サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孤独な週末(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/02
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:15cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-893826-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

孤独な週末 (徳間文庫)

著者 赤川 次郎 (著)

結婚早々、夫の前妻の息子・正実(11歳)と二人きりで三日間過ごすことになってしまった新妻の紀子(24歳)。夫を送り出し外から戻ると家のドアに鍵が。どうにか家に入り、正実に...

もっと見る

孤独な週末 (徳間文庫)

659(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結婚早々、夫の前妻の息子・正実(11歳)と二人きりで三日間過ごすことになってしまった新妻の紀子(24歳)。夫を送り出し外から戻ると家のドアに鍵が。どうにか家に入り、正実に声をかけても返答がない。やがて“いたずら”はエスカレート。室内にガスの臭いが立ちこめてきた―。夫に連絡しなきゃ!でも電話が通じない!正実はなぜそんなことを?まとわりつく殺気。ミステリー傑作集。【「BOOK」データベースの商品解説】

新婚早々、夫の前妻の息子・正実(11歳)とふたりきりで3日間過ごすことになった新妻の紀子(24歳)。家のドアに鍵をかけられたのをはじめ、正実のいたずらはエスカレートして…。表題作ほか全4編を収めたミステリー集。【「TRC MARC」の商品解説】

結婚早々、夫の前妻の息子・正実(11歳)と二人きりで三日間過ごすことになってしまった新妻の紀子(24歳)。夫を送り出し外から戻ると家のドアに鍵が。どうにか家に入り、正実に声をかけても返答がない。やがて“いたずら”はエスカレート。室内にガスの臭いが立ちこめてきた――。夫に連絡しなきゃ! でも電話が通じない! 彼に一体何が? まとわりつく殺気。ミステリー傑作集。【商品解説】

収録作品一覧

孤独な週末 5−110
少女 111−151
尾行ゲーム 153−212

著者紹介

赤川 次郎

略歴
1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2017/02/10 02:56

投稿元:ブクログ

図書館に返す前に読み切ろうと慌てて読んだからあまり集中できなかった。
最初の話し、どうなるのかと思ったらハッピーエンド。
拍子抜けしつつ、嬉しかった。
ーーー
結婚草々、夫の前妻の息子・正実(11歳)と二人きりで三日間過ごすことになってしまった新妻の紀子(24歳)。夫を送り出し外から戻ると家のドアに鍵が。どうにか家に入り、正実に声をかけても返答がない。やがて“いたずら”はエスカレート。室内にガスのにおいが立ちこめてきたーー。夫に連絡しなきゃ! でも電話が通じない! 正実はなぜそんなことを? まとわりつく殺気。ミステリー傑作集。

2017/02/11 02:42

投稿元:ブクログ

「孤独な週末」
三日間の間に行われたいたずら。
11歳にしては、考えることがすごすぎないか。
自分より年上に対して一歩先以上の立ち回りなんて、中々出来ることじゃないだろう…。

「少女」
騙されついていった先は。
彼女の言う通り彼は相手のことばかり考えすぎではないだろうか。
もう少し自分のことも気を使って行動したほうが、身のためではないのでは。

「尾行ゲーム」
偶然目にした人物を尾行して歩く。
あんな事に巻き込まれても辞めれないとは…。
スリルを楽しむのもいいが、もしバレた時はどうするのだろうか。

「凶悪犯」
スーパーに現れた凶悪犯。
いくら自分たちの職が無くなるか危ういからとはいえ、やっていい事悪い事はあるだろう。
この人たちこそ、凶悪犯ではないだろうか。

徳間文庫 ランキング

徳間文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む