サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

舞踏会のさめない夢に(ライムブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/09
  • 出版社: 原書房
  • レーベル: ライムブックス
  • サイズ:15cm/438p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04458-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

舞踏会のさめない夢に (ライムブックス)

著者 オリヴィア・ドレイク (著),宮前 やよい (訳)

人里離れた女学校で孤児として育ち、教師となったアナベルは、意地悪な校長と先生たちに囲まれた不遇な日々を送っていた。ある日、王室の貴婦人が突然学校を訪れ、見たこともないほど...

もっと見る

舞踏会のさめない夢に (ライムブックス)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人里離れた女学校で孤児として育ち、教師となったアナベルは、意地悪な校長と先生たちに囲まれた不遇な日々を送っていた。ある日、王室の貴婦人が突然学校を訪れ、見たこともないほど美しい赤い靴をふとアナベルに差し出す。靴はアナベルの足にぴったりだった。それを見た貴婦人は、なんとアナベルを幼い公爵の家庭教師に指名。思いがけずアナベルは公爵家で働くことになった。豪奢な城には、公爵に無関心な後見人サイモンも暮らしていた。アナベルのひたむきな愛情と明るさに、臆病だった公爵は無邪気な子供らしさを取り戻していく。そして、冷たく閉ざしていたサイモンの心には、忘れていたぬくもりと情熱がめばえ始めていた。ところが、アナベルと公爵が何者かに命を狙われて…。RITA賞受賞作家が贈る“シンデレラの赤い靴”シリーズ開幕!【「BOOK」データベースの商品解説】

アナベルが家庭教師となった先は公爵家の城。明るく献身的な彼女に、幼い公爵と後見人サイモンの心は開かれていく。ところが、アナベルと公爵が何者かに命を狙われて…。「シンデレラの赤い靴」シリーズ第1作。【「TRC MARC」の商品解説】

イングランド郊外の女学校で教師をするアナベルは、意地悪なほかの先生たちに囲まれた不遇な生活を送っていた。そんなある日、王室の貴婦人に差し出された赤いサテンの靴が足にぴったり入ったアナベルは、その貴婦人の指名で幼い公爵の家庭教師として城に迎えられることに! 豪奢な城では、公爵の後見人である叔父のサイモンも暮らしていた。哀しい過去を抱え、公爵の教育にも無関心なサイモンは、明るくひたむきなアナベルに情熱を呼び覚まされ……。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/03 14:20

投稿元:ブクログ

<シンデレラの赤い靴>シリーズの一作目
前半、彼女が運命を切り開くために知恵を巡らせ、気丈に振舞いながら、持ち前の優しさで幼い公爵の心を開かせ、家庭教師の地位を手に入れるまでは面白かったのだが、
後半のロマンスや、ケルト遺跡を巡るプチミステリーや、彼女の出生の秘密などは、ラスト数ページでぎゅっと詰め込んでしまって物足りない。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4077.html