サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 千島列島をめぐる日本とロシア

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千島列島をめぐる日本とロシア
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/25
  • 出版社: 北海道大学出版会
  • サイズ:19cm/311,44p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8329-3386-6
  • 国内送料無料

紙の本

千島列島をめぐる日本とロシア

著者 秋月 俊幸 (著)

日露両国間には「北方領土問題」のゆえに、第二次大戦の平和条約が未締結という異常な状態が続いている。日本人とロシア人の千島列島をめぐる関わりを歴史的に検証しつつ、日露関係の...

もっと見る

千島列島をめぐる日本とロシア

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日露両国間には「北方領土問題」のゆえに、第二次大戦の平和条約が未締結という異常な状態が続いている。日本人とロシア人の千島列島をめぐる関わりを歴史的に検証しつつ、日露関係の意義を考察する。見返しに地図あり。【「TRC MARC」の商品解説】

長年にわたり日露関係史・日本北辺史の研究に携わってきた斯界の泰斗が、日本とロシアの最初の接触から現代までの関係を、両国さらにはアイヌ民族とのかかわりについての種々のエピソード等を交えながら、歴史的に考察した。細かな注を付さず、一般読者向けに読みやすく書き下ろした通史。著者積年の研究の総決算。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 序 章 千島列島の地理と先住民
  •  一 霧と流氷の火山列島  
  •  二 アイヌとクリール人(千島アイヌ)  
  • 第一章 千島列島に関する初期の情報
  •  一 イエズス会宣教師たちの蝦夷地報告  
  •  二 フリースの日本北辺航海と地図  
  •  三 松前藩の千島認識と地図  

著者紹介

秋月 俊幸

略歴
〈秋月俊幸〉1931年生まれ。東京教育大学文学部卒業。北海道大学附属図書館、同大学法学部講師を経て、日露関係史や日本北辺地図学史の研究に従事。著書に「日露関係とサハリン島」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/12/31 15:52

投稿元:ブクログ

 日ロ交渉の歴史を丹念に辿り、アイヌ問題もからめつつ時代を鳥瞰する力作。現代の千島列島の帰属について最適の逸書となっている。
▶北大出版会より
●本書の特徴
長年にわたり日露関係史・日本北辺史の研究に携わってきた斯界の泰斗が、日本とロシアの最初の接触から現代までの関係を、両国さらにはアイヌ民族とのかかわりについての種々のエピソード等を交えながら、歴史的に考察した。細かな注を付さず、一般読者向けに読みやすく書き下ろした通史。著者積年の研究の総決算。
●目次

まえがき

序 章 千島列島の地理と先住民
 一 霧と流氷の火山列島  
 二 アイヌとクリール人(千島アイヌ)  

第一章 千島列島に関する初期の情報
 一 イエズス会宣教師たちの蝦夷地報告  
 二 フリースの日本北辺航海と地図  
 三 松前藩の千島認識と地図  

第二章 ロシア人の千島進出
 一 アトラーソフのカムチャツカ征服  
 二 コズイレフスキーの千島遠征  
 三 エヴレイノフとルージンの千島航海  

第三章 ロシア人の千島列島南下
 一 シュパンベルグ探検隊の日本および南千島への航海  
 二 チョールヌイの千島アイヌ追跡行  
 三 ロシア人狩猟者と南千島アイヌの衝突  

第四章 ロシア人の蝦夷地到来と『赤蝦夷風説考』
 一 「秘密の航海」  
 二 ベニョフスキー(はんべんごろう)の「警告」  
 三 『赤蝦夷風説考』の成立  

第五章 天明年間幕府の蝦夷地調査
 一 天明五年の探検  
 二 天明六年の探検  
 三 最上徳内とロシア人イジュヨ  

第六章 幕府の蝦夷地直轄への道
 一 クナシリ・メナシ事件(寛政蝦夷の乱)  
 二 寛政初年幕府の蝦夷地調査  
 三 ラクスマン使節の蝦夷地来航  
 四 一八世紀末の海防論とロシア観  
 五 幕府の東蝦夷地直轄とエトロフ島の開島  
 六 間宮林蔵の『東韃地方紀行』  

第七章 露米会社と千島列島
 一 シェリホフのウルップ島植民  
 二 露米会社の成立とレザーノフ使節の長崎来航  
 三 露米会社船の日本北辺襲撃  
 四 ゴロヴニーン捕囚事件とその解決  
 五 露米会社の北千島経営  

第八章 幕府・松前藩の南千島経営
 一 幕府直轄時代  
 二 松前藩復領時代  
 三 千島経由で帰国した漂流民たち  
 四 日露和親条約と幕府の蝦夷地再直轄  

第九章 日本の北千島領有と経営
 一 樺太千島交換条約の締結  
 二 サハリン・アイヌと千島アイヌの運命  
  1 サハリン・アイヌの北海道移住  
  2 千島アイヌのシコタン島移住  
 三 外国密猟船の活動  
 四 北千島探検と移住の試み  
 五 北千島調査研究の始まり  

第一〇章 北洋漁業と北千島諸島
 一 樺太・沿海州漁業からカムチャツカ漁業へ��� 
 二 北千島漁業の開花  

第一一章 内国植民地としての南千島諸島
 一 南千島諸島の沿革  
 二 内国植民地の成立  

終 章 第二次世界大戦と千島列島
 一 千島列島における日米戦争  
 二 ソ連軍の千島侵攻  
 三 サンフランシスコ平和条約と北方領土問題  
 四 北方領土問題の今後  

事項索引  
人名索引  
地名索引  
参考文献  
千島史略年表  
図版出典一覧 

2014/09/03 07:28

投稿元:ブクログ

「過去300年の経緯を丁寧に」評者:下斗米伸夫=法政大教授(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2014081002000195.html
「北方領土関連の基本文献」評者:長勢了治=翻訳家(北海道新聞)
http://www5.hokkaido-np.co.jp/books/new/1.html

北海道大学出版会のPR
http://hup.gr.jp/modules/zox/index.php?main_page=product_book_info&products_id=872

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む