サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 朱華姫の御召人 1 かくて愛しき、ニセモノ巫女

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

朱華姫の御召人 1 かくて愛しき、ニセモノ巫女(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発売日:2014/05/01
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/265p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601806-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

朱華姫の御召人 1 かくて愛しき、ニセモノ巫女 (コバルト文庫)

著者 白川 紺子 (著)

絶対に誰にも知られてはいけない―母との約束で、先帝の血を引いていることを隠して生活している蛍。親戚の家で下働き同然に扱われていたが、ある日突然、奥の神に仕える巫女、朱華姫...

もっと見る

朱華姫の御召人 1 かくて愛しき、ニセモノ巫女 (コバルト文庫)

626(税込)

朱華姫の御召人1 かくて愛しき、ニセモノ巫女

486 (税込)

朱華姫の御召人1 かくて愛しき、ニセモノ巫女

ポイント :4pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「朱華姫の御召人 1 かくて愛しき、ニセモノ巫女」が含まれるセット商品

朱華姫の御召人 (コバルト文庫) 2巻セット(コバルト文庫)

朱華姫の御召人 (コバルト文庫) 2巻セット

商品説明

絶対に誰にも知られてはいけない―母との約束で、先帝の血を引いていることを隠して生活している蛍。親戚の家で下働き同然に扱われていたが、ある日突然、奥の神に仕える巫女、朱華姫に選ばれてしまい、帝の宮に住むことに!しかも、慣例として第二皇子の柊が御召人となり、常に世話を焼かれるようになる。慣れない生活に四苦八苦する蛍だが、予想もしない秘密と向き合うことになり…!?ジャパネスクファンタジー!【「BOOK」データベースの商品解説】

先帝の血を引いていることを隠して生活していた蛍は、ある日突然、奥の神に仕える巫女・朱華(あけ)姫として帝の宮に住むことに。そこでは、第二皇子の柊が御召人となり、世話を焼かれることになったが…。【「TRC MARC」の商品解説】

先帝の血を引くが、それを隠している蛍は、親戚の家で下働き同然に扱われていた。ある日、帝の命令で奥の神に仕える巫女、朱華姫のふりをして後宮に住むことに。だが、この抜擢には驚くべき秘密が…!


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

初々しいの一言に尽きます(笑)

2016/08/02 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと恥ずかしくなるぐらい初々しいヒロインとヒーローでした(笑)

伏線が張り巡らされていて、これが続編でどう回収されていくのか...どこまで膨れ上がっていくのか(笑)
続きを読んでみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/14 00:13

投稿元:ブクログ

周りに顧みられず育ってきたしっかり者の女の子を無愛想男子が過保護に甘やかす図、王道だけど良いものです。飛鳥時代あたりをベースにした世界観もときめく。散りばめられた言葉が綺麗。

2015/08/05 18:01

投稿元:ブクログ

ついつい表紙&裏表紙買いの1冊です。挿絵が可愛い過ぎて、もう既に表紙から虜になってしまいそうです。
主人公は蛍。杏の実が欲しくて、無茶をしたところから物語は始まるのですが、”朱華姫”に抜擢されてしまうのです。そこには帝のしたたかな思いがあるのですね。
いわゆるシンデレラストーリーです。分かっていても、読み耽ってしまいます。ある日白馬の王子様が!って、どうしてそんな淡い期待を、有り得ないなんて分かっていながら持ち続けてしまうんでしょうね。せめて叶わないなら物語の中だけでも・・・、なんて。つまるところ、女のサガとも言いますか。
そしてこの作品の中に溢れている言葉たちが好きです。蛍に柊、巴に萩、絲、そして帝。更には朝餉に夕餉、そういった平安の世を感じさせてくれる言葉に既に酔いしれてしまいます。宮廷楽と香りが充満してきそうな描写。源氏物語を想像してしまいそうな雰囲気に、次々ページをめくりたくなります。こういう感じ、好きです。
続編ありです。これは買いで決まりです。それぞれのキャラクターに色気があって続きがすごく気になってしまいます!個人的には、特に絲の色香、凛とした艶っぽさが見逃せないです。
小難しい小説もすごく好きなんです。でも、箸休めも必要じゃない。きゅんきゅんしながら世界観に没頭するようなライトノベルって、だからやめられないのです。最近のライトノベルの挿絵は可愛過ぎる!!!!
たちがズラリと並ぶとね。源氏物語的な、あーゆう時代背景が好きです。
朝餉に夕餉、すみません・・・、羹(あつもの)という言葉は知らなかったです。いやはや、もう覚えましたよ。とりあえず、もうこの作者、要チェックです。読んでみて良かった。
あ、続編あるんですね。これはこれは、買いで決まりです。続き、気になってしまう。あえて言うならば、この世界のほんの少し入口に立ったまで、なわけですよ。もっともっと、深く、この世界に深く入り込みたいわけですよ。
主人公は蛍。つまり、このストーリーのシンデレラ。いやぁ、そこは控えめでなくシンデレラです。そしてちょっと癖のある皇子様。
小難しい小説もすごく好きなんです。でも、やっぱり箸休めが必要じゃない。そして止まらない活字欲。というわけで、こういうライトノベルがやめられないんですよね。そして最近のライトノベルの挿絵は可愛過ぎる!!!!

2015/01/12 20:35

投稿元:ブクログ

設定が好みだったんで購入。
強引俺様ヒーローが好きなんで、柊が蛍にあまあま過ぎて、ちょっと物足りなかったです。

穢れ神が付いていて化け物扱いでのけ者にされている境遇から、優しくしてくれた蛍にどっぷりハマってしまう柊の気持ちは分からんでもないですけど、甘やかすだけじゃだめでしょう。腹黒い感じの萩とか帝の方が好きかも。

この巻では蛍の出生の秘密はまだ明らかにはなってませんが、せっかくの設定なんで、次巻ではこっちも問題になりそうです。

2014/06/01 23:48

投稿元:ブクログ

白川紺子さんの新作を読破。

前シリーズ「リリー骨董店の白雪姫」が好きだったおで、こちらも買ってみました。

白川紺子さんの新作を読破。

平安っぽい雰囲気の架空世界が舞台のお話で、神様とか、巫女とか、御召人などなど、気になる言葉がたくさん。

特に〈泳の宮-くくりのみや-〉という単語に「ん?」ってなりました。

神をくくりつける宮って……なんだかすごく不穏な感じ。

くくるってことは、自由を封じて縛りつけるというイメージがあるからかも。

国の繁栄のために、神様を呼びだして、逃げられないように縛りつける――と取れたので(;^-^)

まあ実際似たようなものかな?

巫女に惚れた神様が、巫女を神の国へと連れ去られないために、偽装夫婦までしてるからな。

巫女に執着している神様はそのまま国に残ってしまっている、って感じなのかも。

その巫女の夫役が「御召人」

ヒロインの蛍はわけありで巫女役に選ばれて、身辺警護や世話役に国の第二皇子さまが御召人となって。

皇子さま――柊の過保護っぷりがなんともまあ(苦笑)

帯に書いてあるとおりの「甘やかされ」っぷり。

でも彼の過保護っぷりはちゃんと意味があったんだよなあ。

柊は傷ついてもすぐに怪我が治ってしまう特異体質で。

なんていうか……怪我したら痛いってことをわかっているから、余計過保護になっちゃうのかな?

でもさすがに、このままずっと甘やかされてばかりだとよくないような気も……と思ったり。

誰かが言ったように「このままじゃ蛍はダメになる」ぞ? って感じました。

蛍も一人でがんばろうってするんだけれども、なかなかうまくいかず……というか、結局流されてしまうんだよなあ。

巫女候補だった絲の方がよりずっとしっかりしているけれど、彼女もどこかズレていたしなwww

この作品の女の子キャラはちょっとズレてるなと思いました。

だがそこがいい(*゚∀゚)



蛍の出生の秘密や、昔の争いごとや、暗躍する謎の存在などなど。

気になることもりだくさんです。

それでもほのぼのした二人のやりとりにはにまにましてしまいましたが。



由利子さんのイラストもすてきですー(*´▽`)

2014/07/30 10:27

投稿元:ブクログ

作者の前の作品はイギリスを舞台に書かれていましたが、今回は架空の和風が舞台のお話。
布石の一巻という雰囲気ですが、続刊への期待値も含めて面白かった。
苦難に耐える彼と彼女が支え合うようなシリアスストーリーになりそう
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3821.html