サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. アライアンスマネジメント 米国の実践論と日本企業への適用

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アライアンスマネジメント 米国の実践論と日本企業への適用
アライアンスマネジメント 米国の実践論と日本企業への適用 アライアンスマネジメント 米国の実践論と日本企業への適用
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/04
  • 出版社: 白桃書房
  • サイズ:21cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-561-22625-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

アライアンスマネジメント 米国の実践論と日本企業への適用

著者 元橋 一之 (編著)

アメリカの医薬品産業の事例を中心に、アライアンスマネジメントの基本的な考え方から具体的なノウハウまでを網羅的に取り上げる。経営学的な観点からの日本企業におけるアライアンス...

もっと見る

アライアンスマネジメント 米国の実践論と日本企業への適用

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカの医薬品産業の事例を中心に、アライアンスマネジメントの基本的な考え方から具体的なノウハウまでを網羅的に取り上げる。経営学的な観点からの日本企業におけるアライアンスマネジメントのあり方も述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

イノベーションに対するスピード・コストの追求から、他社の力も借りて行うオープン・イノベーション、すなわち他社とのアライアンスの必要性が高まっており、その成功確率を高めることは競争優位につながる。
日本でも実績の多い医薬品業界の事例を中心に取り上げながら、その基本的な考え方や具体的なノウハウまでを、アライアンスの業界団体である米Association of Strategic Alliance Professionals(ASAP)が監修したベストプラクティス・ワークブックに準拠しつつ、日本での経営環境や経営風土を踏まえ、いかに管理すべきか、また、その経営学的な意味合いをまとめた。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/16 22:29

投稿元:ブクログ

異なる企業文化が複数で行う共同事業。
AMプロフェッショナルは業務遂行において重要な役割を初ことで、オペレーション管理における予防措置を開始し、アライアンスに関する新しい方針の策定、新しいパートナーシップの確立など将来の案件形成に対しても重要な役割を担う。

2015/02/18 14:27

投稿元:ブクログ

日本の製薬業界での産・学によるアライアンス勉強会による共同執筆。

経営学に寄るわけでもなく、しかし実務的な記述が深いわけでもなく、やや、「書きたいことを書いている」印象(誰に向けて書いているのだかが不明確)。しかも結論も概ね、「安易に検討できるテーマではない」「企業の組織を考えるのと同じくらい深い問題」といったところで、参考にしづらい。

ただし、冒頭のパートナリングの分析(適合性分析等)は参考になった。また、本筋ではないが、最終章の日米の企業の性格比較は面白かった。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む