サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. MAC OS Ⅹ COCOAプログラミング 第4版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

MAC OS Ⅹ COCOAプログラミング 第4版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 東京電機大学出版局
  • サイズ:23cm/583p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-501-55270-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

MAC OS Ⅹ COCOAプログラミング 第4版

著者 アーロン・ヒレガス (著),アダム・プレブル (著),東京電機大学 (監訳)

Objective−C言語とCocoaにおける主な開発パターンを網羅したテキスト。Xcodeなどの開発ツールについても解説。Mac OS Ⅹ 10.6、10.7で登場した...

もっと見る

MAC OS Ⅹ COCOAプログラミング 第4版

4,536(税込)

ポイント :42pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Objective−C言語とCocoaにおける主な開発パターンを網羅したテキスト。Xcodeなどの開発ツールについても解説。Mac OS Ⅹ 10.6、10.7で登場したテクノロジを取り上げた第4版。〔ピアソン桐原 2012年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

経験豊富なMAC OS X開発者から高い支持を受けているベストセラーのCOCOA入門書を最新のMACプログラミングテクノロジーに合わせて改訂。Objective-C言語と、COCOAにおける主な開発パターンを網羅。またXcodeとInstrumentsという最もよく使用される開発ツールについての入門書である。第4版では、MAC OS X 10.6と10.7に対応。【商品解説】

目次

  • 第1章 Cocoaの概要
  •  Cocoaの歴史
  •  ツール
  •  言語
  •  オブジェクト、クラス、メソッド、およびメッセージ
  •  フレームワーク
  •  本書の読み方
  •  表記規則
  •  よくある間違い
  •  学習に対する心構え

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/16 20:15

投稿元:ブクログ

Cocoaについて書かれた希少な本。
実習はそこそこにとりあえず読んだ。
Objective-Cの簡単な導入から始まり、単純なアプリケーションの制作の後、本格的なアプリケーションの制作を通してアンドゥやリドゥを含めた実装を体験することができ、Cocoaアプリケーション制作の実際を学ぶことができる。
Objective-Cの基礎が終わって次の段階を探している人やアプリケーションを一つ作ってみたいと思う段階で読むとかなり効果的と思われるが、Objective-Cの初心者が手に取ると混乱してしまうかもしれない。というのも分厚く充実した内容で詳しく実装の方法を教えてくれるこの本にはいくつか問題点がある。

1.コードが読みにくい
これは主にコード表記部分のフォントの問題で、スペースが小文字のiと同程度のスペースしかなく、コードのどこにスペースが入るのか非常にわかりにくい。慣れるとなんとかわかるようになってくるが、慣れても打ち間違うことが多いので明らかにフォントもしくは表記上の問題と言わざるを得ない。他のObjective-Cに関する書籍と比べるとその分かりづらさは非常に顕著なものに見える。メッセージ式でスペースの存在がかなり重要なObjective-Cのコードでこれはかなりつらい。Objective-Cに慣れていないと余計にこの問題は大きいと思われる。

2.課題に対する解答がない
セクションの終わりにはそれまでの内容を踏まえた課題が課せられる箇所があるが、これに対する解答はコードはおろか解説文もない。投げっぱなしである。しかも課題内容はそれほど単純ではなく、それまで作ったアプリケーションにこれこれの機能を追加して実装しなさいというかなり高度な内容のものが多く、ちょっとやそっとでは正しい実装をするのは難しいようなものばかり。解答があると自分で考える機会を奪ってしまうからなのかもしれないが、課題内容が難しいため解答があったほうがいいのではと感じることがしばしば。

補足:プレミア価格について
このレビューは第4版についてだが、第3版は一時1万円を超えるプレミアが付いていた。4版出版後には落ち着いたものの、今度はこの4版がまたプレミアがつきそうな勢いである。
第3版にプレミアが付いていたのを知っていたので、だいぶ期待しながら4版を読んだのだが、この本に対するプレミアは流通量に対するもので内容に対するものではないと思う。アプリケーション制作を一望できる充実した内容は確かに価値あるものだが、他の書籍と比べても定価の4千円程度が妥当。この本に1万円払うのであれば、他に3千円程度のObjective-C解説書を3冊買ったほうがはるかに生産的である。1冊でこれほど網羅している書籍は確かに他にはないものの、部分的に内容が重複している本はいくつもあり、組み合わせれば他の本でも十分学べる。

本国では5版の出版がなされたようなので、いずれ日本でも5版が出版されるかもしれない。もしこの4版にプレミアが付いたのであれば、5版が出るまで待つというのも手だと思う。

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む