サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 世界「比較貧困学」入門 日本はほんとうに恵まれているのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界「比較貧困学」入門 日本はほんとうに恵まれているのか(PHP新書)
世界「比較貧困学」入門 日本はほんとうに恵まれているのか(PHP新書) 世界「比較貧困学」入門 日本はほんとうに恵まれているのか(PHP新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/15
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP新書
  • サイズ:18cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-81620-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

世界「比較貧困学」入門 日本はほんとうに恵まれているのか (PHP新書)

著者 石井 光太 (著)

スラムに住む子どもたちが笑顔で生きる一方、充実した社会保障に守られながら希望をもてない人たちがいる。世界の最底辺を取材してきた著者が豊かさの真実を考える。『Voice』連...

もっと見る

世界「比較貧困学」入門 日本はほんとうに恵まれているのか (PHP新書)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スラムに住む子どもたちが笑顔で生きる一方、充実した社会保障に守られながら希望をもてない人たちがいる。世界の最底辺を取材してきた著者が豊かさの真実を考える。『Voice』連載に加筆修正して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

世界に12億人存在する絶対貧困層と、約1900万人にのぼる日本の相対貧困層。その実態と差異について、鋭く切り込む渾身の一冊。
【商品解説】

著者紹介

石井 光太

略歴
〈石井光太〉1977年東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。作家。著書に「絶対貧困」「遺体」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

日本の貧困化・・・。

2016/10/29 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の貧困による悲劇は、良くも悪くも人間どうしのつながりが切れ、制度に依存しているところから発生している。国全体が貧困から脱することができたはずなのに、皮肉にもそれがさらなる格差を生み、切り捨てられてしまった人間どうしのつながりが低所得者に苦痛を及ぼしているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

途上国ラブ(無意味な絶対貧困と相対貧困の比較)

2014/08/08 21:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、いきなり「日本は先進国のなかで、世界第三の貧困大国(3ページ)」と読者を驚かした上で、絶対貧困(発展途上国の貧困)と相対貧困(日本の貧困)を8つの視点(住居、路上生活、教育、労働、結婚、犯罪、食事、病と死)で比較し、日本の貧困を考えるという内容でした。途上国の貧困の実情が良くまとまっていて、勉強になりました。
 
 ただし、経済環境・生活環境・社会情勢等があまりにも異なる途上国との比較で、日本の貧困を論じる手法は、はなはだ疑問です。日本のセーフティネット等を考察するには、米国やヨーロッパ諸国をはじめとした先進諸国との比較の方が、遥かに意味があると思います。残念ながら、本書では先進諸国の貧困には全く触れられていません。
 また石井氏は、おわりにで「どっちが良い悪いというつもりは一切ない(264ページ)」としていますが、そんなことはありません。読めば分かりますが、途上国の貧困者の方が日本の貧困者よりずっと心豊かであり、希望もあると主張しています。確かに日本の貧困政策は問題が多いでしょう。しかし、貧困対策もなく無法状態ゆえにコミュニティを作って自主防衛せざるをえない途上国の貧困者との比較により、日本社会を批判するのは無理があります。
 さらに、散々日本社会は駄目だと石井氏は主張する一方、具体的な貧困対策は示していません。「発展途上国や敗戦直後の日本のように、ドヤ街やスラム街を作って、貧困者は支えあって生きていくべき」とでも言いたいのでしょうか。とにかく石井氏に対して、「ダメ出しばかりしているが、あなた自身は具体的にどうすれば良いと考えているの?」と聞いてみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/07 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/17 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/07 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/25 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/17 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/04 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む