サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 医学
  4. 治さなくてよい認知症

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

治さなくてよい認知症
治さなくてよい認知症 治さなくてよい認知症
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/28
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-535-98407-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

治さなくてよい認知症

著者 上田 諭 (著)

認知症治療で重要なのは、残った脳機能でよりよい「生」を生きることを主眼にすること。高齢者の精神疾患の治療に取り組む著者が、認知症の臨床に求められること、診療の望ましいあり...

もっと見る

治さなくてよい認知症

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

認知症治療で重要なのは、残った脳機能でよりよい「生」を生きることを主眼にすること。高齢者の精神疾患の治療に取り組む著者が、認知症の臨床に求められること、診療の望ましいあり方、現状の問題点などを論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序 章 認知症治療とは何を「治す」のか
  •     専門医は誰のほうを向いて仕事しているか
  •     認知症の人の表情が消える瞬間
  •     認知症を考える二つの視点
  • 第1章 忘れてもいい、できなくてもいい
  •     認知症は治らない病気である
  •     治らなくていい、治さなくていい

著者紹介

上田 諭

略歴
〈上田諭〉京都府生まれ。日本医科大学精神神経科講師。「高齢者こころ外来」のほか、身体各科の入院病棟での精神症状に対する診療(リエゾン精神医学)を担当。専門は老年期精神医学など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/19 23:12

投稿元:ブクログ

著者は精神科医をオーガニック派とメンタル派に大別し認知症臨床はその谷間という。認知症診療の書物はオーガニック派によるものが多く、著書はメンタル派である。その分、新鮮な書物ではあるが、一般向け書物のようにわかりやすい。しかし認知症診療に従事しようと思う人には基礎的な始まりの著書となるだろう。備忘録として、キットウッドの公式を再確認した。キットウッドは認知症症状が5つの要因の重なりで生じるとし、性格(Personality)、生活史(Biography)、身体状態(Health)、神経学的障害(NI)、対人心理(SP)の構成要因を挙げた。最後に治療に関して、まずは非薬物療法というが、著者まず「本人により注目し関心を持つこと」「本人と接する時間を増やし、話をする(あるいは聴く)ことである」と簡潔に述べる。明日からできることである。私はこれにユマニチュードを加えたい。

2015/06/18 13:17

投稿元:ブクログ

認知症治療・介護の基本姿勢が書いてある本です。
この本は、まず高齢者では認知障害は当然起こるものであるという前提にたって書いています。
家族は、親が認知障害をきたしたことに戸惑い、回復して欲しいと強く願うでしょう。
その気持ちから、つい間違いを指摘して、訂正するような口調になってしまいます。
この対応が、さらに認知障害者に混乱を引き起こし精神的な反応を引き起こします。
ひどくなると家族関係がこじれ、障害者が妄想や暴言・暴行などの問題行動を起こす原因となります。
「指摘しない、議論しない、叱らない」ことがケアの基本です。

http://ameblo.jp/nancli/entry-12039430501.html

2014/08/29 08:25

投稿元:ブクログ

認知症は高齢になれば誰もがなる可能性がある。
どんなに気をつけたところでなる人はなる。

そして、
すべての症状が消えて
すっかり元通りになるような治療法はいま現在ない。
(周辺症状の改善や認知機能が向上することはあっても)

まず大前提として
治る病気ではないということを理解し
治そう、矯正しようと躍起になるのではなく
「治らなくていい」
「そのままでいい」
とありのまま受け入れたうえで
本人の自尊心(自己肯定感)を大切にしてあげて
「張り合い」のある生活になるよう
お膳立てしてあげましょう、というのが本書の主張。

そうすることで結果的に
困った周辺症状が穏やかになるケースが多いですよ、と。

認知症の人をケアする側の心がまえとして有効な本だとは思う。

ただしちょっと不満なのは
多くの認知症の本や報道と同様
認知症≒アルツハイマー
という扱いだというところ。

心がまえ以前に
まずはそこんところが
多くの誤解と混乱(そして悲劇)を招いている気がする。
(だいぶコウノメソッドに洗脳されてるな、笑)

精神神経科学 ランキング

精神神経科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む