サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/08
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:19cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251172-0
  • 国内送料無料

紙の本

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび

著者 三谷 幸喜 (著)

愛犬が逝った冬、そして、家族が増えた夏。脚本家の日々は、激動が続く…。巻末には、「とび」との思い出を綴った特別書き下ろしエッセイを収録。【「BOOK」データベースの商品解...

もっと見る

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび

1,188(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛犬が逝った冬、そして、家族が増えた夏。脚本家の日々は、激動が続く…。巻末には、「とび」との思い出を綴った特別書き下ろしエッセイを収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

愛犬「とび」が逝った冬、そして家族が増えた夏。脚本家の日々は激動が続く…。『朝日新聞』連載の第12弾。巻末には「とび」との思い出を綴った書き下ろしエッセイを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/随筆】脚本家の日々はますます慌ただしい。連載開始とともに三谷家にやってきた、ラブラドルレトリバーの"とび"との悲しい別れのあとに待っていたのは、新しい家族との暮らしだった! 書籍化にあたり、「愛犬の思い出」を綴った書きおろしエッセイを特別収録。【商品解説】

著者紹介

三谷 幸喜

略歴
〈三谷幸喜〉1961年生まれ。脚本家。舞台作品に「12人の優しい日本人」、テレビ作品に「古畑任三郎」、著書に「清須会議」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

愛していていました。

2016/12/09 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずと知れた日本を代表する喜劇作家・三谷幸喜さんのエッセイです。今大河ドラマでも大活躍ですよね。『真田丸』毎週楽しみにみています。

今作は小説、そして映画化された『清須会議』の前後に書かれたエッセイのよう。

内容は手掛ける舞台で関わる役者さんとのエピソードや、面白かった本・映画の感想など。タイトルの通り三谷さんの生活かにまつわことばかりです。

その中でも大きな出来事は、長くともに暮らした愛犬・チョコラブ「とび」の死でした。

突然悪化した体調、転がり落ちる様に死に向かう愛犬を介護した日々、後悔がないわけではないけれど、その時間は互いの関係をより濃くかけがえのない物に変えてくれたと三谷さんはいいます。


大型犬の寿命は10年。それを超えたらあとは神様の贈り物と言われています。
我が家には今、15歳になるゴールデンレトリバーがいます。人間で言うと110歳の超高齢だそうです。

彼は私が中学生の頃に家にやって来て、以来ずっと一緒に暮らして来ました。賢い犬種で言葉もほとんど理解してくれるため、感覚としてはきょうだいに近いものがあります。

優しくて賢くて遠慮しいの甘えん坊。大人しいのは昔からだったけれど、最近は寝ている時間が随分増えました。歩きながら足元がふらつくようになりました。目はあまり見えておらず、耳に関してはほぼ聴こえていないようです。

みるからに老犬、という風体ですが食欲は未だ大勢で、自分から立ち上がっておねだりしに来るほど元気です。

けれどきっともう長くは一緒に居られません。大型犬が15年も大病に罹ることもなく生きているだけで十分奇跡と言えるでしょう。お医者さまにも驚かれるほどです。

神様からこんなに贈り物をもらっておいて、もっととねだるのは欲張りかもしれないけれど願わずにはいられません。

その日より私が家を出る日の方が早く来そうで、嬉しいやらさみしいやら、少し複雑な想いもあります。

最近は時間があれば少しでも触って声を掛けるようにしています。
見えなくても聴こえなくても、優しく労りをもって、いつかくるその時に、後悔が無いように。
だからあともう少しだけ、元気でいてね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有名人であっても1人の愛犬家

2014/05/25 11:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ありふれた生活も12巻目です。
前にも書いたように、ここに書かれている生活はとても「ありふれた」ものではありませんが、それでも最近の三谷幸喜の活躍の舞台裏を知る楽しみがあり、続けて読んでしまっています。
でも、この12巻は少し趣の異なる話がメインのような一冊でした。
長年三谷幸喜が飼っていた犬のとびが死んでいった話が載せられています。さらに、単行本化にあたってとびについてのエッセイまで追加されています。それだけ三谷にとって大きな出来事だったのでしょう。そしてそれは、犬やその他のペットを飼っている人たちに共通する感覚、感情で、つい自分のことに引きつけて読んでしまいました。こういう話を読むことができることこそが「ありふれた生活」のありふれた加減いっぱいで、いつもの「ありふれた生活」よりも読み応え(?)がありました。
さらにこの12冊目には、木枯らし紋次郎の話や砂肝料理の話、50年代の映画の話など、「ありふれた」感の多い話が多かったように思います。
もちろん脚本家、演出家としての三谷の活躍や、それにまつわるエピソードも満載です。
文楽の作・演出、戸田恵子の一人舞台、野田秀樹を迎えての舞台のハプニング、などなど、こちらも面白く読んでしまいました。特に戸田恵子の一人舞台は実際に観にいった作品だったので、もう少し舞台裏を知らせてくる話はあるとよかったのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/19 06:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/21 07:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/12 07:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/25 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/02 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/13 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/26 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/12 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/08 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/05 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/05 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む