サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

モンフォーコンの鼠
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/525p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390068-1
  • 国内送料無料

紙の本

モンフォーコンの鼠

著者 鹿島 茂 (著)

時代を二百年先取りした思想家フーリエ。パリの栄光と悲惨を描きつくした小説家バルザック。二人の天才を軸に、パリジャンたちの悪夢のような地下世界巡りがはじまった―。人類と鼠の...

もっと見る

モンフォーコンの鼠

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時代を二百年先取りした思想家フーリエ。パリの栄光と悲惨を描きつくした小説家バルザック。二人の天才を軸に、パリジャンたちの悪夢のような地下世界巡りがはじまった―。人類と鼠のエコロジカルな共棲が19世紀のパリ地下で実現!!奇想天外なストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

時代を200年先取りした思想家フーリエ。パリの栄光と悲惨を描きつくした小説家バルザック。ふたりの天才を軸に、パリジャンたちの悪夢のような地下世界巡りがはじまった−。『文學界』掲載に加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

1831年、七月王政下のパリ。小説家バルザックのもとにカストリ侯爵夫人からファンレターが届く。同じ頃「危険思想」の集団サン・シモン主義者たちの捜査を進める警視総監代行アンリ・ジスケは公衆衛生学者パラン・デュ・シャトレにパリ郊外モンフォーコンの廃馬処理場で出会い、パリの食糧問題と衛生問題について滔々と語られる。モンフォーコンでは廃馬の内臓を餌に巨大化した鼠が出現しはじめていた。また同じ頃、サン・シモン主義をさらに推し進めた過激な社会主義者フーリエと信奉者たちは男女が完全に平等に、自己の欲望に忠実に生きる理想的共同体「ファランステール」建設を目論む。ある日、バルザックのところに美女サン・レアル侯爵夫人がたずねてきて『デヴォラン組』なる小説の三巻本をおいていく。著者は「オラース・ド・サン・トーバン」。バルザックが昔使っていたペンネームであるが、こんな本を書いた覚えはない。しかしやがてバルザックは何かに導かれるかのように第四巻『カリエールの死闘』の執筆を始めるのだった。ユートピア(ディストピア)小説でありエネルギー問題や地下王国を扱う元祖SFのような趣きもありバルザックの諸小説や「レ・ミゼラブル」を下敷きとするメタ・フィクションでもある複雑な味わいの傑作長篇。【商品解説】

著者紹介

鹿島 茂

略歴
〈鹿島茂〉1949年横浜市生まれ。東京大学大学院修了。明治大学教授。専門は19世紀のフランス。「馬車が買いたい!」でサントリー学芸賞、「子供より古書が大事と思いたい」で講談社エッセイ賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/08 20:31

投稿元:ブクログ

いろんな線がだんだん繋がっていくので引き込まれました。セクシュアルな場面が多くてそういうふうなんだーと場末の一主婦には刺激的でした。ははと笑えるエンターテインメントなストーリーで楽しかった!9

2014/11/17 18:36

投稿元:ブクログ

スプラッターでエロチックで、ミステリアスなサスペンスで、歴史SFとも言えるが、本質的にはコメディ活劇だろう。

面白い。とても面白い。しかし登場してくる全ての人物に深みが無い。それまでの人生が感じられない。言動の元となる思想が見えてこない。

バルザックのパスティーシュなのかもしれないが、ということは大規模な群像劇であるところの人間喜劇も所詮カタログ的な物語に過ぎないのかもと思わせる。確かめてみないと。十三人組を読んで・・・。

2014/06/04 08:09

投稿元:ブクログ

予想以上におもしろかったー。19世紀パリのモンフォーコンにある糞尿と廃馬処理場から始まるのは奇想天外なユートピア物語。途中からは起きている出来事なのか、バルザックが書く物語なのかわからなくなり...ちとグロいとこもあるので、苦手な方はご注意を!

2014/06/15 15:26

投稿元:ブクログ

オノレ・ド・バルザックといえば、一作品の登場人物を他の作品でも使い回す「人物再登場法」を駆使し、総体として『人間喜劇』という一大世界を創りあげた19世紀パリを代表する大文豪だが、そのバルザック本人や関係者、さらには作中人物や友人ヴィクトル・ユゴー作『レ・ミゼラブル』の登場人物等々に、同時代人である空想的社会主義者フーリエやサン・シモン主義信奉者をからませた19世紀パリを舞台にした長篇娯楽大作。

パリは石造りの堅牢な建物でできた大都市である。同じ大都市でもロンドンに赤煉瓦の建築が多いのは、パリのように地下から石を掘り出すことができなかったからだ、と聞いたことがある。あれほどの石造建築が可能となるには、どれほどの石を掘り出す必要があったことか。そう考えれば、パリの地下に採石場跡や坑道が黒々と穴を開けている様子が想像できるにちがいない。

いまひとつ思い出してほしいのは19世紀という時代。今とちがってどこに行くにも馬車を使うので、病気や事故で死んだ馬の処理場が、パリ市外モンフォーコンの地に設けられていた。そこでは廃馬の処理から出た血溜りの池のほかに、パリ市民から出た屎尿処理用の溜池が併設され、猛烈な悪臭が周囲に漂っていたばかりでなく、屍肉を狙う鼠が繁殖してもいた。この悪化するばかりの環境を何とかしようと苦闘していたのが公衆衛生学者パラン・デュ・シャトレ、実在の人物である。馬肉密売業者を追って当地を訪れたのが、新任警視総監アンリ・ジスケ。この二人が探偵役となり、七月王政下のパリに暗躍する陰謀を暴く、というのが大筋である。

狂言回し役を務めるのが人気作家で大の女好きであるバルザック。彼のところにカストリ侯爵夫人から手紙が届く。夫人は取り巻きの紳士貴顕を操って、革命的とも思える社会改革を画策していた。一方、サン・シモン教会と、その対抗馬であるフーリエ主義者もまた独自に自分たちの考える社会の実践の場を模索していた。それらが三つ巴のように絡まりあう中に、モンフォーコンの廃場処理業者の妻で日本人のキクが投げ入れられることで、サフィエンヌ的陰謀という副主題が浮かび上がる。

バルザックの若書きの小説とされる『デヴォラン組』という偽書を捏造し、古書店のゾッキ本の棚に紛れ込ませ、その中に登場する人物本人の目に触れさせることで、本の筋書きがまるで「予言」ででもあったかのように成就させるという悪魔のような試みに、逆らいながらも巻きこまれてゆく、バルザックや社交界の寵児アンリ・ド・マルセー。

自分が書いたこともない三巻本の小説に付された四巻目の梗概にしたがって、小説を書き進めるバルザックの姿と、小説中の事件の渦中にある登場人物がカット・バックの手法で目まぐるしく入れ替わり立ち替わり立ち現われる。作家と、作家が創造した人物とがともに同じレベルで出会うという、メタ小説的展開なのだが、作者の意図は、案外にポスト・モダンな小説なぞを書くところになく、ポオに始まる探偵小説やジュール・ヴェルヌらの黎明期SFの世界に自ら遊ぶというあたりにあるのではないか。克明な地下世界の描写が江戸川乱歩の描くジオラマ風であるのも愉しい。

19世紀パリに対する百科全書的な知識を総動員して書き上げたバルザックやユゴーばりの長篇は、仕掛けの面白さはともかく、頭をひねる難解さからはほど遠く、久生十蘭や小栗虫太郎の小説世界に遊ぶような懐かしさに溢れている。おしむらくは、人間の描き方が平板で個性に乏しい。ユゴーの創造によるジャヴェール警部に勝るようなキャラクターがあと何人かほしいところ。画一的な人物像に躓いたか、483ページで給水装置のハンドルを回すジャヴェールの名が四箇所ほどジスケと入れ替わってしまっている。このとき、ジスケは別の場所にいるので、単なるまちがいである。連載中の誤りなら単行本化した時点でなおせるはず。編集者の手は入らなかったのか。思案に苦しむところだ。理屈抜きで楽しむにはもってこいの娯楽作といえよう。ただ、バルザックやユゴーの小説好きには、疎遠な読者には分からぬ愉しみが隠されている予感もする。素人が何をいうかと思われるむきには予めお詫びしておきたい。

2014/04/04 15:50

投稿元:ブクログ

2012年まで文學界に連載されたいた話ですね、、、ワクワク

文藝春秋のPR
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163900681

2014/07/15 20:54

投稿元:ブクログ

実在の人物と小説の登場人物をクロスさせ、空想社会主義やフェミニズムや環境問題をおちょくっているところが、とても笑えます。おちょくり方が半端ではないのです。細かいところまで行き届いていて、抱腹絶倒。かなり真剣に向き合う問題も多い中、見事に抉り出しています。
登場人物の行動も期待を裏切りません。この人は死んだ筈なんていうのは野暮。消し方も計算されていますが、これはやや乱暴かな。スカトロ系が苦手な人にはお勧めできません。
著者の作品の中でいうと、虚構作品は少ないのですが、現代風俗や日本モノに比べると、ダントツにおもしろいです。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【パリ地下に驚異の自給自足社会が実現!?】19世紀のパリ。バルザックは美貌の侯爵夫人から自分の古いペンネームが冠された小説を預かる。身に覚えのない小説が暴走を始めた。