サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!?(一迅社文庫アイリス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 一迅社
  • レーベル: 一迅社文庫アイリス
  • サイズ:15cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7580-4560-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)

著者 芹名 りせ (著)

結婚式に乱入してきた美青年フェルナンと、なりゆきで駆け落ちすることになったアンリエッタ。おまけに彼は王宮騎士の追っ手付き。どんな凶悪犯かと思いきや、指名手配されたのは自分...

もっと見る

逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結婚式に乱入してきた美青年フェルナンと、なりゆきで駆け落ちすることになったアンリエッタ。おまけに彼は王宮騎士の追っ手付き。どんな凶悪犯かと思いきや、指名手配されたのは自分のほう!!罪状は王子を誑かした悪女が転じて『誘拐罪』。って、あんた王子なの?人捜しを手伝えば誤解を解いてやると傲慢な彼に憤慨するも、このままでは街すら歩けない。仕方なく協力したら、拘束どころか命の危機もあって!?危険な逃走劇、開幕!【「BOOK」データベースの商品解説】

結婚式に乱入してきた美青年フェルナンと、なりゆきで駆け落ちすることになったアンリエッタ。王宮騎士に追われている彼は実は王子で、アンリエッタは王子を誑かした悪女として指名手配されてしまい…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

続きが出てくれたらいいなぁ

2014/08/18 22:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モノクロ+ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話だけで終わるのはもったいないと思ったので。最後婚約者と破談にされて、俺様王子の城に小間使いとして連れていかれることになった主人公。ぜひ、その続きを読みたいです。ラブ期待です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/24 22:48

投稿元:ブクログ

アンリエッタがお金のための結婚式をあげようとしているところに、突如乱入してきた王子様フェルナンのボタンに髪がからみついてやむなく逃走ってところはいいのですけど、フェルナンの逃走の理由がちょっとくだらなすぎて、あそこまで大事にならなくてもよかったのにって思いました。

この巻ではアンリエッタとフェルナンはずっとケンカばっかりしているので、ちょっと疲れちゃいますけど、次巻ではフェルナンがデレになってくれるんでしょうか。いきなり嫉妬心むき出しでもいいんですけど、フェルナンに甘さが欲しいところです。

2014/09/08 17:17

投稿元:ブクログ

喧嘩カップルなのだがラブの盛り上がりもなく、逃亡事件の顛末もたいしたことないのだ。もう少しぐっとくるものが欲しかった。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3878.html