サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. メルカトルかく語りき

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

メルカトルかく語りき(講談社文庫)
メルカトルかく語りき(講談社文庫) メルカトルかく語りき(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/342p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277793-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

メルカトルかく語りき (講談社文庫)

著者 麻耶 雄嵩 (著)

傲岸不遜で超人的推理力の探偵・メルカトル鮎。教師殺人の容疑者はメフィスト学園の一年生、二十人。全員にアリバイあり、でも犯人はいる―のか?相棒の作家、美袋三条は常識破りの解...

もっと見る

メルカトルかく語りき (講談社文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

メルカトルかく語りき

691(税込)

メルカトルかく語りき

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

傲岸不遜で超人的推理力の探偵・メルカトル鮎。教師殺人の容疑者はメフィスト学園の一年生、二十人。全員にアリバイあり、でも犯人はいる―のか?相棒の作家、美袋三条は常識破りの解決を立て続けに提示する探偵に“怒り”すら抱く。ミステリのトリックを嘲笑い自分は完璧とのたまう“銘”探偵の推理が際立つ五篇!【「BOOK」データベースの商品解説】

ある高校の密室状態の理科室で物理教師が惨殺された。容疑者とされた生徒は20人。ミステリのトリックを嘲笑い自分は完璧とのたまう銘探偵メルカトルが導き出した犯人とは? 「答えのない絵本」ほか、全5編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

祝! 日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞後第一作
悪徳銘探偵(メルカトル)と五つの難事件、怜悧な論理で暴く意外すぎる真実の数々!

ある高校で殺人事件が発生。被害者は物理教師、硬質ガラスで頭部を5度強打され、死因は脳挫傷だった。現場は鍵がかかったままの密室状態の理科室で、【商品解説】

収録作品一覧

死人を起こす 7−86
九州旅行 87−135
収束 137−214

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

読者への挑戦の、極まった一冊

2015/09/27 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

論理を研ぎ澄ませ、推理が緻密になればなるほど、説得力を増す――のが普通のミステリですが、本作はそれには当てはまりません。
メルカトルの推理がシャープさを増すごとに、導かれる真相は不条理に、曖昧模糊となっていきます。
と言っても、決して書きっぱなしの無責任な作品ではなく、伏せられた真実が読者の深読みや推理を誘っているだろうことは、麻耶作品の愛読者なら想定範囲内。ミステリ読みを挑発する、油断ならない名作集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

論理的だけど

2016/11/22 23:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おさる - この投稿者のレビュー一覧を見る

論理的だけど、なんかすっきりしないという話です。

高慢なメルカトルの語り口も巧妙で、
また毒舌な切り口は話題を強引にでも完了させていきます。

ミステリの不条理を提示されていくので、
作者がいうように「慣れ」が必要です。

本格ミステリが大好きな人は、結末に敬遠するかもしれませんが、
楽しんで欲しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/29 21:22

投稿元:ブクログ

理に適ってさえいれば、後は野となれ山となれ、そんなトンデモ探偵が活躍(?)する短編集。真っ当な探偵小説を読みたければ他を探せばいい。ただしメルカトル鮎はここにしか居ない。

2015/08/31 12:56

投稿元:ブクログ

2015年8月31日読了。「このミステリーがすごい!」2012年版の第7位の作品。「銘」探偵メルカトル鮎が強固な論理検証を武器に挑む事件の数々、その真相は・・・。バカミスというかメタミスというか、ミステリ初心者が読んだら怒り出すか本を投げ出すかしそうなトリックの数々だが、読んでいくうちに逆に「探偵とは何か?」「推理とは何か?」といったミステリの根本を問われているような気になってきて面白い。「犯人を特定する必要がないのであれば、それは事件ではない」「論理と現実に整合性がとれない場合に、論理を正とする」など・・・。変人だけに強固なメルカトル鮎のロジック、あなどれない。この探偵が活躍するシリーズはじめ著者の本は複数あるようだが、どれも頭が混乱しそうだ。

2014/06/26 23:51

投稿元:ブクログ

これは…完全に人を選びますね。
私は『メルカトルと美袋のための殺人』は読んだんですが、それより今回の方がさらに選びそう。
文は上手いし、中盤までの盛り上がり方はすごく好きなんですが、最後が…全部が全部もやって感じなのではっきりしたのが好きって人は途中で投げそう。
『九州旅行』が一番好きかな。
メルと美袋の掛け合いも面白かったし、最後は「えっ?!」となる感じが良かった。
あのあとどうなったのかが気になってしょうがない。

2014/08/29 22:26

投稿元:ブクログ

ああ…わかっているのに。わかっているのに読むのだ。読んでしまうのだ。
…このミステリというものにロジックというものに馬鹿にされてるような騙されてるようなごまかされてるようなでも論理的には正しいけどさ、という読後感が癖になってしまったら、あなたもメルカトル中毒( ತಎತ)
推理はほんとちゃんとしてるんだけどなあ!
帯の文句も素晴らしかったです…メルカトルを読むにはドMでwwww

2014/06/14 17:25

投稿元:ブクログ

新しいものをミステリに求めすぎると、行き着くところはこういう着地点になってしまうのだろうか…(震)。

収録作品、全てが挑発的です。酷いもんです←
帯の【ドMなミステリファン、快感絶頂!】も、なかなか酷い(笑)。
これは、古き良き推理小説をこよなく愛する方は、下手したらお怒りになるんじゃないでしょうか( ^ω^ )
新本格以降・メフィストスキーの私にとっては、「そんなんありか〜?!」とニヤニヤしながら楽しめる奇作でございました( ^ω^ )

感想を書こうと思ったら、どうしたって事件の内容云々よりメルカトルの解決策に触れずにはいられなくなりそうなので、今回はこの辺で( ^ω^ )


◎死人を起こす…謎の転落死を遂げた友人を悼み再訪した屋敷で、今度は仲間の1人が何者かに撲殺された!殺害直後に現場に颯爽と現れた銘探偵・メルカトル鮎が指摘した、あり得ない犯人とは?!

◎九州旅行…被害者の手に握られたペンは、ダイイングメッセージを残した痕跡があるにも関わらず、フタが閉められていた。

◎収束…新興宗教の教祖が殺害された。メルカトルと美袋、そして信者達以外の人の出入りが不可能な孤島での犯行だったが、メルカトルが提案した犯人の指摘方法は、あまりに無慈悲なものだった!

◎答えのない絵本…メフィスト学園で、オタク教師が殺害された。容疑者は、犯行現場である理科準備室のある4階にいた生徒達。犯行時刻の彼等の足取りを追ったメルカトルが口にした、とんでもない真相とは?

◎密室荘…地下室に転がる、一体の絞殺体。容疑者は、メルカトルと私。そして銘探偵は、驚愕の解決策を提案する!

2014/07/06 18:42

投稿元:ブクログ

シリーズものというのを全く知らずに読んだので、人物関係が全く分からなかったのは兎も角、ミステリーとしては見事に全て裏切られる短編集で、作者が自ら述べているように、段々とこういう物語なのだということを読者に誘導して最後に至るという感があり、これは読む人を選ぶだろう。

2015/04/09 17:15

投稿元:ブクログ

銘探偵メルカトル鮎シリーズ。自分は今回はじめて読みました。

で・・・なんだこれ?まったく解決せずに終わる。連作短編みたいなことで最後に全部が繋がった事件があって真相が・・・とか思って読み進めましたが最後までこんな感じで。「結末は読者の想像に任せる」とか「読者に推理してもらう」とかじゃなしに。なんだこれ?
と思ったら、どうも初めからこういう目的で書かれた一冊らしいですね。アンチフーダニット、というか。
うーん・・・じゃあ文句を言うのも筋違いか。。。うーん。。。興味深い試みの一冊ではあると思いますが、自分にはちょっとあわないかな?

あと、シリーズ探偵のキャラクターってホント難しいですね。エキセントリックなのも行き過ぎると単に嫌味な人物像でしかなくなっちゃうし。そのさじ加減が。メルカトル鮎はあんまり好感がもてず今後読みたいなとも思えずに終わってしまいました・・

2014/06/13 07:47

投稿元:ブクログ

表紙がもうちょっと…集英社版くらい開き直るか、イラストじゃない方がよかったかなと…。これが絶版になったら集英社からまた出るだろうか。

あと凄まじい帯ですね。

2014/10/27 12:56

投稿元:ブクログ

銘探偵 メルカトル鮎が、その超人的な頭脳により繰り出すロジックで徹底的に犯人を追い込み袋小路にするも、最後まで読者には犯人の姿は視認できない。
真相はメルのみぞ知る。もしくは知る必要すらない。
そんな短編×5。

2014/08/18 14:22

投稿元:ブクログ

タイトルの語感の良さが気に入り購入。

それにしても、なんとも掴み所がないミステリでした。
「死人を起こす」「九州旅行」「収束」の前半三編は、スッキリ解決とまではいかないものの、まあ納得できるロジックで、続きはどうだったんだろうと想像させる余韻もある。
ただ「答えのない絵本」「密室荘」の後半二編は、そんなのずるい!と思ってしまった…新感覚ミステリと言われればそうなんだろうけど、もうちょっとオチがしっかりあるもののほうが好きかな。
でも途中の推理は論理的でリズム感もあってよかった。

2014/11/18 21:24

投稿元:ブクログ

麻耶雄嵩らしい短編集。全くすっきりしない。
「答えのない絵本」は、手がかりは揃っているにしても推理して真相にたどり着ける人はいないだろう。で降参して解決を読んだらブチギレると。タイトルからして怪しまないと駄目ですね。
「収束」も構成が巧妙で面白かったし、その他の短編も仕掛けがうまくどれも面白く読めた。
ただ人におすすめは絶対できない笑

2014/06/15 15:31

投稿元:ブクログ

続き物だったのですね。
ツイッターでこの一冊の画像を見かけて気になって読んでみたものの、この人はこれでいいのだろうか!!

2014/08/13 22:48

投稿元:ブクログ

新本格ブーム時にはメルカトルシリーズも読んでおりましたが、一時のブランクの後、ここ数年比較的コンスタントに刊行物のある麻耶作品。まさか今になってメルカトルシリーズもちょいちょいお目にかかるとは。
とはいえ昔からちょっとメタ的要素を含む事が多い傾向だったので、そこまでどっぷり嵌った訳ではないのだけど、文庫挿画が鈴木さんの罠にまたしても嵌りましたよね…(懲りない)。

短編5篇。
全ての作品において「真実はこうだ!」とは言われないという共通項の短編集…ってことでいいのだろうか…。ミステリ好きなわりに推理してみようとかロジックに挑んでみようとかあまり考えずに読み進んでしまうので、わかる人には全然別の流れとか切り口があるのかもしれないんですが、そうだったらごめんなさい…。

なのであまり内容に言及はできないんですが(苦)、王道ミステリとは言い難いけれど、他の完全なメタミステリというようなものとは何か違う、限りなくメタなんだけどどこか芯に王道めいた雰囲気があるのが麻耶作品らしい気がする。あくまで感覚的なものですが。
整然とロジカルに組み上げられ、さもそれが真実かのように語られながら、最後にはいつも「まあ全部こじつけだけどね」と突き放される。ある意味そこが、普通のミステリ作品を読みながらどこかで「答えはこれしか無い」と言われても「本当にそうなの?」ともやつく気持ちを明るみにされたような感じで皮肉な面白さがある。そんなこと微塵も感じさせない作品は山ほどあるんですが、やっぱりちょっともやつく事もあるじゃないですか。

でもまあ個人的には素直に楽しみたい派なので、麻耶作品の個人的ベストは『鴉』が不動かなあ。
あ、でもメルと美袋の掛け合いは久しぶりに楽しみました。