サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

さよなら流星ガール(メディアワークス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

さよなら流星ガール (メディアワークス文庫)

著者 一二三 スイ (著)

北海道のある町で、同じ日同じ病院に生まれた僕と茉莉。家もお隣さん同士という、絵に描いたような幼馴染の僕ら。唯一の違いは“健康な体”で生まれてきたかどうかだった。けれど彼女...

もっと見る

さよなら流星ガール (メディアワークス文庫)

594(税込)

さよなら流星ガール

594 (税込)

さよなら流星ガール

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

北海道のある町で、同じ日同じ病院に生まれた僕と茉莉。家もお隣さん同士という、絵に描いたような幼馴染の僕ら。唯一の違いは“健康な体”で生まれてきたかどうかだった。けれど彼女は、その小さく病弱な体じゃ足りないほどの好奇心に溢れていた―。ちょっとどうかと思う理系女子に成長した茉莉は、いつも僕を振り回してばかり。ただ、僕には言えない大きな秘密を抱えているようで―。これは、きらきらの恋をし、やがては消える少女と僕の、刹那に輝く星のような物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

北海道のある町で、同じ日同じ病院に生まれた僕と茉莉(まつり)。唯一の違いは“健康な体”で生まれてきたかどうかだった。やがて理系女子に成長した茉莉は、大きな秘密を抱えているようで…。刹那に輝く星のような物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/16 19:23

投稿元:ブクログ

たまたまこの小説を手にした結果、メディアワークス文庫という括りでは2作連続で病気と闘う女の子のストーリーを辿ってしまった。そろそろ明るいのください。
シンプルで簡潔なんだけれども不思議と読みづらい文体が自分にはちょっと合わなかった。あと、自由な文章表現って言葉じゃフォローできない誤字が3つも4つも目についたのはさすがにな……。
幼馴染みの男女が過ごした年月は本当ならもっとずっと濃密で、たった一冊に無理矢理収めてしまうのは勿体ないと思った。少なくともこのテーマに限って言えば、三、四冊くらいで一つの作品にしてあげた方がより良いものになっただろうなと感じた。そのくらい、茉莉ちゃんは中身の詰まった魅力的な女の子だったから。
読み終わった後に夜空を見上げたくなる、そんな一冊。自分もやってみたけど曇ってた。

2014/09/14 03:33

投稿元:ブクログ

全然知らずに手をとったけど、世界の終わり、素晴らしき日々よりの作者の作品。
この手の作品は、半分の月がのぼる空を彷彿とさせる。これはもっと現実的で冷たい描写もあるけど。面白かった、人によっては泣くだろうな。

2017/02/24 01:12

投稿元:ブクログ

どんな話なのかなと読み進めていたら何となく終わってしまった。
主人公もヒロインも、イマイチ存在感が希薄だったせいかな。

2014/06/17 17:32

投稿元:ブクログ

この作品は読んで良かったと思う。作品の世界観はとても儚く、脆そうなのだが文章はしっかりとそして、ずっしりとした力強い。このギャップに驚かされる。私自身も持病をいくつか抱えており、茉莉の気持ちは痛いほどよくわかるので少しだけ感情移入をしてしまった。つらいし、苦しいが乗り越えるしかない。終盤の茉莉の言葉に私は救われた気がする。

2014/11/25 15:56

投稿元:ブクログ

「一つ良いことを教えてあげます」

切ないけれどキラキラしたものが残る物語でした。

スプートニクの犬のところは鳥肌が立ってしまいました。そうやって命をつかっていけたら。当たり前だけど忘れてしまっている生と死について考えさせてくれました。

2015/09/17 20:33

投稿元:ブクログ

秋の読書週間

とっても魅力的な女の子と出会える本。偶然の出会いに感謝。

「ひとつ、いいことを教えてあげます」

そんな、つんとした口調で柔らかい青春を味あわせていただきました。

メディアワークス文庫 ランキング

メディアワークス文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む