サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 資本主義から市民主義へ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

資本主義から市民主義へ(ちくま学芸文庫)
資本主義から市民主義へ(ちくま学芸文庫) 資本主義から市民主義へ(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/09
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-09619-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

資本主義から市民主義へ (ちくま学芸文庫)

著者 岩井 克人 (著),三浦 雅士 (聞き手)

言語・法・貨幣の、社会と人間を貫く自己循環論法こそが、恐慌も生めば、自由をももたらす。資本主義を超えて、来たるべき市民主義とはいかなるものか。思想家・岩井克人が、経済学や...

もっと見る

資本主義から市民主義へ (ちくま学芸文庫)

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

言語・法・貨幣の、社会と人間を貫く自己循環論法こそが、恐慌も生めば、自由をももたらす。資本主義を超えて、来たるべき市民主義とはいかなるものか。思想家・岩井克人が、経済学や社会哲学を縦横に論じながら解説する。〔新書館 2006年刊に補章を加える〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/16 08:08

投稿元:ブクログ

若い友人と話していて彼が先生と慕う岩井克人の論説は新聞などで触れることがあっても本で読んだことはないと気づき、まず手始めはハードル低く、ということでインタビューをまとめた文庫から手にしたのですが、文庫でビンゴ!バチーンと今の自分の脳みそにヒットしました。勢い込んでページをめくった読了直後で、その体感を言語化出来ないのですが、確実に「読みたい本を読んだな…頭の中の繋がっていない部分が繋がったな…」という感覚があります。聞き手、三浦雅志の質問に答える、というスタイルも全然ハードルを下げるものではなく、インアタビューの熱さに圧倒されてQ&Aになっていなく、どちらの主張を読んでいるんだっけ?という鬱陶しさを感じますが、慣れてくると問いの煽りに先生も乗ってくるようなコール&レスポンス感を感じました。ヒトとモノの二重性、自己循環論、不確実性の哲学をこれから反芻していくことになると思います。でも、その先はカントか…辿り着けるかな…

2015/01/13 21:39

投稿元:ブクログ

5割も分かってない。分かってないけどここには何か大切なことが書いてある。そんな予感に突き動かされて一気に読みきりました。
岩井克人氏の著作はこれまで幾つか読んだことがありましたが、この対談のおかげで氏の問題意識が明確になりました。

2014/09/29 00:17

投稿元:ブクログ

岩井先生の講演会に参加したのはたぶん20年くらい前だと思う。そのころから、言語・法・貨幣の話をされていた。自己循環論法の話もさかんに出てくるので何となく理解できたように思う。ただ、聞き手の三浦氏がかしこすぎて話が余計に難しくなっているように感じる。講演会は一般向けだったのでずいぶんわかりやすく話されていた記憶がある。ただそのころはまだ、言語や法についてはくわしく研究されていなかったようなので、ずいぶんと進化・深化されたように思う。最終章で、編集者が問題提起として岩井先生のことばを引用されているが、私もその部分に線を引いていた。それは、「グローバル資本主義に対抗し得る唯一の原理はカントの倫理論である」という件である。コミュニタリア二ズムや地域通貨では太刀打ちできないとも言う。カントを読まなければ・・・。それから、信任関係についての件で、医者と患者、弁護士と依頼人、教師と生徒・・・、などについて言及されている。絶対的な非対称性・優位性のため普通の契約関係ではすまない。そこに倫理的な義務を課す必要がある。この辺の話は、内田先生も書かれていたと思うが、切実な問題として受け止めている。カントか…つらいなあ。定言命題って何度も出てくるんだけど、なんかわかりやすい具体例で、誰か上手に説明してほしいなあ。

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る