サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 使える行動分析学 じぶん実験のすすめ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

使える行動分析学 じぶん実験のすすめ(ちくま新書)
使える行動分析学 じぶん実験のすすめ(ちくま新書) 使える行動分析学 じぶん実験のすすめ(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/07
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06772-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

使える行動分析学 じぶん実験のすすめ (ちくま新書)

著者 島宗 理 (著)

仕事に勉強、恋愛にダイエット…。したいのにできない。やめたいのに止められない。その悩み、理系発想の心理学で解決しましょう! 行動分析学の考え方を用いた、幸せになる方法を見...

もっと見る

使える行動分析学 じぶん実験のすすめ (ちくま新書)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仕事に勉強、恋愛にダイエット…。したいのにできない。やめたいのに止められない。その悩み、理系発想の心理学で解決しましょう! 行動分析学の考え方を用いた、幸せになる方法を見つける「じぶん実験」を紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

島宗 理

略歴
〈島宗理〉1964年埼玉県生まれ。Western Michigan University心理学部博士課程修了(Ph.D.)。法政大学文学部心理学科教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/23 22:28

投稿元:ブクログ

行動分析学自体は面白いし、「じぶん実験」により、自分の行動を分析し、介入して、その(より良い方向への)変化を測定する、というのは大変おもしろいのだが、全体の構成がいまいち体系立っておらず、思いついた項目から書いている感じがして、いまいち読みにくい。/ 体験レポートなどは、ある程度介入やグラフの付け方は参考になるが / 最初の2章は、「すぐわかる行動分析学」となっていて、他の書籍と重複してるところが多々ある

2015/03/18 13:20

投稿元:ブクログ

観察と記録は行動に影響する

ここで重要なのは、現状の行動随伴性における原因と介入の行動随伴性における解決策が対応していることです。たとえば、増やしたい行動が増えない原因が、その行動を強化する好子が出現していないと推測しているのに、解決策が「心を入れ替えて頑張る」では原因に対応しているとはいえません。対応させるには、標的行動を強化する好子を出現させる随伴性を追加する必要があります。
 自己実現を謳い文句にした自己啓発書の多くは、残念なことに、こうした解決策にあふれています。「心を入れ替えて頑張る」や「気持ちをリセットする」、「安らかな心を保つ」などは、そもそもなにをどうすればいいのかさえ分かりません。「気持ちをリセットする」ために「一人旅に出かける」と具体化しても、一人旅から戻ったときの随伴性が変わっていないのなら、行動は変わりません。

2014/05/06 16:02

投稿元:ブクログ

セルフコントロールやセルフマネジメントは行動を抑制したり促進するのに、より多くの人にとって有効な方法を探求し、開発するもの。
練習。
さまざまな分野の達人の過去を調べた研究から達人をつくる最大の条件は幼少期からの集中した練習であることがわかっている。

2014/05/16 22:28

投稿元:ブクログ

≪目次≫
第1章  じぶん実験と自己理解ー自分の行動の理由を知る
第2章  行動分析学と自己実現ー自分の行動を変える
第3章  じぶん実験レポートー他人のじぶん実験に学ぶ
第4章  じぶん実験の進め方
第5章  広い「じぶん実験」の適用範囲

≪内容≫
行動分析学者による入門書。ただ、第2章の基礎編がちょっと自分には理解できず、第3,5章の実践編を参考に「行動分析学」がちょっとだけわかった感じ。編集の順を変えたほうがよかったかな?

2015/08/05 20:35

投稿元:ブクログ

行動改善のための自己分析学。
普段行っていることをラベリングし、科学的な視点から展開した本。読みやすい。

2014/08/08 06:55

投稿元:ブクログ

行動分析学という心理学の一種から怠け者の自分をどうやって変えるのかという教えてくれる一冊。
行動分析学から、じぶん実験と題して、例えば腹筋が続かない、掃除をしないなどの事例を踏まえて記載されている。着眼点がユニークさとユーモアさを兼ね揃えており、行動分析学が身近に感じられるものになっている。
随伴性、好子、嫌子という心理学を知らなければあまり聞きなれない言葉がたびたび出てくるため、知識があまりない自分にとって、若干読み進めるのが難しいところがある。

2015/01/21 17:23

投稿元:ブクログ

まずは、読了しました。

じぶん実験、これからトライしてみようと思います。
響いたのは、学生さんの「ほんの小さな環境の違いで行動が変わってしまった」というコメントです。


「やろうやろうと思ってできないこと」「やらないようにしようと思っているのについやってしまうこと」を制御するのは、きちんとデータを取って検証を行い、うまく機能していなければ再度方針を練り直すという、まさに「実験」です。

個人的には、体育会的根性論は大好きなのですが、これまでうまく行った試しがありません(笑)。

2014/09/28 14:40

投稿元:ブクログ

2014年5月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
通常の配架場所: 1階文庫本コーナー
請求記号: 140.18//Sh39

【選書理由・おすすめコメント】
人間のとる行動を分析するというタイトルに魅力を感じたことと、「自分を変える」、「自己分析」の言葉が行動分析とどのように関係しているのか気になったので、この本を選びました。
(マネジメント総合学科3年)

2014/05/10 06:49

投稿元:ブクログ

この本の中で一番僕が気に入ったのは、『続けることが難しいのは、りんごが木から落ちるのと同じくらい自然な現象』という一文。

熟すのが少し速かったリンゴが先に落ちても「だらしない」と責めることはないですよね。なんだかホッとしました。

自己啓発本は、行動変容達成の主眼を心のフレームを変化させることにおきます。
この本は、制御変数の変化に主眼をおいています。

夢を抱いて自己啓発本を読んだけれど、読後に打ちひしがれた経験を持つ方(←大げさ)、きっと得られるものがある!

2015/03/09 15:24

投稿元:ブクログ

ふと立ち寄んで気になって買った一冊。

現在、寺子屋塾にて取り組んでいる”らくだメソッド”など、
自主学習でやろうとしていることに近く興味深い。
自主的に…というのはどこからやってくるのだろうか?
ということを、身近な事例を使って検証していける行動分析学の入門編新書。

どうしてその行動をしてしまうのか?気が向かないのか?
こうした視点で切り込むのか!という発見があるはず。

これを読んで自分研究をすることによって、
きっと生活習慣、その後の人生を変えるきっかけになる一冊。

2014/05/10 23:54

投稿元:ブクログ

オススメ度は高めです。
自分の行動を分析して、改善していく方法論が書かれた本。心理学をベースにしているからか、定量的計測を旨としており、ただの自己啓発本で、やる気になっただけで終わりになったりしないのが、本書のいいところだと思う。

巷で、流行り始めているライフログなんて、これのベースになって良いんじゃないかと思った。(本書には書かれていないけど、測るだけで改善するという人間心理もあるそうなので。)

2015/09/01 22:21

投稿元:ブクログ

行動分析学の基本的な考え方にもとづき、自分の行動を望ましいものに変えていくためにはどうすればいいかが具体例を挙げながら解説されている。

著者の講義に参加した学生のプロジェクトをまとめたものなどもあり、行動分析学を実際のツールとして利用するためのマニュアルとして大変、わかりやすい。

2014/05/13 16:22

投稿元:ブクログ

そこまで分析までして変えたいことがあるか と思ったが、つっちーに告るときに好子、嫌子の考え方や、振られても無理ってのが再確認するだけ っていう言葉を思い出せて、勇気が出たし、
有る程度有効かも
ただそこまでして変えたいことが今ないので、それほど実験したいことがあればまた読んでチャレンジしたい

2015/10/09 17:15

投稿元:ブクログ

変えたいことは、御褒美を用意してやりやすくすれば変わるって思ってた。
でも、必ずしもそれが正しい、それが遣えるとは限らないと知った。

専門用語が多いが、本書内で解説されていて、わからなくなったらすぐ参照できる。
例も多く(実験例が物語仕立てでわかりやすい)、こんな見方方法があるのかとヒントになった。

目標を定めて、行動数を記録するのが1歩目か。

2015/01/14 00:00

投稿元:ブクログ

個人的にかなりオススメの一冊。

著者の生徒が独自にそれぞれの改善したい行動をベースにした自分実験のレポートが記述されており,自分が実践をする上での参考になる。

例えば,『おやつを食べてしまうのをやめたい』といったよくある行動から,『指を鳴らす癖をやめたい』というかなり個人的な事情までこの方法で改善することができる。

行動分析学に基づく専門用語が多数出てくるが,丁寧に説明されているし,まとめ頁もあるので復習に使いやすい。

大学生である今の行動に関して,不満は腐るほどある。

まずは,学問の定着と起床時間の安定化を目指して,自分実験を進めてみようと思う。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む