サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 日本に来たユダヤ難民 ヒトラーの魔手を逃れて/約束の地への長い旅

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本に来たユダヤ難民 ヒトラーの魔手を逃れて/約束の地への長い旅
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/28
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-05067-3
  • 国内送料無料

紙の本

日本に来たユダヤ難民 ヒトラーの魔手を逃れて/約束の地への長い旅

著者 ゾラフ・バルハフティク (著),滝川 義人 (訳)

リトアニアの日本領事・杉原千畝は、本省の指令に反してビザを発行し、多くのユダヤ人が日本にやってきた。ホロコーストという民族の悲劇に直面しながら、希望を失わない人々の姿を描...

もっと見る

日本に来たユダヤ難民 ヒトラーの魔手を逃れて/約束の地への長い旅

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リトアニアの日本領事・杉原千畝は、本省の指令に反してビザを発行し、多くのユダヤ人が日本にやってきた。ホロコーストという民族の悲劇に直面しながら、希望を失わない人々の姿を描いたドキュメント。見返しに地図あり。〔1992年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、杉原千畝によって救われたユダヤ人側から書かれた。
その長い苦難の道のりと、ついにはイスラエル建国へとたどりつくまでの極限のドラマ。
場所と時代を超えて読む者の魂をゆさぶる迫真と感動のドキュメント!【商品解説】

著者紹介

ゾラフ・バルハフティク

略歴
〈ゾラフ・バルハフティク〉1906〜2002年。ワルシャワ生まれ。ワルシャワ大学卒業。法学博士。83年、ヘブライ法の研究でイスラエル賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/12 23:57

投稿元:ブクログ

著者は48~81年イスラエルの国会議員、62~74年まで宗教大臣を務めた人物。
杉原千畝さんなども出てくる。
当時の日本の状況やユダヤ人社会についても詳しく書かれていて、日本人や日本郵船に代表される企業、中央省庁などがユダヤ人難民の救済に貢献した事を知って少し当時の日本を誇らしく感じた。

2014/06/17 20:27

投稿元:ブクログ

ユダヤ人をタバコ屋から追放するために、タバコ屋は土曜も営業する法律を作った。
ユダヤ人有力者はつぎつぎと脱出していった。やはり金とコネの世界なんだ。
救出は選別にならざるを得ない。全員の救出は無理だった。
キュソラビザで、本当にキュソラに行けるなんて思っていなかった。なんとかなった。日本もオランダも機転を利かせていた。
難民のなかで一番大きくしかも統制のとれた集団は神学校だった。
日本では安堵感があったようだ。よかった。日本からも多くの支援物資を難民に送っていたそうだ。
日本郵船の協力でビザ発行や船を出していた。
生き残り難民の回復は速かったが、故郷に戻ると迷惑がられて、殺されたケースも多い。
アウシュビッツから脱走したユダヤ人をポーランド人は捕まえてドイツ兵に渡していた。
本当に多くの問題がずっと残っていた。

戦争体験記 ランキング

戦争体験記のランキングをご紹介します一覧を見る