サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略(ハヤカワ文庫 NF)
ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略(ハヤカワ文庫 NF) ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略(ハヤカワ文庫 NF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NF
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-050408-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ文庫 NF)

著者 クリス・アンダーソン (著),篠森 ゆりこ (訳)

ニッチ商品の集積が、メガヒットの収益を凌駕する! ロングテール理論の提唱者が、そのアイデア発見の経緯と意味を探求し、ビジネスと文化の未来を示す。「フリー」「メイカーズ」の...

もっと見る

ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ文庫 NF)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニッチ商品の集積が、メガヒットの収益を凌駕する! ロングテール理論の提唱者が、そのアイデア発見の経緯と意味を探求し、ビジネスと文化の未来を示す。「フリー」「メイカーズ」の原点となった名著。【「TRC MARC」の商品解説】

『フリー』、『MAKERS』の原点。新時代マーケティングのベストセラー。解説/小林弘人 【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

売り方も変化していく

2015/03/26 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

一部が大量に売れるヒットと数多くのニッチがごくわずかな数売れることで潜在的な市場は同じくらいあるのではないかという考え。ヒット商品だけにしぼる今までの売り方にくらべ、ネット上に無限に商品を並べられるようになった現在では売り方も変化していく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/06 23:05

投稿元:ブクログ

ロングテールという概念を本書で初めて知りましたが、80:20の法則がもはや通じない世界が続々と出てきているというのは興味深かったです。ニッチの追及がメジャーをも凌駕するというお話。IT業界やエンタメイント界の話題が多かったですが、色々な業界にも通ずる話だなぁと、非常に勉強になりました。

2017/01/18 08:56

投稿元:ブクログ

課題図書。在庫コストがゼロになる(例えばCDの電子市場化)時代の、主にウォンツ市場(音楽などのエンターテイメント)の未来予測。
曰く今の時代ウォンツ市場の嗜好は多様性が顕在化・深化していく傾向がある。そこではどんな商品でもどこかで需要があり、購入される。主にはICT技術の向上によって検索と推薦が容易になったから。ヒット商品を頭にして、小さくニッチに売れていく商品はどこまでも続いていく。この長くたくさんの商品群をテールと呼ぼう。今はヘッドが下がる時代。テールを伸ばせる市場は魅力的。ということをアメリカの事例を交えて書いている。
条件は限定されているとはいえインプリケーションに富む内容。ここからの発想を大事にしたい。
テールは売れている商品群で形成されている。その裏にある「売れていない」商品に言及されていないことは覚えておこう。なんでも売れると主張している以上本当にないのかもしれないが、例えば賞味期限がキレた商品群がテールを形成するとは思えない。
あと人材のテールはよくわからなかったからあとでしらべる。

2014/11/12 16:52

投稿元:ブクログ

2006年刊行、それから8年も経っているのですが、今書かれたかのような新鮮さを感じます。同時に、8年経っても、時代の表面はほとんど変化がなく、この著者の考え方もようやく浸透し始めたかなと感じることが恐ろしく思えます。のんびりしている自分の見えないところで、着実に世界が変わろうとしていること。本書を読むとそれが分かります。
1位でなければならない。ひと昔前は確実にそうでした。せめて10位以内にいなければ、世間に知ってもらうことすらできない。しかし、今はインターネットのおかげで、全てを(10位以下でも)知ることができるし、知るためのツール(Googleなど)も進化してきています。1位が勝ちのセオリーは変わりませんが、10位以下が束になって1位を脅かす。1位が稼げる分が減ってきていて、10位以下が稼げる分が(僅かな取り分ですが)増えてきている。日本一、世界一である必要が無い。闘い方と勝ちの意味が変わってきていることを感じます。

2014/07/26 02:54

投稿元:ブクログ

以前から気になってたのですが、文庫本で出たので読んでみました。
音楽につては、間違いなくテール部分の嗜好が細分化されているような気がします。iTunesのカテゴリ/ジャンルも細か過ぎてジャンルを言われてもどんな音楽家が分からなくなりつつあります。これは私だけかな?
本や他の商品もそうですが、この本を読むとテール部分のものが手に入る時代というのは、実はとても幸せなのかもしれません。

2014/08/09 15:00

投稿元:ブクログ

ネットビジネスに関する経済理論の古典。
ウェブの世界を論じながら、刊行から8年を経た今読んでも全く古びていない。

2015/10/11 15:12

投稿元:ブクログ

非常に良くできた本。ロングテールを軸にさまざまな分野を捉え、私たち消費者がいかに付き合っていけばよいか考えることができた。

ハヤカワ文庫 NF ランキング

ハヤカワ文庫 NFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む