サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わたしを追いかけて(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

わたしを追いかけて (メディアワークス文庫)

著者 高村 透 (著)

尊厳死。それは、自らの意思によって延命措置を受けずに、人間としての尊厳を保ちながら最期を迎えること。実際に現代日本でも法制化の動きがあるが、孕む問題の大きさゆえに、法案の...

もっと見る

わたしを追いかけて (メディアワークス文庫)

637(税込)

わたしを追いかけて

637(税込)

わたしを追いかけて

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

尊厳死。それは、自らの意思によって延命措置を受けずに、人間としての尊厳を保ちながら最期を迎えること。実際に現代日本でも法制化の動きがあるが、孕む問題の大きさゆえに、法案の是非をめぐり、さまざまな議論が戦わされている。そんな「尊厳死」を題材にした本作では、近しい者の死に直面した人々が思い悩みながら生きる姿を、ときに切なく、ときに凄惨に描いていく。人間が決して避けられない「死」。あなたにとって「死」とは、そして「生」とは?【「BOOK」データベースの商品解説】

尊厳死、それは自らの意思によって延命措置を受けずに、人間としての尊厳を保ちながら最期を迎えること-。近しい者の死に直面した人々が思い悩みながら生きる姿を、ときに切なく、ときに凄惨に描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/21 17:27

投稿元:ブクログ

メディアワークス文庫というと、比較的ライトなノベルを出してるイメージがあったので、死生観をテーマにした本作はとても異質に感じられました。そのギャップが気になって手に取ってみたのですが、読後の印象としてはぶっちゃけ微妙なところが…

まず、小説内小説の形を取っていることの意義といいますか、それで読み手にどのように楽しんでもらおうと思ってるのか、が私には理解できませんでした。第一章にあたる「鳩居鵲巣(きゅうきょじゃくそう)」で明日香の大変さや悲痛な気持ちに入れ込んでしまったので、むしろその形式を取っているために、仮に作中における現実をモチーフにしていたとしても、フィクションであることが分かったときの興醒め感がハンパなく、とてもガッカリしました。

そして、それに続く「尊厳死法のナラティブ」という架空の評論文。これがとても退屈。難解な言葉が多くて、読み手のことを考えていない社説を読んでいるような気分になりました。

自分に読み手としての読解力が足りないのかもしれませんが、他の章での比喩表現や情景描写なども、いったい何を表現しようとしているのかが今ひとつ掴みきれませんでした。自分が好みの小説に必ずある没入感や、じっくり読みたいけど先のページをめくりたくもなる苦しいジレンマに思い悩むことが全くなく、作者に置いてけぼりにされたような感覚だけが残りました。

回りくどい小説内小説や評論、インタビューなどといった形式じゃなくて、ストレートに普通の小説として描いてくれたら印象はずいぶん違ってたと思います。

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む