サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. わたしの哲学入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わたしの哲学入門(講談社学術文庫)
わたしの哲学入門(講談社学術文庫) わたしの哲学入門(講談社学術文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-292233-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

わたしの哲学入門 (講談社学術文庫)

著者 木田 元 (著)

ギリシア〜近代に通底する存在概念とは? ハイデガーの哲学解体の試みとは? 著者の研究の軌跡に沿って、カント、ヘーゲル、ニーチェなど、西洋形而上学の流れを概観する。1994...

もっと見る

わたしの哲学入門 (講談社学術文庫)

1,296(税込)

わたしの哲学入門

1,188 (税込)

わたしの哲学入門

ポイント :11pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ギリシア〜近代に通底する存在概念とは? ハイデガーの哲学解体の試みとは? 著者の研究の軌跡に沿って、カント、ヘーゲル、ニーチェなど、西洋形而上学の流れを概観する。1994〜98年『大航海』連載をまとめて文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

第二次大戦敗戦後の混乱の渦中で青春期を生きた著者は、ハイデガーという哲学者の存在を知り、それを読まなければ済まされないという気持ちの昂揚から、東北大学の哲学科に入学。『存在と時間』を何度も読み返しながら、その内容を理解できるようになるには古代ギリシャ以来のの西洋形而上学の展開を知らなければならないと思うようになります。なぜなら、ハイデガーの仕事そのものが西洋哲学史の根本的な見直し、形而上学的思考が歴史的に特殊なものだったことを明らかにすることに狙いがあったからです。
本書は、「存在とは何か」という哲学史を貫くテーマを軸として、プラトン・アリストテレスからスコラ神学、そしてデカルト・カントに始まる近代哲学まで、著者本人がハイデガーに触発されつつたどっていった西洋思想の流れを、日本人にわかりやすい形で解説するものです。【商品解説】

目次

  • 1 哲学のとこが難しいか
  • 2 ドストエフスキーとの出会い
  • 3 『存在と時間』を読みたい一心で
  • 4 カント・ヘーゲル・フッサールを読む
  • 5 ハイデガーに即して
  • 6 哲学の根本問題「存在とは何か」
  • 7 存在了解・超越・世界内存在
  • 8 存在と時間
  • 9 存在論の歴史的解体
  • 10 哲学のはじまり

著者紹介

木田 元

略歴
1928年生まれ。
哲学者。
東北大学文学部哲学科卒業。
中央大学名誉教授。
主な著書に『現象学』『ハイデガー』『ハイデガーの思想』『メルロ=ポンティの思想』『マッハとニーチェ』『反哲学史』『現代の哲学』『闇屋になりそこねた哲学者』『精神の哲学・肉体の哲学』など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

碩学が先輩として語る入門道しるべ

2015/10/10 00:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

沈思黙考する威厳のあるタイプが典型哲学者イメージぶち壊してくれる。
食うや食わずの戦後をしゃにむに生きて、哲学に出会ってこれもむくむくと立ち上がるように哲学専攻に舵を切り学んでこられた方である。
けれんみなく語ってくださ。、造語的な難解な哲学用語が必要だったのは西洋哲学導入の過程創られてきたからで、著者もやはり根っこのギリシャ形而上学まで遡りたどらざるを得なかったんだなんて感じである。
わたしの哲学入門のタイトルどおりの内容、よくある概説程度の入門ではない。こうやってこんな風に勉強してきたんだと先輩が手触りの感触で入門をさせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/23 15:58

投稿元:ブクログ

木田さん自身おっしゃってますが、哲学者がなぜ哲学を学ぼうとしたのか。というところから話をした方が、とっかかりがいいのではないか?ということで書かれた本らしく大変面白かった。
哲学独自の言葉に言及された部分は笑ってしまいました。そもそも日本語の翻訳は、その日本語がさっぱりわからないことが多い。とか、わからないというのは、どうやらその前に読んでおかなきゃいけない本があるということだという点など、頷きます。私もなんども、行ったり来たりしながら参考本の哲学書読んでるので、ああ間違ってないんだと確信できてよかった。
大学1年目にまず、この木田さんの本を読んでから哲学に入るのもいいかも。しょっぱなから西洋哲学に入ると、嫌になっちゃいますからね。

2014/06/26 22:25

投稿元:ブクログ

木田元さんの『わたしの哲学入門』(講談社学術文庫)よんだ。読了が惜しい本だった。帯をつけるなら「闇屋の少年は如何して哲学者となったのか」。自身の来し方から哲学を学ぶ意義、学び方、ハイデガーのアクチュアリティを余すとこなく語る恐ろしい本。

http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=292233

2016/03/13 22:26

投稿元:ブクログ

ハイデガーをもとに著者が如何に哲学を学んだかという流れで哲学を開設していく。ハイデガーのところは難しく理解できなかった。カントのところは簡潔だがわかりやすかった。

2014/04/27 09:10

投稿元:ブクログ

2014年4月26日小田急百貨店三省堂で購入。最後の1冊ということは、そこそこ売れているのかもしれない。やや他の本と似た部分があるが、結構面白く読むことができる。読了してみて感じたのは、もう少しこの本を手にしていれば「存在と時間」も読みやすかったという思いである。再読に値する大事な本となった。次回はじっくりと読んで、その後、また「存在と時間」を読み直してみたい。

2016/02/03 14:17

投稿元:ブクログ

16/1/2
著者と哲学との関わりについて書いたあと、歴史に沿って哲学の流れを説明するというのが本書の構成である。
ハイデガーという一つの視点から、様々な哲学者の思想を批評しながら歴史に沿って進展するため、それぞれの思想をかいつまんで説明するような入門書よりも、思想と思想のつながりや思想の流れがわかるので理解しやすかった。

理系の人間で、哲学にあまり触れてこなかったわたしでも、「認識」、「イデア」、「実存」、「純粋理性」…などの難しい哲学用語をそれなりに理解できるようになり、哲学の流れを人に説明できるようになった。この事実からして、素晴らしい入門書といえるのではないか。

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む