サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

盆栽の誕生
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/01
  • 出版社: 大修館書店
  • サイズ:19cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-469-22236-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

盆栽の誕生

著者 依田 徹 (著)

盆栽はいつから日本の伝統文化になったのか。歴史をひもとき、織田信長や徳川将軍家、明治天皇、大隈重信らの愛好ぶりを紹介する。盆栽ミニ用語集、観賞のポイント、盆栽展・美術館・...

もっと見る

盆栽の誕生

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

盆栽はいつから日本の伝統文化になったのか。歴史をひもとき、織田信長や徳川将軍家、明治天皇、大隈重信らの愛好ぶりを紹介する。盆栽ミニ用語集、観賞のポイント、盆栽展・美術館・庭園ガイド付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

依田 徹

略歴
〈依田徹〉1977年山梨県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻博士後期課程修了。美術博士。東海大学非常勤講師。専門は日本近代美術史、茶道史。著書に「近代の「美術」と茶の湯」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/31 20:19

投稿元:ブクログ

BONSAI

大修館書店のPR
http://plaza.taishukan.co.jp/shop/Product/Detail/30626

2014/11/10 21:17

投稿元:ブクログ

育て方や鑑賞法といった類いの本ではなく、盆栽文化を歴史的に追っています。予備知識のない分野だったので、発見がいっぱいありました。盆栽が、今日のような体裁になったのは、明治以降なんですか?古来からの伝統と思っていました。流派がないというのも、そういえばそうですね。どうやら学問的には未整備なジャンルに思えました。

2016/04/21 12:51

投稿元:ブクログ

盆栽は今や世界にも通じる日本の伝統文化と言えるものです。その盆栽がどのようにして現在のように広く知られるところとなったのか、その歴史を紐解いています。
足利将軍家や織田信長に愛された趣味であった盆栽。現在の美意識、伝統文化へと姿をかえてきた過程をうかがい知ることができます。

2014/05/18 22:26

投稿元:ブクログ

===qte===
20140518日経朝刊
盆栽の誕生 依田徹著 人為で自然を作る逆説の美学 [有料会員限定] 閉じる小サイズに変更javascript:void(0)中サイズに変更javascript:void(0)大サイズに変更javascript:void(0)保存javascript:void(0)印刷リプリント/async/async.do/?ae=P_CM_REPRINT&sv=KN
 盆栽は愛好家でなければなかなかわかりにくい世界だ。ぐいっと幹が曲がった鉢植えの松をどういう視点で鑑賞すればいいのだろう。そもそもあれは美術品なのか? 盆栽の歴史と美学を平易に説く本書は、門外漢でも興味深く読める内容になっている。


画像の拡大
 鉢植えで樹木を育てる「鉢木」、石に樹木を根付かせる「盆山」。鎌倉時代に発祥した2つの園芸文化が、江戸時代に「盆栽」として流行する。そして明治期以降は政財界人のたしなみとなった。将軍家、天皇、明治の元勲たち、さらには戦前戦後の宰相。そうそうたる愛好家たちのエピソードをまじえながら盆栽の歴史が語られる。

 だがそれにとどまらず、伝統文化とは何かという問題に踏み込んでいくところが本書の読みどころだろう。江戸時代と現代とでは盆栽の作り方も美しさの基準も全く異なるという。断絶のあるものを、連綿と続いてきた伝統文化のようにとらえることの危うさを著者は鋭く指摘する。

 盆栽の美は「わび・さび」という言葉で説明される。だが著者は茶の湯や俳諧で使われるこの言葉よりも、「自然」という一語こそがその本質を言い当てていると考える。人為によって自然を作るという逆説の美学。本書を読んで盆栽展に足を運べば、大いに楽しめるはずだ。(大修館書店・1700円)