サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ツアー事故はなぜ起こるのか マス・ツーリズムの本質

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ツアー事故はなぜ起こるのか マス・ツーリズムの本質(平凡社新書)
ツアー事故はなぜ起こるのか マス・ツーリズムの本質(平凡社新書) ツアー事故はなぜ起こるのか マス・ツーリズムの本質(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/16
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85728-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ツアー事故はなぜ起こるのか マス・ツーリズムの本質 (平凡社新書)

著者 吉田 春生 (著)

秘境でのトラブル、山の遭難…。「客の尽きせぬ願望を叶える」というマス・ツーリズムの究極の原理こそが、繰り返されるツアー事故を生み出していた。旅行代理店の内情を知る著者が、...

もっと見る

ツアー事故はなぜ起こるのか マス・ツーリズムの本質 (平凡社新書)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

秘境でのトラブル、山の遭難…。「客の尽きせぬ願望を叶える」というマス・ツーリズムの究極の原理こそが、繰り返されるツアー事故を生み出していた。旅行代理店の内情を知る著者が、観光業に潜む病理を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

秘境でのトラブル、山の遭難など、効率優先の団体旅行には常に事故のリスクが伴う。その原因の多くは運輸機関のミスに求められてきたが、じつは「客の尽きせぬ願望を叶える」というマス・ツーリズムの究極の原理こそが繰り返されるツアー事故を生み出していた。その代表的な例が、テクノロジーの進歩とともにエスカレートするエベレスト登山のツアー、南極旅行などだ。旅行代理店に20年勤務した経験をもち、その内情を知る著者が、観光業に潜む病理を問う。【商品解説】

目次

  • はじめに──多発するツアー事故
  • 第一章 マス・ツーリズムとは何か
  • 大衆化する旅行──一九世紀半ば、トマス・クックからの始まり
  • クックによるマス・ツーリズムの広がり/マス・ツーリズム成立の原理/五種類のマス・ツーリズム
  • 第二章 一九九六年五月 エベレスト商業公募登山隊の悲劇
  • 商業公募登山隊とは何か/旅行形態の区分/二つの商業公募登山隊
  • 参加者が映し出すマス・ツーリズムの実相/判断ミスはいかに起きたか

著者紹介

吉田 春生

略歴
〈吉田春生〉1947年生まれ。鹿児島国際大学教授(観光論専攻)。同大学付属図書館長を兼務。「観光と地域社会」で日本観光研究学会「学会賞観光著作賞」受賞。ほかの著書に「新しい観光の時代」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/16 20:35

投稿元:ブクログ

子供にカメラを向けて襲われることもある。
観光公害は地元住民にのみ災厄をもたすケースばかりではない。
ツアー事故はマスツーリズムの宿命だった。その良質化はツアー事故が起こらないようなリスクとの向かい方においてだけでなく、観光地にどのような災厄ももたらさないためにも必要である。

2014/08/06 22:57

投稿元:ブクログ

ツアー事故の分析は詳しい報告書などが出ているので、そちらを改めて読めばよい。本書は、我々の記憶に残るツアー事故をコンパクトにまとめ、問題点を世に問う。ツアーの在り方について、参加者も充分考えるべきである。

2014/07/22 01:09

投稿元:ブクログ

ツアー事故そのものの分析を期待していたが、事故の分析よりもツアーそのものの解説がメインでその意味で期待は裏切られた。
他方で、読み終わると自分も旅行に行きたくなっていた。

2014/07/08 12:07

投稿元:ブクログ

カネさえ払えばどこにでも行けると思ってる冒険・秘境好きな人や格安旅行が好きな人は必読。要するに、売り手も買い手も欲望に目が眩んで、効率重視でリスク軽視し、無茶しちゃうって事なんだろう。この事は旅行に限らないけど、場合によっては生命に関わる事もあるから。これからはカネと時間はあるが、体力のない高齢者の旅行事故が多発するだろうという事は容易に想像できる。
あと、現地住民とのトラブルは他者の軽視が原因だろうな。それで殺されちゃうってのが日本の常識が通用しないという事なんだろう。海外で写真を勝手に撮ったら殺される事もあるって事を知っておく必要はあるだろう。そもそも写真は暴力だという認識がない人が多い。日本も観光立国とかいって外人を多数呼び込もうとしているが、トラブルは多発するだろう。外人の常識は日本の常識じゃないので、見ていて正直ウザイし。双方で「観光客」のあり方が問われると思う。

2014/07/13 17:22

投稿元:ブクログ

乗客の安全を守る義務と旅行目的到達にいく義務の矛盾によりツアー事故は起こる。それは少し頭脳を働かしたら誰でもわかることなので、元旅行会社勤務ならではの知見を読みたかった。
トマス・クックの19世紀の鉄道黎明期のツアーや、現代の旅行会社向けに特別開催されるイベントなどの挿入と、ツアー事故はなぜ起こるかという本書のテーマとの関連性がいまいちしっくりこない。
本全体としては、良く調べてはいるが深い洞察もないという感じで、大学生の卒業論文を読んでいるような気分になった。

2014/06/02 10:45

投稿元:ブクログ

団体旅行マスツーリズムは欲望の実現と便宜性追求を本質に持つ。マスツーリズムの性格が1つ目。公募登山隊、辺境ツアーでの「最悪の事態では自己責任」に自信を持てなければツアー参加すべきでないという原則と相反する。これが2つ目。大量観光の弊害と弊害低減のためのマスツーリズムの多様化、大量観光とスモールツーリズムの棲み分けによる満足度向上、観光形態を選ぶことで観光がより広い範囲で成立しうる可能性が3つ目。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む