サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 禁じられた戯れ 王太子の指は乙女を淫らに奏で

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

禁じられた戯れ 王太子の指は乙女を淫らに奏で(シフォン文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/02
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: シフォン文庫
  • サイズ:15cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-670050-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

禁じられた戯れ 王太子の指は乙女を淫らに奏で (シフォン文庫)

著者 あまおう 紅 (著),花岡 美莉 (イラスト)

パヴェンナ王国の王女エウフェミアは両親を早くに亡くし、王太子の兄ヴァレンテだけを頼りに生きてきた。隣国ミゼランツェの王子クラウディオと名目上の『白い結婚』をし、ずっと自国...

もっと見る

禁じられた戯れ 王太子の指は乙女を淫らに奏で (シフォン文庫)

648(税込)

禁じられた戯れ【特典ミニ小説付】

648 (税込)

禁じられた戯れ【特典ミニ小説付】

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パヴェンナ王国の王女エウフェミアは両親を早くに亡くし、王太子の兄ヴァレンテだけを頼りに生きてきた。隣国ミゼランツェの王子クラウディオと名目上の『白い結婚』をし、ずっと自国で暮らしていたが、いよいよクラウディオが迎えに来ることに。エウフェミアは夫を愛していこうと心を決めるものの、ヴァレンテがエウフェミアに対し、強すぎる執着心をあらわにするようになって…?燃え上がる禁断の恋!【「BOOK」データベースの商品解説】

エウフェミアは王太子の兄ヴァレンテだけを頼りに生きてきた。だが、名目上の結婚相手クラウディオが彼女を迎えに来る。そこでヴァレンテがエウフェミアへの強すぎる執着心をあらわにし始めて…?


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/06 22:51

投稿元:ブクログ

兄妹ものですが、ちょっと微妙。兄の執着もクラウディオの執着も、シフォン文庫じゃなくソーニャ文庫っぽい感じだと思いました。

こんな禁断愛の場合、双方ともに元々愛を感じていて、それが高ぶって一線を越えるっていうのが多いと思うし、共感できるんですが、このお話では、エウフェミアは兄に対して、当初家族愛しか持っておらず、素直に隣国の王子クラウディオとの結婚を楽しみにしていたのを無理遣りヴァレンテが奪ったって感じで、そこがちょっとねって感じでした。

途中ヴァレンテが僕3人にエウフェミアを責めさせるところも微妙でした。エウフェミアは責めの苦痛から逃れるためにヴァレンテに従った感があります。

ラストはハッピーエンドにはなっていますけど、私的にはイマイチでした。花岡美莉さんのイラストはきれいでした。

2015/05/08 16:07

投稿元:ブクログ

タイトル・サブタイトル・表紙どれをとってもコテコテ。閉架図書だったのでリクエストして、絵本や家づくり関係の本とともにこれを借りた。ちょっと恥ずかしかったけどww 表紙が目立つので家に置いてあったら旦那に「なんなのこれ?」って言われた。
それはさておき感想。性描写は濃厚で多い。近親相姦・レイプ物のせいもあり、感情移入はしにくかった。クラウディオも気の毒な気がする。
こういうのたまに読んでみたかったけど、1冊でお腹いっぱいかな…。いわゆる官能小説ではなくとも、ストーリーや心理描写がしっかりした普通の小説にも性描写は出てくるし、出てこなくても妄想でことたりるからww

女性向け ランキング

女性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む