サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私という名の変奏曲(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790075-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

私という名の変奏曲 (文春文庫)

著者 連城 三紀彦 (著)

美容整形手術により完璧な美貌を手に入れ、世界的ファッションモデルとして活躍中の美織レイ子が死んだ。レイ子を殺す動機を持っている7人の男女は、全員が「美織レイ子を殺したのは...

もっと見る

私という名の変奏曲 (文春文庫)

756(税込)

私という名の変奏曲

750 (税込)

私という名の変奏曲

ポイント :6pt / 紙の本より6おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美容整形手術により完璧な美貌を手に入れ、世界的ファッションモデルとして活躍中の美織レイ子が死んだ。レイ子を殺す動機を持っている7人の男女は、全員が「美織レイ子を殺したのは自分だ」と信じていた!?ミステリー史上出色のヒロインをめぐる愛憎劇を超絶技巧で描き切った、連城ミステリーの最高峰!【「BOOK」データベースの商品解説】

美容整形で完璧な美貌を手に入れたモデル、美織レイ子が死んだ。レイ子を殺す動機を持つ7人の男女は、全員が「美織レイ子を殺したのは自分だ」と信じていて…。ミステリー史上出色のヒロインをめぐる愛憎劇を超絶技巧で描く。【「TRC MARC」の商品解説】

十八歳の時に交通事故で顔に大怪我を負い、美容整形手術を受けて完璧な美貌を手に入れて世界的ファッションモデルにまでのし上がった美織レイ子が死んだ。整形後の人生の中でレイ子は七人の男女を憎んできたが、その七人もまた彼女を殺す動機を持っており、しかも全員が、「美織レイ子を殺したのは自分だ」と信じていた!? ミステリー史上でも出色のヒロインをめぐる目くるめく愛憎劇を描き切ったその超絶技巧は、帯にいただいた綾辻行人さんの言葉どおり、「まさに連城流、並ぶものなし」です。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

最高のミステリ

2015/11/19 20:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

トップモデルの死。関わりのあった7人の男が全員、自分が犯人だと思い込む。あり得ない話だが、読み進むうち、これならアリだなと納得させられた。むろん、多少の無理はあって、例えば男たちのキャラクターにその無理が表れてはいるのだが、着想の面白さが帳消しにしてくれる。ミステリは、ある程度、そんなことが許される小説なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いまいち…

2015/11/21 03:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤枝 雅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前、筆者の作品を読んでいて、とても面白いと思ったから買ってみたのだが…
他の書籍のレビューでも書いたが、読後感を重視している論者にとって、これはいまいちな作品としか言えない。
主人公が陥った最初の状況というのは同情に値するが、それ以後の行動は理解できない。
非常に後味の悪い作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/13 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/20 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/24 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/10 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/20 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/04 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/16 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る