サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 死ぬまでに学びたい5つの物理学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死ぬまでに学びたい5つの物理学(筑摩選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/13
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: 筑摩選書
  • サイズ:19cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-01600-3
  • 国内送料無料

紙の本

死ぬまでに学びたい5つの物理学 (筑摩選書)

著者 山口 栄一 (著)

科学の先端を切り拓いた物理学者たちの発見の陰には、孤独と苦悩の人間ドラマがあった。5つの革命的な知を生み出した天才たちのプロセスを辿り、科学はいかにして創られたかを解明す...

もっと見る

死ぬまでに学びたい5つの物理学 (筑摩選書)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

科学の先端を切り拓いた物理学者たちの発見の陰には、孤独と苦悩の人間ドラマがあった。5つの革命的な知を生み出した天才たちのプロセスを辿り、科学はいかにして創られたかを解明する。文系の人も面白く学べる物理学入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山口 栄一

略歴
〈山口栄一〉1955年福岡市生まれ。京都大学大学院総合生存学館(思修館)教授。理学博士。著書に「イノベーション破壊と共鳴」「JR福知山線事故の本質」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

2014/09/08 05:02

投稿元:ブクログ

数式を平易に解説する部分は誠意があり面白いが、科学史のところはちょっと退屈。本書のコンセプトから言えばもっと数式を出してもよかった。
終盤の知の創造プロセスの考察は意欲的だが、創発の部分がブラックボックスなのでどうしても後追いで当て嵌めている感は否めない。

2016/04/13 10:28

投稿元:ブクログ

「物理学の学び直し」がこの本の第一の目的だそうで、なるべくわかりやすく説明しようとしているのは感じる。しかし通勤電車のなかで相対性理論の数式を理解するのは自分には不可能でした。じっくり腰を据えて取り組む必要あり。
この本で取り上げた物理現象は以下の5つ。
1.万有引力の法則
2.ボルツマンの統計力学
3.プランクのエネルギー量子仮説
4.相対性理論
5.量子力学
最後に「第6章 科学はいかに創られた」というのがあるが、「創発」、「演繹」、「帰納」の言葉の説明とこれらを組み合わせた「イノベーション・ダイアグラム」なるもの、自分にはさっぱり意味不明である。

2015/10/01 22:13

投稿元:ブクログ

特殊相対論に関しては、タイトルとか前書きで書かれた目的に近くて、簡単な数学を用いつつも、数式で物理を理解しよう、みたいな内容ですが、それ以外に関しては物理学についての本ではなく、パラダイムを変えるような物理法則を発見した人たちの人生・人物像について書いた本でした。

2014/10/22 10:51

投稿元:ブクログ

第5章まで読んできて、第6章のイノベーション・ダイヤグラムを見た.5つの物理学を演繹、帰納、創発、(deduction, induction, abduction)でまとめているが、非常に素晴らしい.創発の重要性が良く分かった.文科省の政策は演繹ばかりにこだわって、当面のアウトプットだけを考えているようだ.なんとかしなくちゃ!

2015/03/10 07:05

投稿元:ブクログ

ニュートン、
ボルツマン、
プランク
アインシュタイン、
シュレディンガーとハイデルベルク

ギリシャ哲学が真理を追求する所からヨーロッパで科学が発達した。
東洋は実学に留まった。
ギリシャの奴隷制も影響しているのでは?

2017/01/25 23:30

投稿元:ブクログ

Five Physics Theories to Learn Before You Die
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480016003/

2014/11/21 18:11

投稿元:ブクログ

【再読】 中
・・・・
 
名前は知っているけど、内容はどんなものか?と言うことで読んだ。
残念ながら理解出来なかった、特に数式は分からなかった。
 でも 考え方とか時代背景などが大変面白かったと思う。
素晴らしい本だと感じた。

2016/07/26 14:14

投稿元:ブクログ

教養としてしっておきたい近代物理学者、その考え方と背景。

ニュートン 万有引力の法則
ボルツマン 統計力学
プランク エネルギー量子仮説
アインシュタイン 相対性理論
20正規の知 量子力学

物理学を大きく発展させる契機となった新たな考え方として5つの理論に注目し、
それぞれの学者達がどういう状況下で育ち考えたのかを中心に書かれている。
理論の説明も高度な数学を使わずにしてるため理系の人間じゃなくても読みやすい。
(といっても証明の部分は知識がないと読み込めないのだけれど)
帯にある「科学はいかにして創られたか?」を知る内容になっていると思う。

2014/11/17 00:32

投稿元:ブクログ

タイトルに違和感があります。
そもそも、5つの「物理学」という表現に違和感があります。
「5つの物理法則」とか「物理の5分野」、あるいは、「物理の5つの理論」などとした方がしっくりきます。

また、5つの「物理学」を取り上げてはいますが、結局、著者が言いたかったのは、5つの「物理学」の着想の過程に関する、「著者が考えた仮説」だと思われます。
つまり、「物理学」がメインなのではなく、「著者が考えた仮説」に説得力を与えるために、5つの「物理学」を取り上げているだけです。

そういう意味では残念な本ですが、著者が取り上げたエピソードについては、興味深いものがいくつもありました。

それにしても、最近読んだ本は、「看板(タイトル)に偽りあり」なものが多い気がします。
そういうトレンドなんでしょうか?

2014/09/29 17:36

投稿元:ブクログ

物理の巨人達の歴史や苦悩、人間性に触れられる素晴らしい書籍、もっと早く出会いたかった
人生における必読書!

選書・ブックレット ランキング

選書・ブックレットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む