サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あつあつを召し上がれ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あつあつを召し上がれ(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/30
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-138341-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あつあつを召し上がれ (新潮文庫)

著者 小川 糸 (著)

この味を忘れることは、決してないだろう―。10年以上つきあった恋人との、能登へのお別れ旅行で味わった最高の朝食。幼い頃に、今は亡き母から伝授された、おいしいおみそ汁のつく...

もっと見る

あつあつを召し上がれ (新潮文庫)

432(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

  • 税込価格:65,221603pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この味を忘れることは、決してないだろう―。10年以上つきあった恋人との、能登へのお別れ旅行で味わった最高の朝食。幼い頃に、今は亡き母から伝授された、おいしいおみそ汁のつくり方。何年か前に家族みんなで並んでやっとありついた、天然氷でつくった富士山みたいなかき氷…。ときにはほろ苦く、ときには甘く優しく、身も心も温めてくれる、食卓をめぐる7つの感動の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

10年以上つきあった恋人との、能登へのお別れ旅行で味わった最高の朝食。今は亡き母から伝授された、おいしいみそ汁のつくり方…。ときにほろ苦く、ときに甘く優しく、身も心も温めてくれる、食卓をめぐる7つの感動の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この味を忘れることは、決してないだろう――。10年以上つきあった恋人との、能登へのお別れ旅行で味わった最高の朝食。幼い頃に、今は亡き母から伝授された、おいしいおみそ汁のつくり方。何年か前に家族みんなで並んでやっとありついた、天然氷でつくった富士山みたいなかき氷……。ときにはほろ苦く、ときには甘く優しく、身も心も温めてくれる、食卓をめぐる7つの感動の物語。【商品解説】

収録作品一覧

バーバのかき氷 9−26
親父のぶたばら飯 27−46
さよなら松茸 47−65

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー80件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

食卓が目に浮かぶよう

2015/02/01 22:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶろっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小川糸さんの料理にまつわる小説を集めた短編集。作者の描く食卓はどれもリアルで文章越しに美味しそうな料理の数々が目に浮かぶようだ。この本の中ではそれらの料理を囲んで、ときにほっこりと温かく、ときにほろりとさせられる7つの物語が繰り広げられる。
どの短編も面白かったが、中でも『こーちゃんのおみそ汁』は、旅行雑誌に掲載されていたときに偶然目にして涙してしまった一編。料理を教わることでこーちゃんが成長していく姿に心を打たれずにはいられない。
料理の裏には料理をつくる人が食べる人の健康を祈る気持ちがこもっていると知り、料理について深く考えさせられた一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいしそう

2017/10/21 22:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

シチュエーションは様々だけど、どの料理もとてもおいしそうだった。どの料理もそれぞれの大事な瞬間に寄り添っているような優しさを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/04 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/06 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/16 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/10 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/13 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/18 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/25 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/26 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/06 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/01 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/19 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/03 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る