サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方
フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方 フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/28
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:19cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-487-80812-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

著者 伊藤 洋志 (著),pha (著)

暮らしの拠点は1カ所でなくてもいい。都会か田舎か、定住か移住かという二者択一を超えて、「当たり前」を生きられる本拠地“フルサト”をつくろう! 多拠点居住で、「生きる」「楽...

もっと見る

フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

フルサトをつくる

1,210(税込)

フルサトをつくる

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暮らしの拠点は1カ所でなくてもいい。都会か田舎か、定住か移住かという二者択一を超えて、「当たり前」を生きられる本拠地“フルサト”をつくろう! 多拠点居住で、「生きる」「楽しむ」を自給する暮らし方の実践レポート。【「TRC MARC」の商品解説】

暮らしの拠点は1か所でなくてもいい。
都会か田舎か、定住か移住かという二者択一を超えて、「当たり前」を生きられるもう一つの本拠地、“フルサト”をつくろう!
多拠点居住で、「生きる」、「楽しむ」を自給する暮らし方の実践レポート。【商品解説】

著者紹介

伊藤 洋志

略歴
〈伊藤洋志〉1979年生まれ。香川県出身。仕事づくりレーベル「ナリワイ」代表。
〈pha〉1978年生まれ。大阪府出身。シェアハウス「ギークハウスプロジェクト」発起人。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/24 12:01

投稿元:ブクログ

最近読んだ中で一番刺激と学びのあった本。地域おこし協力隊の対極にある軽くて堅苦しくない二地域居住に、多くの人に関心を持ってもらいたいです。

2015/06/14 17:37

投稿元:ブクログ

都会と田舎を行き来する多拠点生活の始め方の指南書。
フルサトの選び方から住まいの見つけ方、つながりのつくり方、田舎での仕事のつくり方に至るまで参考になりました。

第2の拠点におけるつながりのつくり方の要点が、特に興味深かったです。
”地元コミュニティとうまく付き合えるかどうかは重要”
”心地よく暮らすにはずっと住んでいる地元の人/他から移住してきた人/ときどき遊びに来る人の3つのバランスが必要”
”状況に応じて「人が集まる要素」「人が集まりにくくなる要素」を使い分けてコミュニティのオープンさのバランスを取る”

ゆるやかな3層構造のコミュニティの輪は風通しの良さを生む。
コミュニティのオープン度合いの調整により、密度の濃いコミュニティの核とコミュニティの活性化に必要な人の賑わいを作る。

シェアハウス暮らしや地域活動等、家と会社以外のコミュニティに属する身としては、
上記は田舎暮らしに限らず、地域活動やシェアハウス内でのコミュニティ作り等にも当てはまるように思いました。

2015/08/05 22:27

投稿元:ブクログ

フルサト=生まれ故郷ではなく、また都会か田舎かで二者択一を迫るのでもなく、もっとゆるく、肩の力を抜いた姿勢で人生に臨みましょうよ、という著者たちの提案には共感できる。
単なるコンセプトや机上の理屈ではなく、実際に自身が経験した具体的な事例を挙げて説明しているので、イメージを重ねやすい。
ただ対象年齢的にはおそらく20代がド真ん中で、私のように40代以上になるとこのモデルケースをそのままなぞるのは難しいだろう。
発想そのものはとても参考になる。
あとは、著者の2人がところどころで田舎における生活をゲームに例えていたりするのが気になった。
これも世代間のギャップか…?

2014/09/18 19:13

投稿元:ブクログ

東京の ひとものことのスピードに感じる違和感。
人生に余裕は必要だ やはりと思う
空の青さを感じ、雲の動くのを見れる余裕

生産性とか業務効率化とかスキルを身につけるとか
それはそれでとっても大切なことなんだけど
まぁでも孔子とかイエスキリストの時代から人間はさほど変わっていないのであって
悩んだり喜んだり戦争したり隠遁したりしながら生きているのだ
そこのベースは変わってないから
同じくあと数千年も人間は変わらないだろう

たまたま今の時代に生まれたから
仕事というゲームがとりあえず用意されたけど
どうしてもそのフィールドで戦わなきゃいけないわけでもない
昔とはゲームのバージョンも違うのだし

132

2014/09/30 13:54

投稿元:ブクログ

 「経済競争が激しく行なわれている世界から脱出できる場所を持つこと。これがフルサトをつくることの主眼である」。和歌山県の熊野に家を建て、前書「ナリワイをつくる」でも田舎への多拠点居住をすすめてきた伊藤氏が、シェアハウスの共同運営を機に「ニートの歩き方」の著者として知られるpha(ファ)氏と新たに共同執筆した一冊。
 リアル故郷より自由度の高いフルサトの家、仕事、つながり、文化…楽しいつくり方を提示する。

2014/07/31 21:13

投稿元:ブクログ

 読んでいて面白い。
 なんでも拡大し、過剰生産するのではなく、まかなえる範囲で初めて見るという考え方は、当たり前なんだけど現代ビジネスから考えると異端。
 身の丈に合ったというか、普通に生きるに近いビジネスの考え方だなぁ……。

2015/03/15 12:57

投稿元:ブクログ

都会に住んでいる人がたまに遊びにいくだけとはちょっと違う、もうちょっと田舎に関わりたいという思い。田舎に骨を埋める覚悟はない、と言うか多分そんなものは持ちたくもない。東京はにぎやかで面白いが、何をするにも金がかかり家賃だけでもガンガン金が減っていく、無職のニートにとってはRPGの毒の沼地にいるようなものだ。でも閉鎖的で息苦しい田舎の人間関係に取り込まれるのはいやだ。

ここだけ読むと何を自分勝手なとか、そんな考えで上手くいくわけがないとかいろいろ思う人もいるだろう。本を読んでいてもちょっと頭でっかちと感じてしまうところは確かにある。しかしこんな生活が出来たらいいなと共感する人は多いだろうし、受け入れ側がOKならおそらく需要はある。例えば徳島の神山町がクリエイターや起業家を集めようとしているのも似たような話だ。

やろうとしているのは田舎でのシェアハウスを核とした「フルサト」づくり。別荘を持った時の失敗パターンはだんだん行くのがめんどくさくなって放置されること。家はすみ人がいなくなると湿気がこもったりして傷みが早くなる。なぜシェアハウスかと言うと一人だと使い切れないからだ。しかもいざとなれば逃げ込める場所を作っておくことが出来る。前提となっているのは過疎地だと人手不足なのでちょっとした仕事はたくさんあって、生活コストが安いので生活は何とかなると言うところだ。ただこのまま人口減が続き税収減でインフラが維持できないところが出てくるとしたらどこでも出来ると言うことではないだろう。

シェアハウスもおんぼろのまま安く借りたり譲り受けたりして、出来るだけ自分たちで修理していく。これも一人だと大変だが合宿みたいにしてイベント化している。この件は楽しそう。三食と温泉とおやつが床張りワークショップの醍醐味とあまり突き詰めず軽いノリでやってる様だ。50mの長さの床を1種間9人で張り替えると、まあ確かに一人で2ヶ月だとやってられないかも。

移住者側が田舎で居心地よく暮らすには地元民、移住してきた人、時々遊びにくる人のバランスが取れてることが必要だと著者の一人が言う。まず地元民が移住者にオープンな所でないと成り立たない。それでも移住者が他にいないと疎外感はどうしても出るし「骨を埋める」覚悟の話になっていく。移住者コミュニティがあれば息苦しさが薄れるし、時々遊びにくる人がいるほうが刺激になる。まあわがままな話なんです。だから需要があるのだろうけど。

田舎だと制度的に家を貸すしくみが整っていないらしい。持ち主に貸し出す意欲がなく維持コストもかからないからほったらかしでも困らない。盆と正月に帰省者が増えた時だけ使うからそのままでいいと言う感じだ。場所によってはよそ者アレルギーもあるし、仏壇があるから貸せないと言う例もある。また壊れているから貸せる分けないと思ってる例もある。逆に移住者が多すぎて家賃が高騰している離島もあるらしいのだがそれはそれで土地に魅力があるのでしょ、なんとかなりそうだけどねえ。

35年の住宅ローンを払い続けるのとお金がかからない田舎への移住、そこだけ見れば後者に憧れる人も���いのでしょう。田舎のシェアハウスは軽く体験するにはいいんじゃないでしょうか。とは言え私は都会が好きだけど。

2014/09/23 00:35

投稿元:ブクログ

ただただ、いいなーと思う。今住んでるところも田舎だから、こういう若者たちが来たらいいのに。そうしたら、その人たちと一緒に遊べるのに。空き家もたくさんあるらしいし。東京で住むなんて私には考えられないけど。床貼りみたいに作業をしながらだと確かに仲良くなれるよね。すごく気楽に読める本。字も大きいし。

2016/05/16 11:19

投稿元:ブクログ

都会生まれ、都会育ちで帰れる田舎を持たない人たちが、いざとなったら静かに過ごせる場所「フルサト」をつくる。都会か田舎かではなく、ゆるやかにいい所取りをする感覚の話だ。都市と田舎の交流をつくったり、田舎にカフェのような文化的要素を増やしたり、楽しく田舎と関わっている様子が分かる。

フルサトの条件とは、心身ともに健やかに生活が送れる、動物的なペースや感覚で暮らせる、自力で食べ物が調達できる余地があるなど、都市的マネー経済から離れられる要素が多いこと。似た事例として、農閑期に行く湯治場、北欧のサマーハウス、ロシアのダーチャなどを挙げている。

終盤はフルサトを作ることの思想的意義。歴史的に見ても価値観の転換期であるし、価値観刷新することで様々な展開がありえることが分かる。

フルサトでの仕事は第一に面白いからであり、さらに他者との関係をつくるためであり、ついでに生活の糧を得ると言う順番である。
家計の考え方は「年収いくら?」ではなく「自給力どのくらい?」だ。
田舎だと必要なものは自分たちで作っていくことが多い。手間がかかるが小規模で質が追求できるというのが、これからの時代のポイントとなるだろう。こうした暮らしのを通じて、身体感覚も変わってきたという。

2016/11/03 01:16

投稿元:ブクログ

『ナリワイをつくる』(東京書籍)の伊藤洋志と、『ニートの歩き方』(技術評論社)のphaが協力して、和歌山の熊野にある古い家屋を改装し、田舎に生活の拠点を作った経緯とその意義が語られています。

田舎と都会の両方に足場を置くことで、経済至上主義的な発想から自由な生き方をめざすという著者たちのチャレンジする姿に共感を抱きました。

2014/04/27 23:56

投稿元:ブクログ

フルサトつくろう
以下のURLで一部読めます

『フルサトをつくる』目次と「はじめに」を公開します - phaの日記
http://pha.hateblo.jp/entry/2014/04/27/224041

2015/05/26 09:55

投稿元:ブクログ

「フルサトをつくる」は単なる田舎への移住のススメや自然主義的な地方礼賛本でもない。

都会のほうが面白いことが多いし、イベントごともいっぱいあるし、人も多くて賑やかだ。

でも、地方は静かで、自然豊かで、家も土地もたくさんあって、畑をやったり、空き家再生したりと、することも意外と多いし、生活コストも低い。

ここで、都会と地方、どっちがいいか、みたいな話になるけれど、どちらか一方しか選べない、なんてわけでもない。

たまに遊びに行くことができて、いざとなったら、安心して帰ることのできるコミュニティがある場所、それが「フルサト」だ。

完全に田舎に移住しなくても、田舎の良さを味わいながら、生活の拠点をいくつか持つ。インターネットや交通網の発達によって、そうした生き方も十分可能になった。

田舎に実家がある人もいるかもしれないが、それとは少し異なる。
そうした血縁・地縁ほどつながりは強くないけれど、適度に気の合う仲間が集まる田舎のコミュニティ、といったイメージだ。


そんなもの本当にできるの?と思うかもしれない。
本書では、どうやってフルサトをつくるか、ということについて、実際にフルサトをつくって、一つの拠点としている伊藤氏と、それに乗っかったPha氏の二人で、自身のその実践事例を紹介している。

住む場所の見つけ方、コミュニティ・イベントの作り方、仕事の作り方(見つけ方ではない)、など。

本書の全体を通して感じる雰囲気は「無理しない」「頑張りすぎない」という力の抜き加減だ。

ずっとその場所で暮らすとも限らない、失敗してもほかの土地はいっぱいある、一人でやらない、楽しいことを見つけながらやる、
リスクはとらない、など「移住」という言葉の重さやハードルをできる限り下げてくれている。

Pha氏の「だるい」「めんどうくさい」という感覚は、一見否定的で怠惰な印象だけど、とても大切なことで、そういった気持ちを大事にしないと、どこかでストレスを感じてしまっていて、楽しいはずのことが楽しめなくなる。
彼の生き方すべてを肯定するわけでもないし、頑張っている人や、向上心の高い人を否定するわけでもないけれど、生きていることに疲れている人が大勢いるなかで、だるいなぁと思いながら、「面白い」と思うようなことを実践している彼の生活感覚はとても優れた面がある。

「フルサト」というカタカナの故郷は、新しい故郷の考え方だ。

「ちょっとやってみませんか」という軽い誘いで本書は締めくくられる。

軽い気持ちでも、意外とやれる、ということを示してくれる多拠点居住・プチ移住の本というのも面白い。
そして、そんなフルサトでの暮らしやそこに集う人たちも、またきっと面白いだろう。

2014/07/29 11:14

投稿元:ブクログ

軽い気持ちで読み始めたがかなりの実用書だった。
具体的なノウハウがふんだんに散りばめられている。しかもバトルタイプでは無い方法で誰にでも始められそうだ。

必要なものがあれば作ればいい。利益中心で作ると大変だからたまにやる程度で。場所なら物理的に腐るほどある。むしろ使うだけで価値が出る。

全体的にすんなりと受け入れることが出来た。ゆるくやるための良い知見だ。これを知れたことは大きい。

暇だとジャンキーになる。チャレンジリストはたくさんストックしておくと人生に飽きないで済む。
良い考え。

全体を通して読むとフルサトを作らないという理由は無いなと感じる。デメリットがあってもやらない理由にはならない。
しかしすぐに行動するには躊躇してしまうのが現状だ。主に自分の場合だと仕事が弊害になっている、しかし弊害になっていると解れば少しづつでも解消していける気がする。
防御を固めよう。まずはそれからだ。

2014/11/01 14:51

投稿元:ブクログ

カラダとココロのメンテナンスをするための場所を田舎に作ってはどうか?という本
”地域再生”という観点で読むと面白いかも

2015/07/09 12:43

投稿元:ブクログ

関東に住みたくない。
熊野は特殊事例なのか、よそでも起きてるのか、これから起きうるのか、はわからないけども、とりあえず関東に人が多すぎてつらいのでなんとかなってほしいものです。ただ、反経済学的な部分はちらほら見えて違和感。

人生訓 ランキング

人生訓のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む