サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. めざせ!日本酒の達人 新時代の味と出会う

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

めざせ!日本酒の達人 新時代の味と出会う(ちくま新書)
めざせ!日本酒の達人 新時代の味と出会う(ちくま新書) めざせ!日本酒の達人 新時代の味と出会う(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/07
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06775-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

めざせ!日本酒の達人 新時代の味と出会う (ちくま新書)

著者 山同 敦子 (著)

いま再び日本酒がブームとなりつつある。美味しい日本酒を味わえる背景には、直接間接に日本酒に関わる人々の努力がある。最高の味や好みの味に出会うための知識、居酒屋や家飲みの楽...

もっと見る

めざせ!日本酒の達人 新時代の味と出会う (ちくま新書)

1,015(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いま再び日本酒がブームとなりつつある。美味しい日本酒を味わえる背景には、直接間接に日本酒に関わる人々の努力がある。最高の味や好みの味に出会うための知識、居酒屋や家飲みの楽しみかた、気鋭の造り手とその銘柄を伝授。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山同 敦子

略歴
〈山同敦子〉東京生まれ。上智大学文学部卒業。新聞社、出版社を経て、独立。食と酒のジャーナリスト。著書に「ヴィラデストワイナリーの手帖」「愛と情熱の日本酒」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/05 18:29

投稿元:ブクログ

2014/7/5 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
2015/3/17〜3/24

最近、ワイン、ウイスキーときて、日本酒本にはまっているが、これはとても素晴らしい入門書。日本酒の造り方から味わい方のポイント、注目の造り手までとても良くまとめられている。ああ、美味しい日本酒が飲みたい

2016/02/13 15:31

投稿元:ブクログ

ワインは好きな方だし、何となく自分の好みのものを選べるけれど、日本酒となるとモゴモゴ……。

どこかのお店で美味しい!と思って再びそれに近いものを選ぼうとしても、正直何を基準に選んだらいいのかよくわからない、そんなモヤモヤ状態を少し改善する意図で読んでみた。

著者がワインにも詳しい女性だからか、「ワインは割と飲んでる」女性にはとても読みやすくすいすい読めて、サァ酒買ってこよっと、という気分になると思われます。ワインで言うデキャンタージュや、テロワールやら、そういうとっかかりがあると覚えやすいですな。

本書読んでいる最中に、旅先で買った新潟のお酒が冷蔵庫にあって、初め冷やして飲んだときは私にはゴツゴツというか、すっきりしすぎていまいちだったのを、もしかして、と燗にして飲んだら甘みが出ていい感じに。

そんな楽しみを気軽に広げてくれました。注目の造り手の章もあるのでしばらく手元に置いておこうと思います。

以下、備忘録メモ。

●日本酒度:日本酒の甘い辛いを示す指標
辛口→+5〜+10
中口→+1〜+4
甘口→±0〜−

●酸度:
平均1.1~1.5。これより高いと濃醇(濃くて辛い)、低いと淡麗(薄くて甘い)。
※乳酸は温めるとまろやかで爽やかに、冷たい状態では刺激的な酸っぱさになる。山廃や生酛の酒は温めると真価を発揮する

●硬水で仕込んだ酒;男酒(代表:灘)、軟水で仕込んだ酒:女酒(代表:伏見)

●特定名称酒
[純米酒グループ(醸造アルコール加えない)]
純米大吟醸(精米歩合50%以下)>純米吟醸(吟醸造り、60%以下)>特別純米(60%以下など米や製法に工夫がある)>純米酒

[醸造酒クループ(一定以下の醸造アルコールを加える)]
大吟醸(50%以下)>吟醸(60%以下)>特別本醸造>本醸造酒(70%以下)
※アルコール添付のほうが味わいが軽く香りは華やかに立つ傾向

●酛:蒸した米と麹、水を混合したもののなかで酵母を培養する。酒母。乳酸は酵母を雑菌から守る役割がある

[速醸酛]
市販の醸造用乳酸を加えて酛を造る

[生酛]
酒造の大気中に浮遊する乳酸菌を取り込むことで天然の乳酸を育てる方法。米を粥のような状態に擦りつぶす重労働(山おろし)もある。酸の効いた複雑で締まった味になる。

[山廃]
生酛と同様だが山おろしを行なわない。うまみや酸味、渋みなど、様々な要素が絡み合う濃醇で複雑な味わい。

●搾り
[ヤブタ]自動圧搾機で
[槽]もろみを注入した酒袋を槽の中に並べ上から力をかける
[袋吊り]袋の口を紐などで縛って上から下げて圧力をかけずにポタポタと滴り落ちる酒を集める

[荒走り]しぼった際に最初に出てくる酒。荒いが躍動感
[中取り]なかほどの酒。安定している
[攻め]しぼりきった部分の酒

●貯蔵
酵素の働きを止め、加熱殺菌して安定させる=火入れ。通常、醸造が一段落した時と出荷する瓶詰め前の2回火入���する

[生酒]火入れしない。フレッシュ
[生詰め酒]搾った後に1回だけ火入れ。
[生貯蔵酒]瓶詰めするとき1回だけ火入れ。
[火入れの酒]落ち着いている

●その他
[4段仕込み]通常米麹水を三回に分けて仕込むが4回

【これから飲んでみたいもの】
・十四代(山形・高木酒造)華やかな香りとさわやかな甘み
・而今(三重)酸と甘みのバランスがよいらしい
・ロ万(福島・)
・亜麻猫(秋田・新政酒造)

2015/02/14 09:00

投稿元:ブクログ

もっと日本を知るためにはお酒からだと思い、読み始めた。
日本酒の知識は皆無に等しかったが、この本を読むことで、酒屋で表示されているものから選ぶことができるようになったと思う。
そのくらい基礎からしっかり、それも楽しくまとめてあり、とても参考になった。
この本で得た知識を基本に、もっともっとお酒からそれぞれの地域、歴史等を学んでいきたいと思う。

2014/11/08 10:24

投稿元:ブクログ

詳細な日本酒の解説だが、上手くまとめてあるので楽しく読めた.ある程度知っている事項も多かったが、改めて再認識したものも多々あった.日本酒は世界に誇れる文化だと思っている.

2014/08/12 00:01

投稿元:ブクログ

お酒が好きでタイトルで買ってしまったが、この本はいい。日本酒のことがよく分かる。そして飲みたくなる。。。
昔と今とではジャンルも増えたし飲み方も変わった。作り方も様々で、カクテルのようなものも出てきた。本質は変わらないけど、時代に合わせて進化する日本酒、世界にも発信される「SAKE」。もっともっと愛しましょう!もちろん、飲む量は適度にしましょう。。。

2016/08/27 23:36

投稿元:ブクログ

日本酒について書かれた本ですが、それ以上に、日本酒を好きになるための本でもあります。こういった日本酒について書かれたものはたくさんありますが、それはちょっと難しい内容のものが多いように思います。それはそれで知的好奇心を刺激されて面白いのですが。本書はそういった知識的なものもありますが、ほとんどを占めるのは日本酒の素晴らしさです。この日本酒に対する愛情をどのように深めたら良いのか。日本酒はどのように飲んだら良いのか。どんな味に合うのか。それはなぜなのか。読めば読むほど、日本酒について好きになり、語ることができるようになります。また日本酒の道の入り口としての導きや、全国のお酒の紹介にも多くのページを割くなど、著者の日本酒を広めたいとの想いが伝わって来る内容でした。

2014/07/25 14:08

投稿元:ブクログ

著者はほんとに日本酒が好きなんだろうなあ、と、日本酒愛を感じられる一冊。
ただ著者のせいではないけれど、やっぱり新書で日本酒を作る工程を説明するのはきついね。図で書かないと、かなり分かりづらいように思う。

2015/11/25 21:34

投稿元:ブクログ

日本酒をもう少し腰を据えて飲もうと思い読む。特徴や銘柄、接点として設けられる機会などを仕入れられたので機会を見つけて行ってみたい。日本酒はすごいという主張はわかるが、選んで読んでる人はわかってると思うのでもう少し控えめでよかったかな。

2014/12/29 23:06

投稿元:ブクログ

日本酒のことが詳しく書かれている本。
こういう本を探していた。
なかなかあるようでない本だと思う。
酒米、麹、酒母のことから作りかた、飲み方までさまざまなことが書かれていて、日本酒初心者でも十分にわかる内容だと思う。
日本酒好きには、おすすめの一冊。

2014/09/05 12:52

投稿元:ブクログ

○日本酒を専門とするフードライターの山同氏の作品。
○日本酒の基礎から種類、特徴、選び方といった、日本酒の楽しみ方を1から解説している。
○漠然と日本酒を飲んでいたので、これほどまでの違いや奥深さがあるということにビックリした。また、著者の説明が丁寧かつ詳細で、素人にも分かりやすくなっている。
○本書を読んで、日本酒に興味を持てた。ぜひ、何度も読み返して、理解を深めたい。

2014/10/10 11:32

投稿元:ブクログ

10/10読了。最近の日本酒マイブームに乗って購入。私には前半部分の知識さえあれば十分です。もう少しマイブームが続いてこだわりが出てきたら後半部分も活用出来そう。ちなみに私はにごり酒が好き。

2014/08/09 22:48

投稿元:ブクログ

日本酒って奥深い!世界に誇れる日本の文化。飲むことは勿論、歴史を調べたり、作り方について学んだり、蔵元を訪ねたり、外国に紹介したり…と、趣味にしたら一生楽しめる。あぁ、もっとアルコールに強ければなあ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む