サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

終物語 下(講談社BOX)
終物語 下(講談社BOX) 終物語 下(講談社BOX)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/02
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • サイズ:19cm/385p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-283868-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

終物語 下 (講談社BOX <物語>シリーズ)

著者 西尾 維新 (著)

“それがきみの―青春の終わりだ”大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった―。すべての“物語”はいまここ...

もっと見る

終物語 下 (講談社BOX <物語>シリーズ)

1,620(税込)

終物語 (下)

1,620 (税込)

終物語 (下)

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「終物語 下」が含まれるセット商品

<物語>シリーズ (講談社BOX) 22巻セット(講談社BOX)

<物語>シリーズ (講談社BOX) 22巻セット

商品説明

“それがきみの―青春の終わりだ”大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった―。すべての“物語”はいまここに収束する…。【「BOOK」データベースの商品解説】

「それがきみの青春の終わりだ」 大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と、最終決戦の号砲だった-。〈物語〉シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

“それがきみの――青春の終わりだ。”大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と、最終決戦の号砲だった――すべての<物語>はいまここに収束する……!【商品解説】

著者紹介

西尾 維新

略歴
〈西尾維新〉1981年生まれ。「クビキリサイクル」で第23回メフィスト賞受賞。著書に「暦物語」「悲報伝」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

終物語下

2014/04/07 13:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トウゲ - この投稿者のレビュー一覧を見る

八九寺とひたぎと扇が主題な今回
浪白公園の正体も開示されております
毎回、ひたぎの秘密が伏線に折り込まれてる感があります
今回の表紙は次の続終物語の伏線な気がしますがどうなるんでしょうかね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

完結!

2017/01/23 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

はー、長い間お付き合いをしてきた「物語」シリーズ、ついに完結ですね。(中)で夏頃の伏線をすべて回収して、この(下)でそれ以降の伏線をすべて片付けました。焦点は忍野扇の正体にほぼ絞られてたわけで、それもくらやみ関係の何かとまではほぼ予想がついていたわけですが、そう来ましたか。自分なりにありとあらゆる可能性を考えてはいたのですが、そのやや斜め上をいかれた感じです。自分自身が怪異を生み出してしまわぬよう、Take it easyで行こうと思いました。西尾さんには、ちゃんと完結してくれてご苦労様と言いたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「青春」の終わりにふさわしい

2015/03/21 05:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

!?!?!?!?!?!?!?「大好きだーーーーーーーーーーーーーーーーー!」!?!?!?!?!?!※文字化けではありません抑えきれない物語シリーズへの想いが溢れ出てきたまでであります。鮮やかとしかいいようのない伏線回収、ぶっちゃけいうと扇ちゃんの正体はうすうす感づいていましたが、それでも言うことなし、まさに彼らの「青春」の終わりにふさわしい1冊でした。続終物語が何ページであろうと必ず読み尽くそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めて文庫を購入

2016/01/24 17:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パニーポ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで物語シリーズはアニメでしか見ていませんでしたが、
アニメが終わってその続きが気になるので、下巻を購入しました。
読む前は、アニメでしか味わったことのないため、本も楽しめるか不安でしたが、その不安は最初の10ページほどで払拭されました。
読みやすいのでドンドン読み進めることができます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/20 23:13

投稿元:ブクログ

こんなによく読んだライトノベルは初めてでした。好きになるキャラクターが多かったのと多くの言葉遊びで楽しく読まさせてもらいました。

まだ続終物語があるけど、シリーズが終わってしまうのが非常に残念ですね。。。

2015/01/22 15:32

投稿元:ブクログ

めでたしめでたし。ハッピーエンド。大団円。
寂しいような、悲しいような、ああ本を閉じたくない!
誰もいなくならず(たぶん)、ここまで引っ張っても定番中の定番なハッピーエンドを持ってきてくれてありがとうございます。「そして彼らの物語は続く」みたいな終わり方ほんとに好きなんです。終了と同時に扉を閉めずに、道を先を未来をふわっと残してね。

2014/05/14 16:14

投稿元:ブクログ

3つのお話から成ります。

まよいヘル
 八九寺真宵。昇天して何処にいるかと思いきや地獄。
 暦も北白蛇神社で伊豆湖さんに輪切りにされて地獄で再会を果たしたわけで。
 そのお陰で忍とのペアリングも切れ、普通の人となりました。
 地獄で会ったのは人形遣いである手折正弦。
 彼の元へ連れて行くために真宵は案内役を買って出た。
 暦を普通の人に戻すために。
 が、そのすんで、暦とともに地獄から搔っ攫われる。
 正弦が最後に言った『忍を殺すという依頼は扇からだ』と聞かされる。
 朝一で地獄巡りをした暦はそのまま受験会場へ。

ひたぎランデブー
 受験当日に地獄巡りをした暦を受験会場まで付き添ったひたぎ。
 夕方『デートをします』と言い放ち、ホワイトデーにデートをする事となった。
 高校生であり、純粋に受験と取り組んでいたからこそデートは疎かになっていたわけで。
 ひたぎとしては非常に我慢していたわけです。
 彼女はヒマを持て余していたので『運転免許』を取りドライブデートとなりました。
 ま、プランは羽川翼仕込みもあったが。
 プラネタリウムという最初の場所で眠りながら(?)扇に色々言われて。
 無事に科学館、ボウリング、カラオケと健全なデートを遂行。
 最後に。
 一生下の前で呼んで。呼び捨てで。
 とひたぎが言う。
 ようやく恋人らしく ひたぎ、暦 と呼び合う。
 lastに。
 扇が『私を助けて下さい。』と。

おうぎダーク
 伊豆湖さんと復活した忍、それに真宵。そして余継と暦。
 この5人で扇を退治するという。
 扇は偽物。まがい物。暗闇というルールを模倣。
 真宵は北白蛇神社の神に据え、伊豆湖は策略担当。
 暦は実践担当である。
 月日は撫子が描くマンガの手伝いをして、その帰り扇に捕まる。
 全焼した廃ビルが再建されている。
 そこで扇を待つのは暦。月日は一人で帰る事に。
 対峙した二人は実は暦と暦の自己批判精神。同一人物。
 だから色々な場面で他の誰もが知らない事も知っているし、唐突に出てくる。
 正体を暴かれて、消失寸前に暦はまた扇を助けてしまう。
 そこに現れたのは忍野メメ。『僕の可愛い姪っ子を云々』と認めた。
 お陰で扇はくらやみに飲み込まれずに住み。
 晴れて卒業式、羽川は帰って来て。忍は妖女と化して暦の陰に控えている。
 last。扇は本物の後輩として暦の居る学校の一年に。


本当の、本当に次作でlastなんだろうか?
一応、そう銘打ってあるけど、何せ『西尾維新』だからな。

2014/04/13 16:18

投稿元:ブクログ

読み終わってしまった。

虚無感が溢れるけれど、すっきりした終わり方だった。
続終物語が楽しみでならない

2014/05/01 18:09

投稿元:ブクログ

広げに広げた大風呂敷を綺麗に畳んだというところか。

何冊か前に、輪切りになったアララギくんと
そこに現れた八九寺
気をもませたけれど、これも綺麗に回収(笑)

いつも人のために命を投げ出してきたアララギくんが
最後に戦う相手、忍野扇の正体は・・・

なんだか、「続・終物語」があるらしいけど
これ以上何を描くんだろ(笑)

2015/04/25 08:24

投稿元:ブクログ

アニメの「化物語」が結構面白くて原作を読み始めたが、まったく何でもありのシリーズ。確かに数多くの伏線は片付けたかもしれないけど、やはり後付けという感じが・・作者の趣味でって言うより、ヒットしたもんで引き延ばして稼いだって気もする(笑)
まぁ、タネ明かしも考えてみると矛盾あるように思えるが、そこは読み捨ての遊びストーリー。キャラや会話を楽しむ派としては読み流してマンネリ寸前の結末に納得しましょう。ただ終物語と銘打ちながら、続があるんだよね(^_^;)

2014/04/06 00:21

投稿元:ブクログ

「みんなが助けてくれた僕を、僕が助けないなんて・・・、そんなこと、あっていいわけないだろう。」
アララギさんが女子高生を殺すなんてできるわけなかったんや!

2014/09/09 22:10

投稿元:ブクログ

本編完結。もう一冊出るようですが、最終巻らしくいろいろ復活したり伏線回収したり。そういや珍しく西尾作品でもヒロイン死ななかった気が。本編は最後の最後まで阿良々木さんは阿良々木さんでした。いろいろとありながらも、そして成長をしながらでもやっぱり根幹はブレないのは主人公だなぁと。あ、ブレないのは彼の(性)癖にも言えることですが(笑)最後の一巻はどんな話になるんだろうか、楽しみに待ちたいと思います。

2017/03/19 19:14

投稿元:ブクログ

扇ちゃんも八久寺ちゃんも神原さんも戦場ヶ原さんも
斧乃木ちゃんもシスターズもがえんさんまで含めても
女の子みんな魅力的。
終物語までのシリーズを知ってればもっと面白いだろうに・・読んでないのが悔やまれる。
なかでも羽川さん最強だなあ。

2014/04/12 08:56

投稿元:ブクログ

 第五話「まよいヘル」、第6話「ひたぎランデブー」、第7話「おうぎダーク」……って。

増ーえーてーいーるー。

 どんだけノリノリで筆が進むんだ、作者。しかもこの後に『続・終物語』が控えているし。

 これでハッピーエンド、全て丸く収まった、のかな?
 気持ちいい終わりだったなー。でも『続』があるんだよなー。

 ……ん?

 『花物語』で、忍野扇は男子の格好をしていたよな。
――どちらの分身なんだ?

2014/06/08 03:58

投稿元:ブクログ

溜まりに溜まった伏線を一気に回収しつつ、伏線が無かった所に伏線を発生させて物語全体をとりまとめつつ、いつもの蛇足的話も抜かずに、終わらせた感じ。