サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

大相撲の心技体(幻冬舎ルネッサンス新書)
大相撲の心技体(幻冬舎ルネッサンス新書) 大相撲の心技体(幻冬舎ルネッサンス新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

大相撲の心技体 (幻冬舎ルネッサンス新書)

著者 橋本 強司 (著)

大相撲は競技として伝統芸能として、そして神事として、日本の伝統文化の重要な部分を占めている。今後、更に発展させるためには、単に相撲を国際的なスポーツにすることではなく、伝...

もっと見る

大相撲の心技体 (幻冬舎ルネッサンス新書)

880(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大相撲は競技として伝統芸能として、そして神事として、日本の伝統文化の重要な部分を占めている。今後、更に発展させるためには、単に相撲を国際的なスポーツにすることではなく、伝統を守りながらも大胆な改革が必要と説く。【「TRC MARC」の商品解説】

大相撲は競技として伝統芸能として、そして神事として、日本の伝統文化の重要な部分を占めている。だが、この伝統を頑なに守るだけでは、人気の維持は難しい。今後、更に発展させるためには、単に相撲を国際的なスポーツにすることではなく、伝統を守りながらも大胆な改革が必要だと説く。本書を通読すれば角界の豊富な知識が得られ、相撲見物が一層楽しくなること請け合いである。【商品解説】

目次

  • 第一章 八百長相撲はないということ
  • 第二章 相撲のある懐かしい情景
  • 第三章 様式美とバランス感覚
  • 第四章 相撲部屋の変遷
  • 第五章 竜虎相打つ─切磋琢磨の仕組み
  • 第六章 四股名の不思議と面白さ
  • 第七章 異能力士、美男力士
  • 第八章 外国出身力士に対する偏見
  • 第九章 伝家の宝刀─決め技と決まり手
  • 第一〇章 猛稽古が支える特殊社会

著者紹介

橋本 強司

略歴
1949年東京生まれ。1972年東京大学工学部建築学科卒。米国南カリフォルニア大学で修士(環境工学)、コーネル大学でPh.D.(水資源計画、経済、オペレーションズ・リサーチ)取得。現在、㈱レックス・インターナショナル代表取締役。2001年より学習院大学経済学部非常勤講師。著書『これからの開発コンサルティング』、『21世紀のアジア国際河川開発』、『匿名性とブラックボックスの時代』、『開発調査というしかけ─途上国と開発コンサルタント』、『開発援助と正義』他多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/01 05:22

投稿元:ブクログ

一介の素人が書いた本らしいが、それにしては詳しすぎて脱帽した。現役のそこまで有名でない力士にまで言及しているところが嬉しい。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む