サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 流星生まれのスピカ 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

流星生まれのスピカ 1(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2014/04/25
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/310p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630779-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

流星生まれのスピカ 1 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 兎月 竜之介 (著)

流星革命―流れ星の欠片から無限のエネルギー・流星粒子を生み出す「流星エンジン」の発明は、人間に貧富の差をもたらし、星を持つ者が持たざる者を支配する世界へと一変させた。文明...

もっと見る

流星生まれのスピカ 1 (集英社スーパーダッシュ文庫)

659(税込)

流星生まれのスピカ 1

594 (税込)

流星生まれのスピカ 1

ポイント :5pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「流星生まれのスピカ 1」が含まれるセット商品

商品説明

流星革命―流れ星の欠片から無限のエネルギー・流星粒子を生み出す「流星エンジン」の発明は、人間に貧富の差をもたらし、星を持つ者が持たざる者を支配する世界へと一変させた。文明都市セントラルに住む勤労少年・シンは、ある日流れ星から生まれた不思議な少女・スピカと出会う。子供のように純真無垢なスピカは、星のエネルギーを自在に操ることが出来た。惹かれあう少年と少女は、やがて幾星霜を越えて紡がれる運命の戦いに巻き込まれていく…。無力な少年と流星生まれの少女が織りなす、星屑と蒸気の冒険譚、開幕!!【「BOOK」データベースの商品解説】

流れ星のエネルギーを動力に活用する「流星革命」が起きた世界。文明都市セントラルに住む勤労少年シンは、ある日流れ星から生まれた不思議な少女スピカと出会う。惹かれあう二人は、やがて運命の戦いに巻き込まれていき…。【「TRC MARC」の商品解説】

流れ星からエネルギーを得る「流星革命」が起きた世界。セントラルに住む少年・シンは、流れ星から生まれた不思議な少女・スピカと出会う。それは運命を変える出会い──。星屑と蒸気の冒険譚開幕!


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

2014/05/28 20:18

投稿元:ブクログ

空から落ち来てた流れ星をエネルギーに変える
流星エンジンをもとに発展した文明都市セントラル
階層型のその都市で、下層で貧しい生活を送りながら通学する主人公、シンはある日
バイトの帰りで流れ星を見る
まばゆく光りながら落ちる流れ星の墜落地に向かったシンはそこで
流れ星から生まれた女の子と出会う



***ネタバレ含む***


設定が面白そうなだぁと思い購入
流れ星をエネルギーに変換する流星エンジンや、
貧富の差がある階層都市、勤労学生や反権力組織など
設定は好きなものだったんだけどいかんせん
文章と登場人物が好きになれなかった……

ヒロインが登場した瞬間から萎えてしまう
ことあるごとに「ふみゅ」と呟くので…
そういうの嫌いならラノベを読まなければいいんだけどw
面白そうだったんだよ…
生まれたてで一般知識が殆どないという設定ならそれを貫けばいいのに
なんか中途半端な印象を受けてモヤモヤした
例えば、服の着方すらわからないのに、何故か追って来た私兵が持ってるものが「武器」だとわかったり

そういう細々としたところで矛盾というか
えぇ?というところがあって疲れた
テロリストの拠点バレバレすぎでは?
カンパニーの私兵はめったに最下層に取り締まりとかには来ないのかな
スピカをエネルギー源として探知できるというやつも、
対応早すぎというか
最下層にいるのくらいはバレてただろうけど
そこから地下の秘密?のトンネルまで網を張れたのが謎でしかない
前々からテロリストの移動経路は把握してたけど見逃していたということ?
ローラが内偵かと訝しんだけどそんなことはなかった

ラストの戦闘シーンも勢いに任せただけどいうか
「覚悟ぉおおお!!」
「お前もなぁああ!!」
みたいな叫び合いで終わったような印象しか残らなかったw

王道ストーリーだったので
展開はガッツリ最後まで読めてしまったけど
別にそれ自体は悪いわけではなくむしろ好きな部類に入るけど
でもこの話はその王道をあまり楽しめなかったw
「お前がテスラの子孫だったんだよぉお!」
「えぇえーー!!」
んな無茶なぁwなんの前振りもなかったよぉww
巨大流れ星が周囲の流れ星を吸収して落ちて来ているぅう!!!俺はスピカとあんなことやこんなことをしたいぃいい!!!!ドーーーン

他にも色々とあるけど

まあ、冒頭で書いたように設定は好き
新しい発想でもって考えたアイテムとか
エネルギーとか
そういうのは想像するだけでも楽しいよね

ちょっと無理矢理な作品だったな

2014/08/28 00:01

投稿元:ブクログ

タイトルに惹かれて読み始めては見たものの、拒絶反応。途中で読むのやめた。

「ふみゅ」とか、媚びてるように気持ち悪い声。
「くらえ、エドガぁーっ」「ば、馬鹿な…ただの小僧に、この俺がっ…」
笑いが出て、ここで読むのをやめた。
本当にこんなセリフに出会う日が来るとは…

主人公にも魅力を感じない。

何か稚拙。2が出てるのが不思議。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む