サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5(GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5(GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5(GA文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/15
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-7714-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5 (GA文庫)

著者 大森 藤ノ (著),ヤスダ スズヒト (イラスト)

「リリ達は囮にされました!すぐにモンスターがやって来ます!」「…そんなっ」「おいおいっ、冗談だろ?」鍛冶師のヴェルフを加え中層へと進んだベル達。しかし他パーティの策略によ...

もっと見る

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5 (GA文庫)

702(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5

648(税込)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5

ポイント :6pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5」が含まれるセット商品

商品説明

「リリ達は囮にされました!すぐにモンスターがやって来ます!」「…そんなっ」「おいおいっ、冗談だろ?」鍛冶師のヴェルフを加え中層へと進んだベル達。しかし他パーティの策略により一転、ダンジョン内で孤立してしまう。ヘスティアはベルを救うため、Lv.4の元冒険者・リュー、さらには神・ヘルメスと共にダンジョン侵入を試みるが…「―階層主!?」立ち塞がる最凶の敵が、ベル達を更なる絶望へと追いつめる。希望を求め、決死行が繰り広げられる、迷宮譚第五弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

鍛冶師を加え中層へと進んだベル達。しかし他パーティの策略により、ダンジョン内で孤立してしまう。ヘスティアはベルを救うため、Lv.4の元冒険者・リュー、神・ヘルメスと共にダンジョン侵入を試みるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

「リリ達は囮にされました! すぐにモンスターがやって来ます!」
「…そんな」
「おいおいっ、冗談だろ?」
鍛冶師のヴェルフを加え中層へと進んだベル達。しかし他パーティの策略により一転、ダンジョン内で孤立してしまう。
ヘスティアはベルを救うため、Lv.4の元冒険者・リュー、さらには神・ヘルメスと共にダンジョン侵入を試みるが……
「──階層主(ゴライアス)!?」
立ち塞がる最凶の敵が、ベル達を更なる絶望へと追いつめる。
希望を求め、決死行が繰り広げられる、迷宮譚第五弾!

『限界まで──限界を越えて己を賭けろ』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
【商品解説】
出版社からのコメント
《シリーズ累計発行部数370万部突破!!》
《このライトノベルがすごい!2014 新作部門1位・総合部門4位!》
《第3回ラノベ好き書店大賞1位!》
《第4回GA文庫大賞、大賞作品!》
《GooglePlayブックベストof2013ベストラノベ第1位!》

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

Saoの影響を強く感じました

2015/05/08 22:16

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本を読む人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の能力が高過ぎること。ヒロインが美少女で他グループ幹部で強いこと。
でも、本当に似ているのは、言い回し。だから、必要以上に似て感じる。
違いはこっちの世界とつながってないこと。神様がいること。
全体としては、すごくうまく書けてると思う。面白いですよ
点が低いのは、saoに似て見えるから

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/17 21:06

投稿元:ブクログ

最近は俺TUEEE!系が流行と聞きますが、これは王道中の王道、主人公が頑張って強くなるお話です。頑張れリトルルーキー!

2014/05/24 09:38

投稿元:ブクログ

前よりも深層のダンジョン探索編。だいぶパーティとして成長してきてるんだなぁと感じながらもダンジョン的にはまだまだ序の口なんですね。これだけパーティ戦がメインで描かれると新しいメンバー増えないのかなーと期待したり。まぁ今のままでも(物語的に)バランスは悪くなさそうですが。最後の展開には王道っぽい流れとはいえ、やはり痺れるものがありました。挿絵も激アツ。ベルくんの祖父も明らかになったけど、途中で伏線撒かれてたとはいえ、あらためてその名を見て“英雄”なのも納得。

2014/06/18 21:01

投稿元:ブクログ

今回は前回以上にダンジョンダンジョンしてますね.
中層に突入したパーティ.
上層よりも悪辣に湧いてくる魔物たち.
陥るものすごいピンチ.
ベル君のスキル「幸運」たぶんコレすごい役に立ってるよ.
物語的に.
無かったら死んで終わるぐらいに.

2015/02/07 08:10

投稿元:ブクログ

レイド戦の巻。

最後のレイド戦というか、集団戦は燃えた。その中で主人公が途中途中のおいしいところしか出てこない、その造りにある意味関心。

ボスモンスターと主に戦っているのが主人公より強いほかの冒険者、という構図をきちんとしてるのがね。

主人公のチートぶりは他でちゃんとだしているし。

2015/07/25 16:20

投稿元:ブクログ

トラブルに巻き込まれての大冒険の巻。
MMORPG では、割と見かける行為だし、迷惑行為ともされていますね。(^^;
前半と、クライマックスの全力を出し切っている感がとても良いと思います。
救出部隊編成のエピソードも好み。
並行詠唱のくだりなんかもとてもいいなぁ。(^^

2015/03/29 23:21

投稿元:ブクログ

4月からアニメ放映される「ダンまち」シリーズの本編第5巻。著者の筆がノリノリで、3冊分くらいの分量が1冊に詰め込まれているので、読むのがちょっと大変だった。もちろん、読みごたえも充分。異世界RPG(いわゆるドラクエやFF)的なファンタジー世界に対する、著者の憧れとこだわり、そして自分自身の世界観を作りたいという(良い意味での)強烈な自己顕示欲がビシビシ伝わってきた。アニメも楽しみだ~。

2014/10/15 19:27

投稿元:ブクログ

いやもう小気味いいほど男の子成長物として王道ですね!
しかし割とあっさりみんなが「あいつに任せれば大丈夫!」状態になったなーとぼんやり。

2014/06/19 19:44

投稿元:ブクログ

 ベルくんがどんどん強くなりすぎぃぃ。王道の友情・努力・勝利がみれてとても楽しい。

 ただ、このままパターン化されてもつまらないかなとも思い始め・・・むむむ でもやはり面白い。

2015/03/25 00:40

投稿元:ブクログ

評価:☆4.5

「――階層主(ゴライアス)!?」
立ち塞がる最凶の敵が、ベル達を更なる絶望へと追い詰める。希望を求め、決死行が繰り広げられる、迷宮譚第五弾!

『怪物進呈(パス・パレード)』というダンジョン内では日常茶飯事な戦術で窮地に立たされるベル達。
限界まで追い込まれた末にとった、無謀とも言える18階層への進出は手に汗握った。
本当にやられるかもっていう緊張感がいいねこの作品は。

ベルも身の安全を一番に考えてダンジョンに潜って探しに来るヘスティア様も良かった。
アイズに対抗心燃やしまくりなところも可愛いよねw
ヒロイン候補は何人かいるけどヘスティア派。

後半は休憩層に現れたゴライアスをファミリア関係なく一丸となって打ち倒す展開に燃えた!
後ろめたさを持った桜花が漢を見せるところやヴェルフがベルのために意地を捨てるところも素敵。

ベルの祖父に関する新たな事実も明らかになり、物語がまた大きく展開していきそうで今後も楽しみ。

「進もう」
「――みんな、道を開けろぉおおおおおおおおおおおおおお!!」

2014/05/16 22:38

投稿元:ブクログ

ダンジョンダンジョンしてて楽しかった…。
いつになくハーレムかつ最後は熱くて興奮しましたが前半の決死行がなんか好きだなあ。
意味深だった祖父の正体がまさかのアレだったりして今後も目が離せません!

2014/07/31 21:37

投稿元:ブクログ

久々のダンジョン侵攻回。
舞台描写、本編はまさしく王道展開で翻訳版「ダンジョンズ アンド ドラゴンズ」初見の興奮を思い出させます。
神々の様々な思惑が登場人物の生涯を翻弄し歪めていくバックストーリーも……って、あれ?これストーリーはオレTUEEEラノベの皮を被った正統ファンタジーじゃないの?と思ったり。
そしてベルの窮地に颯爽と駆けつける彼女の格好良さったら……。
「エルフきた!」「やっと来た!」「勝つる、これで勝つる‼︎」圧倒的安堵……ところがどっこい息をつかせぬ更なる逆転窮地。
そこでモブや仲間の見せる冒険者の矜恃にこそ今回私は一番シビれました。
メインの描写ではありませんが、今までいがみ合ったり己の欲得のみで関わっていた者たちが共通の敵に手を取り合う姿はその場限りの仮初めの共闘だからこそ、美しく心を打つのだと私は思います。
そこまで悲壮感はありませんが逆シャアのアクシズ墜落を彷彿とさせるシーンは正直大好物です。
こんな感じでストーリーは重厚で読み応えありましたが合間に18階層のごとく巧妙に差し込まれているサービスシーンやコメディパートのおかげでもっともっと先をとページを進めるうちにサクッと読了してしまいました。
剣姫含んだ今回の主要女性キャラ全員のお風呂シーンもバッチリあるよ?
伏線の開示も始まり、最近惰性で買い続けていた本作へのモチベーションを取り戻させてくれる良い展開巻でした。

2015/03/02 13:33

投稿元:ブクログ

熱い……熱い!!この巻の冒険が!!
英雄願望の少年ベルが魅せる英雄への大きな一歩、そしてリューさんの怒涛の活躍!!ヴェルフの葛藤と決意!!
全てが熱い!!胸が滾る熱いモノがグツグツと溢れまるで幼い頃に見たお伽話を見ているかのような高揚感と感動を思いだしました。
階層主、迷宮の孤王ゴライアスと戦うベル君達冒険者、今少年がさらなる高みへと飛翔する!!

2016/07/21 23:43

投稿元:ブクログ

メンバーが3人に増え、いよいよパーティーらしくなってきたベル達一行のダンジョン探索が語られる第5弾。

この巻から急激に面白さが加速してきましたね。モンスタートレインに巻き込まれてからの緊迫感あふれる展開がたまりません。3巻のラストがギリギリのソロバトルだったのに対して、5巻の序盤はギリギリのパーティープレイとなっています。

さらにパーティーバトルに留まらず、クライマックスでは巨大ボスに挑む大規模レイド戦まで描かれることになり、盛り上がり方が尋常じゃありません。

2016/11/21 00:37

投稿元:ブクログ

テレビ版と内容同じかどうか確かめるため、最後の方だけちょっと読んだ。
テレビと小説は基本同じ内容みたいで一安心。
50ページぐらいしか読んでないけど、特別読みづらい文章とかではないから6巻以降も読もう。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む