見えました。「かわいそうな「マッチ売りの少女」が嫌いで、僕はこいつらを生み出した。少女を助けて戦うヤツら。でも少女を助けるヒーローなんざ、要らないのかもしれない。7年間、こいつらに戦ってもらってようやくわかった。だって。少女が戦わなきゃ。ただ雪の中、手に息を吹きかけて泣いてちゃ、だれもふりむいちゃくれないもの。戦わなきゃ。しんどくても辛くても、自分でやんなきゃ。(まんが描くのもね。)ああ、ああ、そういうことか。だから自分は、「マッチ売りの少女」が嫌いだったんだ。 -背中をまるめてマッチなんてすってるんじゃねえ。-なんだ、ようやく、わかったよ。「うしおととら」は、つまり・・・そういうヤツらだったんだ。」

物語への思いが再び溢れ出た本作。作者の思いは昇華できたのでしょうか?マッチ売りの少女ももちろん出てきますよ。

2014/05/26 12:41

投稿元:ブクログ

「月光条例」は完結し、そして始まりへ。「ヒーロー」像について考えさせられる話だった(よく許可おりたなー)。人それぞれ捉え方が違うもんな。でも、ちょっとすっきりしないな。そう!ハッピーエンドがいいんだよ! ラストのふたりは別の「月光条例」なんだろうか? そういや、鉢かづきとの約束、本人は気付いてないね。

2014/05/19 12:36

投稿元:ブクログ

最終巻。でもラストが駆け足、駆け込み過ぎで…というか一気に読もうと軽く前の巻を読んでいたのでちょっと意味が解らないところがあったり。今度ゆっくり全部読み返そう。でも確かに先生の辺りが一番面白かったなあ…。それにしても他誌の技使っていいのかな?(笑)

2014/06/29 00:37

投稿元:ブクログ

 いやぁ、少年漫画で恋愛部分にキュンキュンするのはちょっと気恥ずかしいところもありますね。月光がやっと幸せだと言えるようになったのが嬉しいです。きっとこの後に帰ってきてくれるよね?
 物語の物語というカラクリは、藤田先生らしいテーマで楽しかったです。またこんな燃えるまんがを期待してます。

2015/05/15 16:14

投稿元:ブクログ

うーん、再読すれば、精緻な伏線に感心出来るのだろうか。「うしお」「からくり」の鮮烈な成功体験が「風呂敷はいくらでも広げられるし、いつでも畳める」という誤った判断を作者にさせた印象。ただただその場の思いつきで突っ走るばかりでなく、じっくりと「物語」を練る姿勢を思い出していただければと思う。

2014/05/17 20:13

投稿元:ブクログ

最高の男性漫画家によって描かれた、最高の男になる為に読むべき、最高の少年漫画
人間として大事なモノは他の、素晴らしい漫画から学べばいい
男が男として生きるべく備えたい要素は、全て、この『月光条例』から学べる、いや、学ぶべきだ、学ばないのはもったいない
藤田和日郎先生の作品が読める時代に生まれて良かった、と本気で思っている私をおかしい、と言うのなら構わない。他人の罵詈雑言など、この『月光条例』を読んで、男として一皮剥けた気になれている私には痛痒にも感じない
どこがいい、じゃなく、本筋に重要なトコ、そうじゃないトコ、どのシーンも読み手の心を打ち震わせてくる
『うしおととら』、『からくりサーカス』に次いで、私の中の殿堂入り漫画(少年漫画部門)になったのは言わずもがなであるが、doaの『英雄』を聞きながら一巻から最終巻まで一気読みしたい漫画、第一位でもある
読んだ人それぞれに感想があるだろう。私のように理屈抜きで感動した人、逆に「駄作」と評価する人。どんな漫画も、100人が100人、好きと言ってくれる訳じゃない。漫画だけじゃない、この世にある芸術作品、風景や生物、果ては対人の印象も、決して同じにはならない。そんな、個人じゃどうしようも動かせない当たり前の事を、「当たり前なんだから、悶々としても仕方ない」と、自分と他人が根本的に違う事を受け入れられ、同時に、違うからこそ歩み寄る意味がある、と自然に思えるようになった
何度でも言える、私の中で藤田和日郎先生は、尾田栄一郎先生よりも、手塚治虫先生より、ものすっごい漫画家だ!! 恐らく、鈴木央先生だって、ギリギリで藤田先生を追い越せない・・・追い込めても、だ
どこがスゴイかって、漫画家として自分が描きたい作品、なおかつ、私たち、読者に読んでほしい作品、どっちも両立した作品を描いてるんですよ。それをスゴイと言わずとして、何と言えばいいんですか? ボキャブラリーが乏しい、と言われようが、直情的な感動に任せて、スゴいと叫ぶしかないでしょうよ
ありがとうございました、藤田和日郎先生!!
でも、ファンとしては「お疲れ様でした」は言えても、「ゆっくり休んでください」は言えません
もう、ホント、すぐにでも次回作に挑んでほしいです
個人的には、『アルスラーン戦記』を別マガで連載している荒川弘先生に対抗して、田中芳樹先生の代表作の一つである『創竜伝』をコミカライズして欲しいんです。藤田先生は、今現在、活躍している漫画家、まだ、芽が出てないけれど実力は十分にある漫画家志望よりも、『創竜伝』を描くに相応しい漫画家だ、と思っているのでなく、信じています
と言うかですね、『月光条例』が終わって以来、週刊少年サンデーを読んでいても、連載時よりワクワクできないんです。『うしおととら』と『からくりサーカス』が終わった時も、古参のファンの人は、こんな気持ちだったんでしょうか?
ホント、私だけでなく、他のファンの皆さんのためにも、極太な少年漫画を掲げて戻ってきてくださいよ
もう、ホント、興奮して書いたから、自分でも何が言いたいのか、判らなくなっちゃいそう
��もかく、皆さん、『月光条例』を読んで、もっと、藤田先生を好きになってください

2014/05/20 00:38

投稿元:ブクログ

遂に最終巻となった月光条例.....

感無量ですね。

ハチカヅキと一寸の最後があっさりだったので加筆されているかと思ったらそのままだったのでちょっと残念。
ただ藤田先生が連載当初から「最後はこうする」と決めていただろう結末は中々綺麗にまとまっています。

「流石、藤田先生!またまた熱すぎるっ!」という次回作を心待ちにさせていただきたいと思います。

最後に加筆されたエピローグ.....

ちょっとわかりにくかったですが「ハチカヅキさんの素顔はこの中からあなたが決めて下さい」といった感じなのでしょうね。
個人的には右ページ下のたれ目の娘なんか良いと思いますw

2014/06/09 23:37

投稿元:ブクログ

ついに完結。相変わらず感動のツボを押すのが上手いですね。
本作の終わり方は読み手に考える余地が与えられているので、そういうのが好きか苦手かは別れるだろうなあ。

2014/11/03 22:43

投稿元:ブクログ

とっぴんぱらりのぷう月光条例終幕。
ラストのオオイミとの一連の戦いが、どうにも月光が意地っ張りで、こう上手く感情移入できず。そしてオオイミの本質も、なんだかなぁという感じ。
しかし、「うしとら」の白面も「からくり」のフェイスレスもラスボスであった彼らの本質は、自分自身の欲求だけを追求したわけであったしなぁ。
「泥なんてなんだい」が、主人公の生き様である物語の対局としては、それしかないのだろうか。
自己正当化の権化達が、ラスボスか。そういう人間は嫌いだな。

ラストの「メイワクだってば~」は「絶対に押すなよ」です。

2014/05/31 15:06

投稿元:ブクログ

完結! 
もうこの終わらせ方しかないですよね。
ご都合主義に走らなかったことが好印象。
あと読み手に想像の余地をのこしてくれているところも感動です。

お疲れ様でした!

2015/02/12 00:12

投稿元:ブクログ

最終巻。作者の他の作品は大好きなんだが、この作品は最後まで今一歩という感じだった。シリアスなシーンにおとき話のキャラがどうしても違和感を感じてしまい、最後までダメだった。

2014/05/24 18:18

投稿元:ブクログ

月光条例最終巻です。
28巻の盛り上がりっぷりから一転、この29巻のラストの流れは頭に?が浮かぶ展開が多かった。
(ラスボスとのバトルや、終結後など)
今までの藤田作品と比べると、広げた風呂敷を畳みきれていないような印象を受け、読後の爽快感も薄かったように感じました。
逆に言えば、うしとらのように外伝があるのかな?と期待できるような終わり方であったとも思います。

2015/10/28 23:27

投稿元:ブクログ

相変わらずみせてくれる
おとぎ話がベースだったからどうかなって思ってたけど、いつもの熱くて泣けるフジタ節が大炸裂でした。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む